Sponsored Links

「水痘で大人の治療は?ワクチンは?」

 

水痘という言葉をご存知でしょうか?これは一般的に言われる水疱瘡(みずぼうそう)の事を指します。

 

水痘は、りんご病やおたふく風邪と一緒で子どもに感染しやすい病気として知られておりますが、決して大人には感染しないというわけでもありません。

 

ですから、水痘に感染した事のない男性、そして、もし水痘の予防接種を受けていない方がいらっしゃれば、特に気をつけなくてはなりません。

 

今回は、そんな水痘について詳しくご紹介していこうと思います。

 

例えば、以下の内容を詳しく解説していきますね。

・水痘で大人の治療法はどのようなものなのか?

・水痘のワクチンはいつからが最も効果的なのか?

・水痘のワクチンの値段はどれくらいなのか?

・ワクチンの副作用はあるのか?

 

水痘で大人の治療法とは

大人が水痘に感染するのは、子どもが水痘に感染するよりも危険だと言われております。

 

水疱瘡の大人の初期症状とは?ピークはいつ?

 

大人になってから感染する水痘の症状は、子どもの水痘よりも症状が重くなると言われております。

 

初期症状としては、体がだるくなったり、急にニキビの量が増えてしまったりなどがあるので、子どもと同じように気付きにくいと言われております。

 

しかし、その後起きる水疱瘡の発疹や水ぶくれは、子どもの水痘よりも量が多くなる可能性が高いので、気をつけなくてはなりません。

 

そして特に気をつけなければならないのが、女性の妊婦さんです。

 

妊娠中に水疱瘡を発症すると、お腹の中の胎児にも感染してしまう可能性があるのです。

 

ですから、そうならない為にも予防接種をしっかりと受ける事が重要です。

 

もし大人になって水疱瘡を発症してしまった場合には、すぐに『皮膚科』に行くようにしてください。

 

内科に行っても皮膚の炎症を抑える薬をもらうことはできません。

 

そして、皮膚科に行くと発疹や発熱を抑えることができる薬を貰うことができます。

 

この薬を服用すれば、発疹がかさぶたになるまでの時間を短縮できますので、他人に感染する確率も低くなります。

 

もし発症したら素早く皮膚科に行くようにしてくださいね。

Sponsored Links

 

水痘でワクチンはいつから?

水痘のワクチンを摂取するのはできるだけ早い方が良いと言われております。

 

ですから、1歳を越えたらすぐに予防接種を受けるようにしてください。

 

また、水痘の予防接種は2回受けるのが標準的だと言われております。

 

なので、1度目の予防接種が終わった3ヶ月後くらいに2度目の予防接種を受けるようにしてください。

 

2度予防接種を受けることによって、しっかりと免疫をつけることができると言われております。

 

ですから、できる限り発症する可能性を低くするためにも、しっかりと2回予防接種を受けるようにしてください。

 

大人になってから発症すると症状が重くなりますし、特に女性の場合には赤ちゃんへの影響が出てくる場合もありますので、気をつけなくてはなりません。

 

できるだけ、小さい頃にしっかりと免疫をつけて、感染しないように対策していくことが大事だという事ですね。

 

水痘のワクチンの値段や副作用とは

水痘のワクチンには、副作用はほとんどないと言われております。

 

しかし、先ほども言った通り水痘のワクチンは2回接種するのが標準的なので、1回だけの接種ですと数年以内に大体20パーセントから50パーセントくらいの確率で発症してしまうと言われております。

 

1回接種して感染した場合には、そこまで症状が重くなる事はないと言われておりますが、やはり感染しないに越した事はありません。

 

ですから、出来るだけ2回接種するようにしていきましょう。

 

2回接種すれば水痘に感染する可能性は非常に低くなりますので、安心できます。

 

そして大人になってからの感染を防ぐためにも、やはり2回接種がオススメです。

 

そして、水痘のワクチン接種は、1歳から2歳までの子の場合であれば、無料で受ける事ができるのです。

 

ですから、できるだけ早いうちに予防接種は済ませておくようにしましょう。

 

それ以上の年齢になってくると無料で予防接種を受けられなくなってしまいます。

 

普通に水痘の予防接種を受けようとすると、6,800円くらいかかると言われております。

 

ですから、やはり早いうちに予防接種をしておいた方が、健康の面を考えても、そしてお金の面を考えても良い事ばかりです。

 

大人になって重症になってしまってからでは遅いですから、できるだけ早く予防接種を受けるようにしていきましょうね。

Sponsored Links