Sponsored Links

「トマトや夏野菜、アロマで夏バテを予防!?」

 

暑い季節になると、多くの方が気を使わなければならないのが『夏バテ対策』ではないでしょうか。

 

子どもは非常に元気ですし、睡眠時間もたっぷりと確保できる傾向もあるので夏バテを起こしにくいのですが、やはり大人になるにつれて体を動かす機会も減っていき、夏バテしやすくなってしまいます。

 

夏バテの対策で頭は?食べ物は?高齢者はどうする?

 

そこで今回は、夏バテを予防するためにどんなことを行っていけば良いのかをご紹介していこうと思います。

 

夏バテしてしまうと、家の外に出るのさえ億劫になってしまい、夏を楽しむことが出来ぬまま終わってしまう可能性も出てきます。

 

ぜひ、夏バテをしっかりと予防、対策して、暑さに負けない身体を作っていけるようにしていきましょう。

 

今回は夏バテの予防法として、夏野菜で夏バテを予防する方法やアロマで夏バテを予防する方法、運動で夏バテを予防する方法などについて解説していきますね。

 

トマトなどの夏野菜で夏バテを予防!?

夏バテを予防するには、夏野菜を積極的に食べるのが良いと言われています。

 

なぜ夏バテ予防に夏野菜が効果的なのかというと、野菜は基本的に旬の時期が最も栄養価が高いと言われているからです。

 

つまり、夏バテを予防するには夏が旬の夏野菜で栄養を補給するのが効果的ということなのです。

 

また、夏野菜の特徴としては、水分であったりカリウムなどが豊富に含まれている傾向にあり、体内にこもった熱を逃がしてくれる働きがある野菜が多いと言われています。

 

そんな夏野菜の代表として挙げられるのが、『トマト』と『きゅうり』です。

 

トマトときゅうりは基本的に生でも食べることが出来ますから、比較的手軽に栄養を補給できるのが強みです。

 

また、夏野菜には鮮やかな色合いのものが多いことでも知られています。

 

例えばトマトやきゅうりは勿論のこと、ゴーヤやピーマン、かぼちゃ、トウモロコシなど、非常に色合いが綺麗な野菜が多いのです。

 

実はこの色合いも夏バテ予防に大きな影響を与えていると言われています。

 

食事にこれらの鮮やかな色合いの野菜を入れることによって食欲が刺激されるのです。

 

ですから、暑すぎてなかなか食欲が湧かないという方ほど、これらのカラフルな野菜を積極的に取り入れてみてください。

 

これら夏野菜の中でも特に栄養価が高いのが『トマト』です。

 

トマトにはビタミンAやビタミンCが豊富に含まれているので、紫外線による肌のダメージを少なくしてくれる効果があります。

 

また、ビタミンAやビタミンCには抗酸化作用があるので、暑さのストレスで生まれやすくなる活性酸素の生成を防いでくれる効果もあるのです。

 

なので、ぜひトマトを積極的に料理に使ってみてください。

 

アロマで夏バテを予防する方法

夏バテを予防するには食生活を改善していくのが非常に重要ですが、決して予防法は食生活の改善だけではありません。

 

実は、アロマでも夏バテを予防することができると言われています。

 

例えば、暑さが原因で睡眠不足になってしまった方などは、ラベンダーのアロマが良いと言われています。

Sponsored Links

 

ラベンダーには、神経を鎮静させてくれる『酢酸リナリル』という成分が含まれています。

 

ですから、ラベンダーのアロマを1滴ほどティッシュなどに垂らして枕元に置いておきましょう。

 

これだけでラベンダーの香りを感じながらリラックスして睡眠を取ることが出来ると言われています。

 

また、暑さから食欲が低下してしまっている時には、レモンのアロマが効果的と言われています。

 

なぜレモンのアロマが効果的なのかというと、レモンには『リモネン』という消化を促進して食欲を増進してくれる効果のある成分が含まれているからです。

 

なので、もし食欲が落ちてしまっている時には、ティッシュやコットンなどにレモンのアロマを1滴垂らして持ち歩くようにしましょう。

 

それだけで、食欲の改善を期待できると言われています。

 

そして、暑さから集中力が低下してしまった時には、ペパーミントのアロマが効果的だと言われています。

 

ペパーミントの香りはメントールのため、目が覚めるような香りになっています。

 

この香りをかぐことによって気を引き締めて集中力を取り戻してくれる効果を期待できますので、ハンカチなどに1滴垂らして持ち歩くようにするのがオススメです。

 

夏バテを予防できる運動法とは

夏バテを予防するには、運動を行うことも重要だと言われています。

 

運動が夏バテの予防、解消に良い理由は非常に多くあります。

 

例えば、運動をすることによって血糖値を下げることができるため、夏バテで起きやすい食欲低下を改善、予防することが出来るのです。

 

また、運動をすることで自律神経の機能を調整することが出来るとも言われています。

 

交感神経と副交感神経のバランスを保つことが夏バテの予防には重要だと言われているので、そういった意味でも運動は非常に効果的なのです。

 

では、実際にどんな運動をしていくと良いのかというと、あまり激しすぎる運動ではなく適度な運動が良いと言われています。

 

例えばウォーキングです。

 

ウォーキングの場合は、朝や夕方などの比較的涼しい時間帯に30分から1時間程度のウォーキングを週に3回くらいのペースで行っていくと良いと言われています。

 

ウォーキングのポイントとしては、早すぎず遅すぎずの丁度良いペースで、脈拍が100から130くらいになると良いと言われています。

 

また、水泳も夏バテ対策の運動として非常に効果的だと言われています。

 

水泳は全身の筋肉を使う運動ですので、心肺機能を高めてくれる非常に効果的な運動だと言われています。

 

水泳を行う場合は、30分から40分ほど、気持ちの良いペースでリラックスして泳ぐようにするのがポイントです。

 

ぜひ、これらの運動を上手く取り入れながら夏バテを対処できるようにしてみてください。

 

というわけで、夏バテを予防するための野菜、アロマ、運動についてそれぞれご紹介させていただきました。

 

やはり、夏バテを予防するには健康的な身体であることが重要ですから、日々の生活から健康を維持できるように意識をして取り組んでいくことが重要です。

 

バランスのとれた食生活や適度な運動、そしてストレスを溜め込まない事などは、夏バテに限らず健康で暮らすために必要不可欠な要素ですから、この機会にもう一度生活習慣を見直されてみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Links