「溶連菌感染症で発疹!塗り薬や爪はどうする?」

 

溶連菌感染症で発疹が出た時の塗り薬や爪はどうすべきなの!?

 

Sponsored Links

溶連菌感染症で発疹がでる原因とは

溶連菌感染症は、様々な症状がありますが、そのひとつとして発疹をあげることができます。

 

通常溶連菌感染症の初期は、まずのどに違和感を感じます。

 

咽頭炎や扁桃腺炎の時のような違和感です。

 

その後高熱が出て、場合によっては頭痛、吐き気、筋肉痛、関節炎が起きるケースもあります。

 

ただ、この時点では溶連菌感染症と判断できないのですが、このあと顔や首、胸、手足、足首等に細かい発疹が広がります。

 

この時点で溶連菌感染症であると判断されます。

 

溶連菌感染症や手足口病、水疱瘡の違い!とびひや水虫も!

 

では、飛沫感染がメインとなる溶連菌感染症になるとどうしてこのような発疹が出たりするのでしょうか。

 

理由としてはもともと溶連菌という細菌は、肌に住みついている常在菌の一つで肌が健康なときには特に暴れたり、悪さはしません。

 

ところが、肌に傷がつくなどといったなんらかの理由で肌のバリア機能が低下すると、そこに入り込み繁殖をして毒素を出します。

 

これが発疹の原因となります。

 

発疹の症状としては、顔を中心にほぼ体全体に赤い小さな発疹が出ます。

 

この発疹は痒みが伴うのはもちろん、少し痛みもあります。

 

また、発疹ではありませんが、溶連菌感染症にかかると、3~4日で舌が真っ赤になりぶつぶつがでてきます。

 

これは「イチゴ舌」といい、こちらも溶連菌感染症の代表的な症状の一つです。

 

「イチゴ舌」の症状はというと、高熱、咽の痛みや、頸のリンパ腺の腫れ、口の周りの皮膚がカサカサになったりします。

 

この時点ですでに溶連菌感染症だとわかりますし、咽や皮膚の見た目でほとんど溶連菌感染症だと判断できます。

 

ですが、詳しく調べるには培養検査か迅速抗体検査をやることで、どういう状況であるのかということがすぐに分かります。

 

溶連菌感染症が厄介なのは、症状が発疹だけではないということです。

 

発疹以外に、頭痛、腹痛なども伴いますし、首のリンパ節が腫れたり、扁桃腺が晴れてのどの痛みが悪化します。

 

きちんと治療をしないと様々な合併症を引き起こしますので、注意が必要です。

 

この場合どういう合併症になるかというと、以下のような症状があります。

 

・中耳炎

・気管支炎

・リンパ節炎

・リウマチ熱

・アレルギー性紫斑病

 

また、この溶連菌感染症は飛沫感染で感染しますので、家族の誰かが溶連性感染症になると、ほぼ確実に感染します。

 

予防というのは難しいところですが、まずはマスクをして、食器を清潔にしたり、溶連性感染症の使ったタオル等は再利用しないようにして、きちんと消毒をすることが必要になります。

 

溶連菌感染症で子供の保育園やプールはいつから?

 

溶連菌感染症で発疹に効果的な塗り薬や治療法とは

では、溶連性感染症になって発疹がでて痒くてどうしょうもないという時に、どうしたらいいのでしょうか。

Sponsored Links

 

通常痒みに効く塗り薬で対応ができるのでしょうか。

 

結論から言うと、ステロイド系の塗り薬は効かないばかりか、感染症の症状を悪化させる可能性がありますので、塗らないほうが良いでしょう。

 

そうすると、いわゆる市販されている塗り薬はほぼステロイドが含まれているので、塗ると確実に症状を悪化させます。

 

また、抗生物質を含んだ塗り薬も市販されていますが、こちらも同時にステロイドが含まれているので、結果的には症状を悪化させる可能性があるので、塗らないようにしておくのが無難です。

 

ではどうしたらいいのかということになりますが、体の内部から治す飲み薬を医師から処方してもらうが一番です。

 

また、この発疹による痒みは、溶連菌による感染症によって引き起こされているので、まずは、医師の診断を受けましょう。

 

そうするとほぼ100%の割合で、抗生物質が処方されます。

 

ですので、こちらを服用することで痒みは収まるはずです。

 

通常、溶連性感染症を治療する際には、抗生物質を服用します。

 

それは溶連性感染症はその名の通り感染症ですので、細菌の感染を止めるという役割を果たします。

 

したがって、溶連菌感染症になった場合には、抗生物質を服用することで症状は回復しますが、それでもどうしても痒みを治したい場合には、医師にその旨を申し出ますと、痒み止めの内服薬を処方してくれると思います。

 

ただ、医師の指示通りに抗生物質を服用して数日経過しても発疹が引かない場合は、その薬があっていないか、別のアレルギー反応が出ていることもありえるので、その時はすぐに医師に診断をしてもらうようにしましょう。

 

ちなみに、薬を服用して発疹が収まると、発疹が出ていた部分の皮膚がぼろぼろ剥がれる場合があります。

 

これは溶連菌感染症が回復段階にあるということですので、ご心配はご無用です。

 

気になるかと思いますが、無理して剥がさずに、自然に剥がれるようにしておきましょう。

 

溶連菌感染症の時に爪はどうすべき?

溶連菌感染症になった場合に発疹が出ると、非常に痒みを伴います。

 

この痒みに関しては、先ず塗り薬が効きませんので、抗生物質を服用して溶連菌感染症を直さないと痒みは止まりません。

 

したがって、痒みがあってもこちらに関しては抗生物質を服用して、溶連菌感染症を根本的に直すとともに、痒み止めを服用することで、痒みを抑えるしか方法がありません。

 

一方で、痒みがあった場合には自然とかいてしまいますよね。

 

特に寝ているときなどは、掻いてしまったりすることもあります。

 

ここで一番怖いのはかきすぎて、その部分をかき潰してしまうことです。

 

掻き潰しをしてしまうと、肌に跡が残ることもありますし、化膿してしまうこともありますので、爪は清潔にしておく必要があります。

 

この化膿をしてしまうと、そこに傷ができてしまいますから、菌が入り込んでしまいます。

 

そうするとますます感染症が悪化していきますので、結果的にここでも抗生物質のお世話になることになります。

 

それでも、寝ている時や自然とかいてしまうこともありますので、掻いてしまったら、まずはその部分をきれいに洗って細菌を落とすことが肝要です。

 

もちろん、爪のを清潔にしておくことは言うまでもないわけですが、もし、あなたが爪を噛む癖がある場合には、爪の表面ががたがた(ノコギリ状のように)になっているので、その爪で掻くと皮膚が必要以上に傷を付くことがあります。

 

したがって、掻きくせのあるひとはなおさら爪を清潔に切っておくことがとても大事です。

 

Sponsored Links