Sponsored Links

 「対人恐怖症が治りました?治る?漢方薬は?」

 

対人恐怖症は意外に多くの人がかかると言われております。

 

特に近年は、インターネット社会が発展し、SNSなども多く普及されている為、顔を合わさずにネット上で交流を持つことができる為、対人恐怖症になってしまう人が増えていると言われております。

 

そんな対人恐怖症ですが、今では5人に1人の割合でかかっているとも言われております。

 

そこで今回は対人恐怖症について詳しくご紹介していこうと思います。

 

例えば、対人恐怖症の原因であったり、対人恐怖症を治す方法であったり、対人恐怖症は漢方で治るのか?ということを詳しく解説していきますね。

 

対人恐怖症の原因!治るの?

対人恐怖症はあがり症とも言われており、神経症の一種と言われております。

 

人前に出ることが強かったり、初対面の人となかなか上手くコミュニケーションを取ることができない人などに多く見られます。

 

そんな対人恐怖症ですが、原因としては以下の事があると言われております。

 

・神経質

・自意識が強い

・気を使いすぎる所がある

・内気

・真面目すぎ

・完璧主義

・頑固

・昔から人見知りな性格

 

といった事が原因で対人恐怖症となってしまう人が多いと言われております。

 

対人恐怖症は甘え?特定の人の場合は?治したい!

 

症状が表面化するきっかけとなるのは、家庭環境に問題があったり、いじめだったり、転校、就職、といった環境の変化だったり、人間関係が上手くいかなかったという経験などが主な原因として引き起こされるのです。

 

そんな自分のメンタル、心の部分からなる対人恐怖症ですが、これは治す事も可能だと言われております。

 

対人恐怖症を治す方法とは?

対人恐怖症は極端な話、自分の気持ち次第という事になります。

 

ですからいくら薬を使ったとしても自分に自信を持って、自分の気持ちが前向きにならなければ治る事は無いのです。

 

だからこそ、自分自身としっかり向き合って、まずは自分自身を好きになる事が大事なのです。

 

対人恐怖症の人というのは自分に自信が無く、周りばかりを気にしてしまう傾向にあります。

Sponsored Links

 

ですから、まずは自分に自信を持てるように自分の悪い所では無くて自分の良い所を探すということを行っていきましょう。

 

自分の悪い所ばかりを探していては、前向きな気持ちになれるわけがありません。

 

そもそも、悪い所がない人間なんて存在しません。誰しも必ず悪い所、改善するべき所というのは存在します。

 

悪い所が一つもない完璧な人がいたら、その人の人生は逆につまらないと思いませんか?より自分自身を高めるために何かを頑張っているのが人生です。

 

しかし、これ以上改善することがないという事は、『人生においてやる事がない』という事になってしまうのです。

 

なので、自分の悪い所、そして改善できる所があるというのはむしろポジティブな要素として捉えるべきなのです。

 

ですから、まずは自分自身の良い所を見つけて、自分の武器にしていきましょう。

 

その自分の武器が、自分自身の悪い所をカバーできてしまう可能性も大いにあります。ぜひ、自分の良い所を見つけて、まずは自分を好きになっていきましょうね。

 

対人恐怖症は漢方で治る?

対人恐怖症に効果的な漢方薬も存在しますので、ご紹介させていただきます。

 

まず一つ目が『柴胡加竜骨牡蛎湯』と呼ばれる漢方薬です。

 

この漢方には心身のバランスを整えて心の病を改善してくれる効果があると言われております。

 

また、肝障害がある人の血行不良であったり、心臓異常によって起こっている神経症状を鎮めてくれる効果があるとも言われております。

 

そしてもう一つは、『桂枝加竜骨牡蛎湯』という漢方薬です。

 

この漢方薬は、精神を消耗した時に神経を鎮めて、落ち着かせてくれる効果があると言われております。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

 

もちろん漢方薬によって気持ちを落ち着かせる事は可能ですが、漢方薬だけで対人恐怖症を完治させることはできません。

 

やはり最終的には自分次第だからです。自分が前向きな気持ちを持つことが出来るか?自分自身を好きになれるか?ということが対人恐怖症を治すために最も重要なことであるということは忘れないようにしましょう。

 

自分を好きになることが出来れば、心に余裕が生まれ、相手を理解しようとする心の余裕も生まれてきます。

 

そうすることでお互いを理解し、尊重し合う人間関係を築いていくことも可能になりますので、ぜひ自分自身と向き合っていきましょうね。

 

Sponsored Links