「立ちくらみに効くツボや運動法、ヨガは?」

 

あなたは立ちくらみを経験した事があるでしょうか?

 

Sponsored Links

おそらくほとんどの方が一度は立ちくらみを経験した事があるのではないかと思います。

 

立ちくらみというのは、脳を流れる血液の量が少なくなってしまう事が原因となって起こるものだと言われています。

 

長時間座っていた時に急に立ち上がったり、長時間寝ていた時に急に起き上がったりした時に起こりやすくなります。

 

立ちくらみの症状としては、目の前がいきなり真っ暗になってしまったり、意識が遠のいてしまったりという症状があります。

 

初めて立ちくらみを経験する人はこれらの症状が起こっただけでパニックになってしまう事もあるかと思うのですが、立ちくらみは一時的なものなので、そこまで心配する必要はありません。

 

脳にしっかりと酸素や血液が送られるようになれば、立ちくらみは治りますので、あまり心配しすぎないようにしましょう。

 

しかし、立ちくらみが起きるのはあまり気持ちの良い事ではありませんよね。

 

できれば立ちくらみを予防して、立ちくらみが起きないようにしたいと思うのが普通だと思います。

 

なので今回は、立ちくらみに効果的なツボや運動、ヨガなどについて詳しくご紹介していこうと思います。

 

ぜひ、立ちくらみの知識を蓄えて、立ちくらみが起きにくいように予防していただければと思います。

 

立ちくらみに効果的なツボとは

立ちくらみを改善、予防するには頭に血液がしっかりと流れていくようにしていく事が重要だと言われています。

 

なので、頭に血液がしっかりと流れるようにする為のツボをご紹介していこうと思います。

 

まず、頭頂部にある『百会』というツボです。

 

このツボを押す事で頭の血流が良くなると言われています。

 

気持ち良いくらいの強さで押すようにしてください。

 

そして次が、『天柱』というツボです。

 

このツボは、首の後ろの筋肉の外側に位置しています。

 

この天柱も頭の血流を良くしてくれるので是非押してみてください。

 

そして、耳の後ろにある骨の膨らみの下に位置しているツボが『完骨』というものです。

 

このツボは、平均感覚を取り戻してくれる効果がある為、姿勢の崩れを正してくれて血流が良くなる効果があると言われています。

 

最後にご紹介するのが『足三里』という、すねの少し外側に位置しているツボです。

 

このツボを押すことによって、下半身に溜まってしまった血液を上半身に押し上げてくれる効果が得られると言われています。

 

立ちくらみが起きやすい方は、ぜひこれらのツボを押して頭にもしっかりと血液が流れるようにされてみてはいかがでしょうか。

 

立ちくらみに効果的な運動法とは

立ちくらみが起きやすい方は、運動不足である可能性が高いとも言われています。

 

なので、もし運動不足に当てはまる方はぜひ運動を行っていくようにしてください。

 

なぜ運動が立ちくらみの改善に良いのかと言うと、運動をすることによって血行不良を改善できるからです。

 

先ほども言いました通り立ちくらみの原因は頭にの血行が悪くなってしまっていることが原因です。

Sponsored Links

 

全身の血行を良くしていけば、それに伴って頭の血行も良くすることができますので、ぜひ運動を積極的に行うようにしてください。

 

そして運動は、新陳代謝を良くしてくれる効果もあると言われています。

 

新陳代謝が良くなることによって、たくさん汗をかくと同時に体内の老廃物を排出していくことが出来るわけです。

 

老廃物が少なくなれば、血行が悪くなりにくくなりますから、頭に酸素が届きにくいということも少なくなるのです。

 

なのでぜひ、運動を積極的に行っていくようにしてみてください。

 

ただ、あくまで効果的なのは『適度な運動』であって、激しい運動をしすぎてしまうと、かえって立ちくらみを引き起こしやすくしてしまう可能性があります。

 

基本的に緩やかな運動は『有酸素運動』のため、体内にたくさんの酸素を取り入れようとして頭にもしっかりと酸素が届くのですが、激しい運動というのは『無酸素運動』になってしまいます。

 

無酸素運動は酸素を取り入れずに行うので、どうしても体内の酸素が少なくなってしまうのです。

 

激しい運動をすると立ちくらみを起こす可能性が高まってしまいますので、適度な運動を心がけるようにしてください。

 

立ちくらみに効果的なヨガとは

また、立ちくらみが頻繁に起こるという方にはヨガもお勧めです。

 

ヨガは基本的に呼吸を大事にして行うものなので、しっかりと酸素を体内に取り入れることが出来るものなのです。

 

なので、立ちくらみの原因として言われている頭の血行不良や頭の酸素不足などといったものを改善してくれる効果がヨガにはあるということです。

 

基本的にヨガのポーズはどのようなものでも構いませんが、とにかく呼吸をしっかりと行って酸素を取り入れるように意識して行っていきましょう。

 

また、ヨガの最大の強みはリラックスした状態で行うことが出来るという事です。

 

緊張しているとどうしても体がストレスを感じてしまいます。

 

ストレスを抱えると、ホルモンバランスが崩れやすくなってしまうため、交感神経が活発に働いてしまうのです。

 

交感神経が活発に働くと筋肉が固まってしまい、血行が悪くなって立ちくらみを引き起こしてしまうという事なのです。

 

なので、そういったストレスから解放されるためにも、ヨガは非常に効果的な方法といえるのです。

 

ストレスは、立ちくらみはもちろんの事、他にも様々な体調の悪化を招いてしまうものなので、出来るだけ溜めこまない事が非常に重要となります。

 

ストレスが蓄積され続けると、最悪の場合うつ病を発症させてしまう可能性もあります。

 

ですから、ヨガのような心身ともにリラックスできるものを取り入れたり、ご自身の好きな趣味に没頭できる時間を作って心から楽しんでみたりと、ストレス解消できる時間を作るようにしてください。

 

ストレスが解消されれば、心の健康を取り戻す事も出来ますし、立ちくらみを防ぐ事ができますので、ぜひリラックスした生活を心がけていきましょう。

 

というわけで、立ちくらみに効果的なツボや運動、ヨガについてご紹介してきました。

 

仕事中や遊んでいるときにいきなり立ちくらみが起きてしまう事がないように、日々の生活から改善していくようにしましょうね。

 

Sponsored Links