Sponsored Links

「ためしてガッテンで肩こりをテニスボールやベルトで解消!?」

 

肩こりに悩んでいるという方は決して少なくはないのではないかと思います。

 

特にデスクワークを主としている方などは、パソコンなどを長時間使用し続ける事が非常に多いと思いますから、その分肩こりも酷くなってしまう傾向にあります。

 

今回は、そんな肩こりを解消するために効果的な、『ためしてガッテン』や『たけしのみんなの家庭の医学』で紹介された肩こりの解消法についてご紹介していこうと思います。

「たけしのみんなの家庭」で肩こりをテニスボールで治す方法とは

肩こりの解消方法というのは様々なものが存在しますが、身近なものを使用して肩こりを解消していく事も可能です。

 

例えば、テニスボールなどを使用しても肩こりは解消できると言われています。

 

なので、たけしのみんなの家庭の医学で紹介されていたテニスボールによる肩こりの解消法をご紹介していこうと思います。

 

テニスボールを使用した肩こりの解消法は非常に簡単です。

 

まず、仰向けの状態で、肩や肩甲骨の近くにテニスボールを入れて、『痛気持ち良い場所』を探していきます。

 

その痛気持ち良い場所が見つかったら、体重をかけた状態で少しずつグリグリと押し当てて、筋肉をボールで揉みほぐしていきます。

 

そしてその後、全身の力を抜いて30秒ほど姿勢をキープします。

 

この作業を1日に2回から3回ほど行うようにしていくと、肩こりが解消されて非常に楽になると言われています。

 

このように肩こりは身近なものを活用して解消していく事が出来ますので、ぜひ試してみてください。

 

筋膜と肩コリとの関係

そもそも、肩こりはなぜ起こるのかという事をご存知でしょうか?

 

実は、肩こりというのは『筋膜』にシワができる事によって引き起こるものなのです。

 

筋膜というのは何かというと、筋肉を包んでいる膜のことです。

 

この筋膜のシワが伸ばされると肩こりもなくなるのですが、シワを伸ばさない限り肩こりは解消されないという事が近年明らかになったのです。

 

なぜ筋膜にシワがあると肩こりになってしまうのかというと、筋膜にシワがあることによって筋肉が引っ張られてしまうからなのです。

 

ですから、このシワをいかに伸ばしていくか、そしていかにしてシワができないようにしていくかが重要というわけなのです。

 

近年、筋膜の治療を目的とした治療法が非常に多くなってきていて、テレビなどでも頻繁に取り上げられるようになっています。

 

一般的な治療としては、専門の器具を使用したりエコーを見たりして筋膜に針を打つという治療が多くなっています。

 

ですが、最近は生理食塩水を注射することによって筋膜をほぐすという肩こり治療を行っている病院もあります。

 

このように肩こりの解消にはまず筋膜のシワを伸ばすことが大事になってくるので、ぜひテニスボールを使ったり、病院で筋膜の治療を受けたりして筋膜にシワが出来ないようにしてみてください。

 

「ためしてガッテン」で筋膜を伸ばすストレッチ法とは

また、『ためしてガッテン』では、筋膜を伸ばすストレッチが紹介されていましたので、今回はその筋膜を伸ばすストレッチ法をご紹介していこうと思います。

 

ためしてガッテンで紹介されていたのは『筋膜リリース』という肩こり解消法です。

Sponsored Links

 

この筋膜リリースには4種類ほどの方法がありますので、それぞれご紹介していこうと思います。

 

まず一つ目の方法が『斜め腕伸ばし』という方法です。

 

この斜め腕伸ばしの方法は、まず右腕を斜め後ろに伸ばしていきます。

 

指先が床にもぐりこむようなイメージで伸ばしていきましょう。

 

そして次にあごを引いて、首を左にゆっくりと倒していきます。

 

そしてその状態で左耳を前に出すようにして90秒ほどキープしましょう。

 

これを反対の腕も行っていきます。

 

これが斜め腕伸ばしです。

 

そして二つ目が『平泳ぎ風筋膜リリース』というものです。

 

この平泳ぎ風筋膜リリースの方法は、まず両腕を前に伸ばして、背中を丸くせずに肩甲骨のみを押し出すようなイメージで90秒ほどキープしていきます。

 

そして肘の高さをキープした状態で両腕を開くようにしてうしろに引き、90秒ほどキープします。そして肩甲骨を起こすようなイメージで両腕を上にあげて90秒キープします。

 

これが平泳ぎ風筋膜リリースです。

 

そして三つ目が『S字筋膜リリース』です。

 

このS字筋膜リリースは、右手を頭のうしろにして、左手を背中のうしろにして、肘を90度に曲げます。そしてそこから腕を反時計回りに回して90秒キープします。

 

そして最後に右足を前に出してクロスして、体を左に倒します。これがS字筋膜リリースです。

 

そして四つ目が『バレリーナ風筋膜リリース』です。

 

このバレリーナ風筋膜リリースは、右手の手のひらを自分の方に向けて、左手の手のひらをうしろに向けて、右足を一歩前に出します。

 

そして右手を天井に伸ばし、左手を床に向けて伸ばして、体を軽く左にひねっていきます。

 

これを90秒キープしたら、反対も行います。これがバレリーナ風筋膜リリースです。

 

これらがためしてガッテンで紹介された筋膜リリースという筋膜のストレッチになりますので、ぜひ実践してみることをおすすめします。

 

ベルトで肩こりで解消する方法とは!?

肩こりになってしまうのは様々な原因があると言われていますが、中には猫背が原因となって肩こりを引き起こしてしまっている方もいらっしゃいます。

 

首猫背を治す方法とは!?

 

こういった猫背の方によくありがちなのが、姿勢を矯正するベルトを着用することによって肩こりも解消していくという方法です。

 

確かにこういった矯正ベルトを着用すれば猫背は矯正されるので姿勢は正されるのですが、だからと言って肩こりを完全に解消できるかというと決してそうではありません。

 

矯正ベルトを着用することによってむしろ筋力が弱まってしまうというケースも少なくないのです。

 

ですから、出来るだけこういった矯正ベルトを着用するのは避けた方が良いと思います。

 

痛みがある場合であったり、肩こりが辛すぎる場合などは仕方ないかと思いますが、着用し続けてしまうと本来必要な筋力が低下してしまいます。

 

ですので、あくまでもサポート的な位置づけで使用していくようにしてみてください。

 

適度な運動を行って、筋力をつけていくようにすれば猫背は改善できますし、肩こりも解消できるものなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Sponsored Links