Sponsored Links

「喘息で寝れない!治らない?アレルギーや動機の違い!」

 

喘息は子供のかかる病気と思いがちですが、日本では子供では5〜7%、大人でも3〜5%がかかっているとされ、近年では大人の喘息が増加傾向にあります。

 

喘息の症状として代表的なものはゼーゼー、ヒューヒューといった喘鳴、激しい咳などの発作が挙げられます。

 

ですが、これらは呼吸をするときの空気の通り道である気道がアレルギーなどの炎症により敏感に反応し、けいれんを起こして狭くなってしまうことで起こります。

 

また、風邪、感染症が治っても咳が長く続く場合には咳喘息といって喘息の一種で夜間や明け方に咳が止まらないものもあり、大人の女性の間で特に増加しています。

 

咳喘息の場合には放置をしていると本格的な喘息に移行してしまう可能性が高く、大人で約3〜4割が、子供では更に高い確率で喘鳴を伴う本格的な喘息に移行してしまいますので早期発見、治療が大切になります。

 

夜眠れない程咳が強く、長引く場合には咳喘息を疑います。

 

咳喘息の原因や症状について説明します。

 

また、似たような症状が起こることで動機やアレルギーもありますが、それらとの違いについてや、喘息がひどい時の症状を緩和させる対処法について説明していきます。

 

喘息で寝れない!治らない時の原因や症状

風邪や感染症が治ったのに咳だけが長引く、夜間や明け方に咳が辛く、止まらなくなるといった症状が見られる際には咳喘息を疑います。

 

まず最初に咳が出るメカニズムについて説明します。

 

人は息を吸い込むとその空気は気管を通り肺へ送られます。

 

肺が呼吸を正常に行う為には外からの異物を排除する必要があります。

 

ですが、その為に気管の内壁の神経が敏感に異物を感知することによって咳が出て異物を体外へ排出してくれるような仕組みになっています。

 

咳喘息の原因として考えられているものはアレルゲンとして有名なダニやハウスダスト、ペットの毛や花粉の他にも飲酒やたばこ、ストレス、運動、大気汚染や天気、気温の変化など季節の変化によっても悪化したりします。

 

また、風邪や感染症の後にも引き起こされることが多いです。

 

風邪の多くは咽頭と呼ばれる喉の奥の気管で炎症が起こります。

 

風邪を引くと喉が痛くなるのもこの為ですが、この咽頭の炎症が進行して気管支にまで炎症が及んでしまうと咳喘息を発症します。

 

炎症によって気管支の内壁や敏感になる為に、体外へ排出せずとも大丈夫な刺激のないものにまで反応してしまい激しい咳が出ます。

 

これが咳喘息で咳が止まらなくなるメカニズムです。

 

また、咳喘息の場合には、普通の喘息と違い、ヒューヒュー、ゼイゼイといった喘鳴や呼吸困難の症状や発熱、痰などはほとんど見られずに咳だけがしつこく出続けることが多いです。

 

特に夜間や明け方に咳が多くなる傾向にあります。

 

喘息と動悸、アレルギーの違いは?

喘息の場合には咳が辛く胸が苦しくなったり場合によっては動悸がします。喘息の場合にはアレルギーが原因で喘息を起こすこともあります。

 

少し関係性もありますが、これらには違いがありますのでそれぞれについて見ていきます。

 

・喘息

アレルギーなどの炎症により気道が敏感となって、けいれんを起こして狭くなることで、咳込んでしまったり、ヒューヒューやゼイゼイといった胸の痛み、喘鳴、息切れや動機、背中の張り、ひどいときには呼吸困難を引き起こします。

Sponsored Links

 

喘息を引き起こす原因にはダニやハウスダスト、花粉、ペット、食べ物と言ったアレルゲンも含まれますが、これだけではなく、アレルゲン以外の誘因として運動やたばこ、過労、ストレスや天候や気温の変化、大気汚染、風邪や感染症によっても起こることがあります。

 

上記で説明した咳喘息の場合には原因は先ほど挙げたものになりますが、症状としては喘息の前段階で喘鳴や呼吸困難、痰や発熱は伴わずにほとんどが辛い咳の症状を訴えます。

 

咳喘息が悪化すると本格的な喘息に移行します。

 

 

・動悸

動悸は普段では自覚することのない心臓の拍動、乱れを自覚することをいいますが、喘息やアレルギーの発作がひどい場合には稀に動悸を訴える人もいます。

 

動悸は健常者であっても運動や精神的ストレスによって頻脈となったといや血液が上昇して新機能が亢進した際に自覚することもあります。

 

動悸の症状としては、胸が一瞬ドキンとしたり、ドキドキする、心臓が早く打つ、ゆっくりだけれども一拍ずつが強い、心臓が一瞬止まるようだといった症状があります。

 

動悸の原因については先ほども説明しましたように、健常者でも起こることがある為、心臓に関係ないものと命に関わる、心臓に関係あるものに分けられます。

 

心臓に関係ないものとしては激しい運動、労作、精神的興奮、不安神経症や発熱、貧血、甲状腺機能亢進症、肺疾患、低血糖などが挙げられ、命に関わるものとして不整脈や高血圧症、心不全、心臓弁膜症などが挙げられます。

 

 

・アレルギー

人には、体を病気から守る機能として免疫反応が備わっています。体の外から入ってこようとする病原体などの異物を認識して抗体を作って再び異物が入って来た際には排除しようとする働きです。

 

アレルギーは多くの人にとって無害な物質にも免疫が異常に反応してしまい、体の中に入ってくる異物に対して反応する抗体が過剰に働くことによって起こります。

 

症状としてはい涙が出たり、目の痒みや鼻水、くしゃみ、皮膚の痒み、じんましん等が起こります。

 

喘息もアレルギーの一種に分類されますが、喘息の場合には、アレルギーの原因であるアレルゲンではなくとも発症したり、悪化することも多いのに対してアレルギーはアレルゲンに反応します。

 

また、喘息の場合には喘鳴や息苦しいといった症状が出るのに対して、アレルギーは主に体の部分に痒みを訴え、鼻水やくしゃみ、発疹が出ます。

 

喘息がひどい時の対処法とは?

喘息は就寝時にひどくなることがあります。

 

咳が出て夜眠れない程辛いときの対処法について紹介します。

 

寒いと気管支に入ってくる空気も冷たいので収縮し、咳を誘発してしまいます。

 

寝る前に温かい生姜湯や牛乳、日本茶等を飲むと症状が軽減出来る場合があります。

 

乾燥も咳の原因になる為、室内を乾燥させないように加湿器をつけたり、マスクをつけて寝るのも喉の保湿になり咳が出にくくなります。

 

咳を止める方法として、ツボを押すという方法もあります。

 

腕の内側にある孔最や鎖骨の間にある天突が有効です。

 

それでもやはり咳がひどく、治まらない場合には病院で薬を処方してもらう必要があります。

 

病院では気管支を拡張させて、空気の通りを広げることにより症状を緩和させる気管支拡張薬や気管支拡張薬でも効果が得られない場合、そして、吸入ステロイド薬、吸入ステロイド薬でもアレルギー症状が出てしまう場合や症状が急激に悪化した場合には経口ステロイド薬が処方されます。

 

喘息で楽になる方法!痰の出し方は?薬が効かない?

 

Sponsored Links