「胃の消化不良の原因や症状!改善法は?手のツボ!?」

あなたは、寝る直前の夜や、偏食、不規則な生活に心当たりがありませんか。

 

胃の消化不良と生活習慣はとても関連しています。

 

Sponsored Links

消化不良は、一般的に暴飲暴食・腐敗物や有毒物の摂取、精神的ストレスにより消化能力が低下し十分に

 

食べ物を消化できなくなり、胃痛や嘔吐、下痢を引き起こすことです。

 

胃痛や下痢は消化不良が原因?

 

胃の消化不良を改善する方法と、簡単にできる手のツボ押しで「胃が痛い」症状をやわらげませんか。

 

胃の消化不良の原因や症状とは

本来の胃は、粘膜・粘液・粘膜血流などの「防御因子」と、食物を消化するための胃酸やたんぱく質を分解する消化酵素ペプシンなどの「攻撃因子」が、それぞれバランスを保ち胃の消化活動をしています。

 

胃の消化不良は、何らかの原因で「防御因子」と「攻撃因子」のバランスが崩れた状態です。それにより胃壁や腸壁が荒れてしまうことから「消化性胃潰瘍」とも呼ばれます。

 

胃が消化不良をおこす原因と症状を、急性胃炎・十二指腸潰瘍・胃潰瘍の代表的な病気について説明します。

 

急性胃炎:急性胃炎は、辛いスパイスなどの刺激物やコーヒーや紅茶に含まれるカフェイン、風邪クスリなどの抗生物質、精神的ストレスや暴飲暴食など胃の粘膜の炎症によるものです。

 

日常生活の中に原因が潜むので一番多くの人にみられ胃が痛く感じる病気です。

 

胃の不快感、むかつき、吐き気(嘔吐)や痛み、食欲不振が症状として現れます。

 

十二指腸潰瘍:十二指腸潰瘍は、過酸症の年齢層が若い患者さんがほとんどです。

 

過酸症とは、胃酸過多症とも呼ばれストレスが原因の一つとして考えられ胃液の酸度が高く分泌量が多いことが特徴です。

 

十二指腸の入口である球部の粘膜を胃酸によって攻撃し胃壁に傷をつけることで、みぞおちの痛み・胸やけ・ゲップ、空腹時の胃の痛み・食事をすると一時的に痛みが緩和しますが消化できず吐き気や嘔吐などの症状が現れます。

 

症状が重くなると、十二指腸潰瘍から出血し吐血や下血で黒くコロコロした便がでます。

 

さらに悪化すると十二指腸の胃壁に穴が開き、強い腹痛でショック状態に陥るので緊急手術が必要になるので、気になる症状があったら早急に病院の受診をしましょう。

 

胃潰瘍:胃潰瘍は、胃の粘膜に炎症が生じて胃壁がえぐり取られたように見えるものを胃潰瘍と呼びます。

 

過労やストレスなど何らかの原因で自律神経の働きが乱れると、この胃酸と胃粘液の分泌のバランスが崩れてしまい、胃酸の分泌量が胃粘液 の分泌量を上回ってしまうことがあります。

 

その結果として胃の粘膜がダメージを受けてしまいます。

 

このように胃酸によって胃の粘膜が傷つけられた状態を胃潰瘍といいます。

 

胃潰瘍になってしまうと、食欲不振や胸やけ、酸っぱい感じのゲップや吐き気、食事後に起こる胃の鈍い痛みを感じるというのが一般的です。

 

さらに症状が進むと胃粘膜からの出血を伴い、吐血や便に血便が混ざり黒くなることもあります。

Sponsored Links

 

最近では、何度も再発する胃潰瘍や十二指腸潰瘍の発症にヘリコバクター・ピロリ菌が関係しているのではないか、と言われています。

 

ピロリ菌は、日本人の50%が感染しているともいわれていますので、胃の不快感が続く場合は早目に検査をしましょう。

 

胃の消化不良を改善する5つの方法とは

胃の消化不良を改善するために、一番見直してほしいのは生活習慣です。

 

規則正しい生活リズムと食生活の改善は、胃酸の出過ぎや胃酸による胃への刺激を抑えることができます。

 

では胃の消化不良を改善するための5つの方法をご紹介しましょう。

 

1、ストレスの発散:

「心身ともに健康」というように心とカラダは繋がっています。

カラダを動かすことは、日頃溜まっている心身のストレス発散に効果的です。また適度な運動は、カラダの血行を促し消化器官の活動を活発にしてくれます。

 

2、食事療法:

食べ物を噛む回数を増やし暴飲暴食をさけましょう。

 

また辛いスパイシーな食べ物やアルコールやカフェインなど刺激物は、胃の粘膜を刺激するので空腹時はさけチーズや牛乳などの乳製品で胃をガードし適量を心がけましょう。

 

また、胃の消化をたすける大根おろしや、胃の免疫を助けクスリとして使われるキャベジンでおなじみのキャベツ、納豆は胃がんを予防する抗酸化作用があるので、おすすめです。

 

3、禁煙する:

喫煙は、胃の粘膜や粘膜血流を低下させ血行障害を引き起こし胃の活動を阻害するので消化不良を招きます。さらに胃がんを誘発する原因となるので注意が必要です。

 

4、睡眠時間の確保:

夜間遅くまで起きていると胃酸が分泌され続け、しかも睡眠不足によるストレスで胃酸過多の原因になります。

 

胃酸の分泌をコントロールするには、睡眠時間を十分確保することが必要です。

 

睡眠が確保できれば副交感神経が正常に働き、消化に必要な蠕動運動の働きを助けます。

 

5、クスリを飲む:

胃の消化不良をおこす原因は、胃酸過多ばかりではありません。

 

年齢を重ねると、胃酸の分泌量が少なくなることで起きる胃炎もあるので自分で判断せず、病院で検査し症状にあったクスリを飲むことが大切です。

 

ピロリ菌の治療はクスリによる内服薬が効果的です。

 

胃の消化不良を改善するのに効果的な手のツボとは!?

・合谷(ごうこく):

親指と人差し指の付け根にあって、万能のツボで胃腸を整えます。

 

・商陽(しょうよう):

両方の人差し指の爪の付け根にあり、自律神経の働きを整え血行をよくします。

 

・魚際(ぎょさい):

手のひらの親指の付け根にあるふくらみの中央にあり、暴飲暴食などで弱った胃腸に働きかけ腹痛に効きます。

 

・大陵(だいりょう):

手と手首の境目の中心にあり、消化機能に働きかけ胃痛・嘔吐に効きます。

 

・内関(ないかん):

大陵のツボから指2本分下にあり、自律神経のバランスを改善し胃のむかつき強い吐き気を抑えます。

 

・労宮(ろうきゅう):

手のひらの中央にあり、ストレスやイライラを抑える効果があります。

ぜひ、おためしくださいね。

 

Sponsored Links