「胃痛や下痢は消化不良が原因?」

 

どんなに健康管理を徹底されている方でも、必ず一度は下痢になってしまった経験はあるかと思います。

 

Sponsored Links

そして下痢と同時に胃が激しく痛くなってしまうという症状を経験されたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

やはり食べ物を消化してくれる胃は、我々の日常生活に欠かすことのできない器官ですから、出来るだけ健康を維持したいというのが誰しもが思っている願いではないかと思います。

 

なので今回は、胃の痛みであったり消化不良だったりを引き起こしてしまう原因はどういったものなのか?ということについて詳しくご紹介していこうと思います。

 

特に消化不良は、栄養を補給しにくくなってしまう可能性が高まるので、出来る限り防いで行きたい症状です。

 

なので、なぜ消化不良が起こってしまうのかといった事についても詳しく解説していきますね。

 

口臭の治し方!予防や改善の方法は?効くツボとは?

※口臭に効くツボは胃もたれの改善にも効果的ですので、参考にしてみましょう。

 

消化不良を引き起こす悪習慣とは

これといった思い当たる節が無いにも関わらず、消化不良によって胃もたれが起きてしまったという経験をされた事がある方は多いのではないでしょうか。

 

そんな消化不良を引き起こしてしまう原因は数多くあると言われています。

 

例えば、ファーストフードや肉料理ばかりを食べていた時などは、消化不良を引き起こしてしまう可能性が高いと言われています。

 

ファーストフードや肉料理はタンパク質が多くなっている傾向にあります。

 

このタンパク質を消化するためには、胃の『消化酵素』が必要になります。

 

この消化酵素がなくなってしまうと、食べたものをしっかりと消化しきれずに、消化不良となってしまうのです。

 

そして特にアルコールは消化酵素を大量に消費してしまいます。

 

ですから、ファーストフードや肉料理、そしてアルコール飲料を摂りすぎる食生活にならないように気をつけましょう。

 

また、消化不良を引き起こす原因は食生活だけではありません。

 

『ストレス』によっても消化不良を引き起こしてしまう可能性が高まると言われています。

 

なぜストレスが消化不良を引き起こしてしまうのかというと、ストレスが溜まる事によって自律神経の働きが低下してしまうからです。

 

自律神経の働きが低下してしまう事によって、胃や腸が機能しにくくなってしまい、消化不良を引き起こしてしまうのです。

 

ですから、出来るだけストレスが溜まらないような生活を心がけていきましょう。

 

もしくは、ストレスを発散できる趣味などを見つけて、ストレスが蓄積されないように心がけていきましょう。

 

胃痛や下痢は消化不良が原因なの?

頻繁に胃が痛くなったり下痢になってしまったりする方は、消化不良が原因だとも言われています。

 

先ほどもご紹介した通り、肉料理やファーストフードなどのタンパク質が多い食事ばかりを取り続けていると、消化不良を起こしてしまいます。

 

そして、消化不良によってタンパク質は消化されないまま小腸に送られてしまいます。

Sponsored Links

 

すると、十分に消化される事なく吸収される事になってしまうため、食物アレルギーを引き起こしてしまい、下痢となってしまうのです。

 

ですから、食生活をまずは改善していく事が、その胃痛や下痢を改善していくための方法という事なのです。

 

やはりファーストフードや肉料理ばかりを食べていても、バランス良く栄養を摂取する事は出来ません。

 

バランス良く栄養を摂取できなければこのように消化不良を引き起こしたり、風邪を引きやすくなってしまったりと様々なリスクが高まります。

 

なので、出来る限りバランスのとれた食事を心がけていくようにしてください。

 

もちろん、たまに食べる分にはファーストフードも大いに結構ですが、何日間も連続でファーストフードや肉料理だけを食べ続けてしまうと、体調を崩してしまう可能性は高まります。

 

なので、くれぐれも食事の栄養バランスには気をつけるようにしてください。

 

また、胃や腸を健康的に保つためには、乳酸菌が豊富に含まれたヨーグルトであったり、食物繊維が豊富に含まれた野菜などが非常にオススメです。

 

これらを毎日食べる事によって胃や腸の健康を維持する事が出来ますので、今までファーストフードを食べる事が多かった方ほど、野菜やヨーグルトを積極的に食事に取り入れてみてください。

 

消化不良の予防法とは

消化不良を予防するための方法としては、まず『よく噛んで食べる』という事が挙げられます。

 

よく噛んで食べる事によって、まず唾液が多く分泌されます。

 

それによってより消化を早めてくれるのです。

 

唾液が多く分泌されてよく噛まれた食べ物ほど、胃にかかる負担は少なくなります。

 

逆に、ろくに噛まずにすぐに飲み込んでしまうと、噛み切れていない食べ物がそのまま胃に入っていくわけですから、とうぜんその食べ物を消化するための負担が大きくなってしまうのです。

 

ですから、出来るだけ食べたものをよく噛んで、胃に負担をかけないように心がけていく事が重要なのです。

 

そして消化不良を予防するには、『睡眠をしっかり取る』という事も非常に重要だと言われています。

 

なぜ睡眠が重要なのかというと、胃や腸などの消化器系は、リラックスしているときの方がよく活動してくれるからです。

 

胃や腸などの消化器系というのは、体をリラックスさせる神経である『副交感神経』によって管理されています。

 

なので、リラックス出来ていない状態の時には胃や腸はしっかりと働いてくれないという事です。

 

ですから、最もリラックス出来る時間である、睡眠をしっかりと取る事によって、胃や腸をしっかりと働かせる事が可能になるという事なのです。

 

そして睡眠不足になってしまうとストレスも溜まりやすくなってしまいますから、良い事など一つもありません。

 

なので、どんなに忙しかったとしても睡眠時間だけはしっかりと確保するようにしていきましょう。

 

また、『冷たいものは飲み過ぎない』という事も非常に重要です。

 

冷たいものを飲んでしまうと、胃が収縮してしまいます。

 

この収縮は緊張状態を示しているわけですから、リラックスできていないという事になりますので、好ましくありません。

 

なので、どうしても冷たいものを飲みたい時以外は出来るだけ常温、もしくは暖かい飲み物を飲むように心がけていきましょう。

 

Sponsored Links