Sponsored Links

「溶連菌感染症や手足口病、水疱瘡の違い!とびひや水虫も!」

 

溶連性感染症の特徴としては、体に湿疹が出るということをあげることができます。

 

湿疹が発症する疾病は、要連生感染症以外には手足口病、水疱瘡、とびひ、水虫などがありますが、これらの疾病と要連生感染症との関係性及び関連性について、チェックしていきますね。

 

溶連菌感染症と手足口病との違いとは

先ず簡単に溶連性感染症と手足口病の原因や症状を調べてみましょう。

 

溶連性感染症の原因は、A群β溶連菌という細菌による感染で感染経路は飛沫感染です。

 

症状は高熱、のどの激しい痛み、頭痛や嘔吐が伴います。また、全身に発疹がでたり、イチゴ舌といった舌がイチゴのようになってしまう症状になります。

 

通常は抗生物質を服用して7〜10日ほどで通常は症状は収まりますが、合併症を起こす可能性が実に高いので、長期で抗生物質を服用することになります。

 

溶連菌感染症で子供の保育園やプールはいつから?

 

一方で手足口病の原因はというと、コクサッキーウイルス16型、エンテロウイルス71型が引き起こす夏風邪の一種です。

 

感染経路は溶連性感染症と同じく飛沫感染。症状は口の中、手足、おしりなどに小さくて水疱の潰瘍ができて、口の中に出来る水疱はかなり激しい痛みが伴う時もあります。

 

治療法は特になく、1週間ほどで治るケースが殆んどです。

 

手足口病に感染!家族はどうする?小学校は?兄弟で風呂は?

 

この2つの病気の違いはと言うと、まずは溶連性感染症が細菌による感染であるの対し、手足口病はウィルスによる感染であるということです。

 

したがって、治療法も違うわけです。

 

溶連性感染症の場合は細菌による感染ですから、抗生物質を服用しますが、手足口病は特に治療法もないので、落ち着くまで安静にしているということになります。

 

また、症状もちがいますね。

 

溶連性感染症の場合は、発熱やのどの激しい痛みが伴いますが、手足口病については口内炎がひどくなることくらいが特徴的で、発熱や嘔吐などの症状はありません。

 

溶連菌感染症と水疱瘡との違いとは

では、溶連性感染症と水疱瘡の違いは何でしょうか。

 

どちらも湿疹が出ますが、どのように違うのかチェックをしてみましょう。

 

まずは、水疱瘡の原因と症状、治療法について調べてみましょう。

 

水疱瘡の原因は、「水痘帯状疱疹ウイルス」というウイルスによっておこります。

 

感染は、空気感染、飛沫感染、接触感染です。

 

症状は、まず赤い湿疹ができてから、その後発疹の中心部に水泡ができます。

 

水疱ができると数日間発熱がありますが、発熱をしないこともあるので、この点は注意が必要です。

 

この水泡は、徐々に濁ってきて最終的には瘡蓋(かさぶた)となりますが、その際には痒みも伴います。

 

水泡をかき潰すと痕が残りますし、かき潰しが化膿する場合もありますので、注意が必要です。

 

水疱瘡の治療法としては、痒みを抑えるためと水泡を早く乾かすための痒み止めの薬と塗り薬がを使います。

 

また、水疱瘡は自然と治る病気なので、水疱瘡が原因である発熱があった場合には、通常解熱剤で服用します。

 

ですが、重症化しそうな場合には、水疱瘡ウイルスの増殖を抑える為の抗ウイルス剤を服用することもあります。

 

このように水疱瘡をチェックしてみると、こちらも原因はウィルスが原因であるということがわかります。

Sponsored Links

 

また、感染方法も、溶連性感染症の場合は飛沫感染が多いですが、水疱瘡は飛沫感染の他に、空気感染、接触感染等があり、水疱瘡のほうが溶連性感染症と比べると感染力が強いということがわかります。

 

予防という点から、検証をしてみると、水疱瘡の場合は水疱瘡ワクチンを接種することで、もし水疱瘡にかかっても軽症ですみます。

 

水疱瘡の大人の初期症状とは?ピークはいつ?

 

一方で溶連性感染症の場合は、どうでしょうか。

 

溶連性感染症は飛沫感染だからマスクをしておけば大丈夫なのかというと、そういうわけでもないのです。

 

というのは、血液検査をして溶連菌の抗体を調べてみると、ほとんどの人が溶連菌の抗体をもっているのです。

 

これはどういう意味かというと、過去に溶連菌感染症になり免疫力があるということです。

 

通常、他の感染症は免疫があれば他人に感染させないのです。

 

ですが、溶連菌感染症の場合は例外中の例外で、健康だけれども保菌者であるという人がかなりいて、他人に対して感染力を持っています。

 

この場合に保菌者の可能性が高いのは、以下になります。

 

・のどが腫れやすい

・咽頭炎から発熱しやすい人

・恒常的に扁桃腺を起こす人

 

この場合、本人だけでなくその家族が実際のは感染元の可能性のケースがもあります。

 

溶連菌感染症ととびひや水虫との違いは

体に発疹やかゆみなどが出るという点からすると、溶連性感染症ととびひ、溶連性感染症と水虫はどのような関連性があるのでしょうか。

 

まず、溶連性感染症ととびひです。

 

とびひは、通常子どもがかかる皮膚病ですが、原因は2つあり、一つは黄色ブドウ球菌による細菌。

 

もう一つは、化膿レンサ球菌で、この化膿レンサ球菌と言うのは、A群β溶血性連鎖球菌とも呼ばれていて、このA群β溶血性連鎖球菌は別名溶連菌で溶連性感染症の原因となる細菌です。

 

つまりは、溶連性感染症になることによって、とびひになりますので、いわばとびひになる前段階が溶連性感染症であるということになります。

 

では、溶連性感染症と水虫についてはそれほど関連性はありません。

 

この場合の関連性というのは、溶連性感染症になったから水虫になったとか、水虫になったから溶連性感染症になってしまったというような因果関係がこの両者にはないということです。

 

ただ、共通点としては双方とも細菌による感染症ということくらいです。

 

以上、溶連性感染症と、手足口病、水疱瘡、とびひ、水虫との関係性について考えてきましたが、実際に最も溶連性感染症に近かったのが、とびひでした。

 

溶連性感染症が原因でとびひになるケースもあるので、保護者は注意が必要ですよね。

 

子供のとびひの処置?うつる?大人や赤ちゃんの症状は?

 

意外だったのは、水虫も溶連性感染症も感染症という点では、同じグループに入るという点です。

 

ただ、治療法としては水虫は患部に長期間塗り続けないといけないという点が、溶連性感染症の治療とは根本から異なります。

 

溶連性感染症の場合は抗生物質を服用しないと治りませんので。

 

それと、手足口病と水疱瘡は、症状的には感染症らしいのですが、実際にはウィルスによるものだということもわかり、だから、感染症のように抗生物質を服用しなくてもいいということが今回で明白になりました。

 

Sponsored Links