Sponsored Links

「手足口病やヘルパンギーナの違い!併発?大人は免疫が?登園は?」

 

手足口病は、比較的子どもに感染しやすい病気であると言われております。

 

ですから、子どもにも小さいうちから手洗いうがいの習慣を付けさせていく事が非常に重要となります。

 

子どもは大人よりも活発に動き回りますし、外で活動する時間も多いですから、その分手も汚れやすい傾向にあります。

 

その汚れた手でおやつやご飯を口にしてしまえば、手足口病をはじめとした様々な病気に感染してしまう可能性が非常に高くなってきますから、気をつけなくてはなりません。

 

今回は、子どもの手足口病に注目してご紹介していこうと思います。

 

よく、手足口病と間違えられる事がある『ヘルパンギーナ』についてもご紹介していこうと思います。

 

そして、大人は手足口病やヘルパンギーナの免疫があるのか?という事ついても深くお話ししていこうと思います。

 

手足口病やヘルパンギーナの違いとは?併発の可能性も?

手足口病と非常に間違えられやすい病気として、『ヘルパンギーナ』という病気があります。

 

このヘルパンギーナはなぜ手足口病と間違えられやすいのかというと、手足口病が口の中に水疱ができるという症状が現れるのに対して、同じようにヘルパンギーナにも口の中に水疱ができるという症状があるのです。

 

そして手足口病に発熱の症状があるのに対してヘルパンギーナにも発熱の症状があるのです。

 

さらに、ヘルパンギーナと手足口病の両方が、夏に流行しやすいという特徴があるのです。

 

そういったところから、多くの方が手足口病とヘルパンギーナを間違えてしまうということなのです。

 

では、手足口病とヘルパンギーナには違いがないのか?という事になりますが、もちろんこれら二つの病気には決定的な違いがあります。

 

それは、『熱の高さ』と『水疱ができる箇所』です。

 

手足口病の場合、発熱が起きたとしてもだいたい37度か、高くても38度くらいだと言われております。

 

しかし、ヘルパンギーナの場合、39度以上の高熱となり、高い時には40度を上回ることもあると言われているのです。

 

ですから、まずはしっかりと熱を測って判断するようにしてください。

 

そして、『水疱ができる箇所』も大きなポイントです。

 

手足口病はその名の通り、口だけでなく手や足、さらに全身へと水疱や発疹が広がっていきます。

 

手足口病に感染!家族はどうする?小学校は?兄弟で風呂は?

 

しかし、ヘルパンギーナの場合、口から他の部位に症状が広がることはないのです。

 

ですから、口の中だけに水疱ができてしまい、尚且つ非常に高い熱がでているという場合には、手足口病ではなくヘルパンギーナの可能性が非常に高いということになるのです。

 

ヘルパンギーナは、喉の奥に水疱ができてしまうこともあり、非常に強い喉の痛みに襲われてしまう可能性もある病気です。

 

そのため、つばを飲み込むのさえ辛くなってしまう事もあり、食べ物や飲み物が喉を通らなくなってしまう事もあるのです。

 

ですから、そういった場合にはすぐに病院に行くようにしてくださいね。

Sponsored Links

 

大人は手足口病やヘルパンギーナの免疫があるので感染しない!?

手足口病やヘルパンギーナは比較的子どもに多く感染する傾向にあると言われております。

 

しかし、大人には感染しないというわけではありません。

 

大人にも感染する可能性はもちろんありますし、むしろ大人が感染してしまうと子どもよりも症状が重くなってしまう可能性が高いと言われているのです。

 

ですから気をつけるようにしていきましょう。

 

大人が感染してしまう原因としては、やはり子どもが手足口病やヘルパンギーナに感染してしまう、その看病をしている時に子どもからウイルスを移されてしまうというケースが最も多いのです。

 

手足口病で病院にいかない?行くべき目安やタイミングは?

 

ですから、家族に感染者がでた場合には出来るだけ感染者との接触を減らし、接触する場合にはマスクを着用するようにしてください。

 

手足口病やヘルパンギーナの感染経路としては飛沫感染が最も多いと言われております。

 

ですから、くしゃみや咳などにも気をつけるようにしましょう。

 

ただし、基本的にヘルパンギーナに一度かかると体に抗体が出来ますので、同じウイルスから感染するという事はなくなると言われております。

 

ただし風邪もそうであるように、ヘルパンギーナのウイルスは一種類だけというわけではありません。

 

違うタイプのウイルスによって感染してしまう可能性もありますので、絶対に2度感染する事はないと思い込まないように気をつけていきましょう。

 

手足口病やヘルパンギーナに感染しても登園できる!?

手足口病もヘルパンギーナも、リンゴ病やおたふく風邪、インフルエンザのように出席停止扱いになる病気ではありません。

 

そのため、絶対に学校に行ってはならないという決まりがあるわけでもないのです。

 

しかし、手足口病もヘルパンギーナも一般的な風邪と比べて非常に感染しやすい病気と言われております。

 

ですから、無理して登園・登校してしまうと他の子達に迷惑をかけてしまう可能性がありますので、出来るだけ症状が完全になくなり、医師の許可が出てから登園・登校するようにする事がお勧めです。

 

また、感染者本人も、完全に治っていない状態で無理に登園・登校してしまうのは非常に辛いかと思います。

 

手足口病やヘルパンギーナに感染している時というのは、免疫力が下がってしまっている時でもありますから、他の病気に感染してしまう可能性も非常に高いです。

 

なので、無理して学校へ行かずにしっかりと自宅で療養するようにしてください。

 

そして、可能な限り栄養をしっかりと補給して、水分補給もこまめに行うようにしていきましょう。

 

十分な栄養補給を行う事こそが手足口病やヘルパンギーナを早く治すためには重要な事になってきます。

 

もし、口の中の水疱の影響で痛みがあり、満足に食事や水分補給ができないという場合には、できるだけ早く病院へ行って点滴を受けるようにしてください。

 

点滴を受けなければ脱水症状になってしまう可能性もありますから非常に危険です。

 

点滴を受ける事で必要な栄養を補給する事ができますので、もし口の中が激しく痛む場合にはぜひ病院へ行くようにしてくださいね。

 

Sponsored Links