「溶連菌感染症で子供の保育園やプールはいつから?」

 

子どもが「のどが痛いよ」という時というのは、どうしたらいいでしょう。

 

Sponsored Links

通常は、ウィルスや細菌に感染して、のどに炎症が起きていると思っていいと思います。

 

この場合、気をつけておかないといけないのは、細菌による合併症で、この細菌を溶連菌と言います。

 

溶連菌による感染症は子供がかかることが多く、様々な症状を引き起こしますので、子どもが「のどが痛いよ」と言ったら、溶連菌感染症の可能性が高く、注意深く見守ってあげましょう。

 

溶連菌感染症の症状や原因とは

では、溶連菌感染症の症状や原因とはどういうものがあるのでしょうか。まずは症状ですが、

・38度以上の発熱

・のどの痛み

・体や手足に小さくて紅い発疹

・イチゴ舌(舌にイチゴのようなぶつぶつが出来る)

・頭痛

・腹痛

・首すじのリンパ節の腫れ

 

また、この病気の特徴は、風邪のように咳や鼻水はほとんどないということです。

 

ですから、風邪特有の症状ではないのに、高熱やのどの痛み等をお子さんが訴えた場合には、溶連菌感染症であることを疑ったほうが良いでしょう。

 

次にどうして溶連菌感染症になるのかということです。

 

溶連菌感染症はA群β溶血性連鎖球菌という菌に感染することで発症します。

 

では、どのような経路で発症するのかというと考えられるのは2つ。

 

一つは、溶連菌に感染した人の咳やくしゃみなどで飛んだ唾液による飛沫感染です。

 

もう一つは、手についた菌が口から体内に入る経口感染があります。

 

あとは、溶連菌に汚染された食品が原因のであるケースも有ります。

 

特に汚損された食品が家庭内にあると、家族全員が溶連菌感染症に感染する可能性が高くなるので、華族の誰かが溶連菌感染症を発症した場合には、家族全員で検索をすることが必要です。

 

また、溶連菌感染症は、子供がかかる感染症と軽く見がちですが、大人にも感染しますし、溶連菌感染症が引き起こす病気はかなり怖いものが多いです。

 

ですので、十分気をつける必要があります。

 

どういう病気を引き起こすかというと、

・咽頭炎

・扁桃炎

・猩紅熱

・中耳炎

・副鼻腔炎

・伝染性膿痂疹

・蜂窩織炎

・丹毒肺炎

・菌血症

・トキシックショック症候群

Sponsored Links

 

などです。

 

溶連菌感染症の治療法は、十分な水分補給と有効な抗生物質の服用です。

 

抗生物質を服用すると、症状が大幅に和らぎますが、油断大敵です。

 

通常お医者さんからは10〜12日分の抗生物質が出されますが、これはきちんと服用しないと溶連菌感染症が完治しないので、完治する日数分の薬が出されると思ってください。

 

症状が良くなったから、抗生物質を飲むのをやめたりすると、最悪の場合重大な合併症を溶連菌感染症が引き起こす可能性がありますので、薬だけはきちんと飲むようにしてください。

 

溶連菌感染症で子供は保育園や学校に登園・登校できる?

それでは溶連菌感染症になってしまった子どもは保育園や学校に登園・登校できる?という疑問がありますよね。

 

結論から言うと、お医者さんからOKをもらわないとダメです。

 

これは法律で決まっていて、溶連菌感染症は、学校保健安全法で「第三種の感染症として扱われる可能性がある感染症」に指定されているのです。

 

これはどういうことかというと、お医者さんが他に感染しないと認められるまでは、保育園や学校への出席は停止という取り決めになっています。

 

したがって、溶連菌感染症になってしまったら、お医者さんの指示に従いましょう。

 

通常は薬を服用すると、感染力が一気に落ちると言われているので、2日ほど静養していれば基本は大丈夫とお医者さんから診断されます。

 

ただし、きちんと直さないと、腎盂炎など併発しますので、しっかりお医者さんのアドバイスを守ることが重要です。

 

手足口病でプールはいつから入れる?移るか心配

ちなみに手足口病に子どもがなってしまった場合に、プールとか入れるのかどうかということですが、厚生労働省では数年前に出席停止の対象から外されています。

 

ここは溶連菌感染症とは違うところですね。

 

ただ、学校や保育園、幼稚園によっては個別で出席停止としている場合もあるので、それは問い合わせをして確認をしておくことが必要です。

 

実際に登校、登園の目安になっているのは、

・口内炎があるかどうか

・手足の水疱の状態

 

の2つのようです。

 

つまり、口内炎や水疱があると、そこから感染してしまう恐れがありますので、この2つが落ち着くまでは、子どもを静養させることが大事なようです。

 

したがって、プールに関しても、お医者さんの診断は、熱が平熱に戻り、口内炎、水疱がなくなればOKというものが圧倒的に多いですね。

 

ですから、子どもたちに手足口病の症状が全くなくなれば、プールには入れます。

 

ただ、それまで手足口病で体力が落ちていますから、病み上がりであるということは重々承知の上で、対応をしましょう。

 

Sponsored Links