Sponsored Links

「子供や幼児が消化不良の時の食事とは?」

 

あなたは、消化不良を起こしてしまった経験ありますか?

 

おそらく誰しもが一度は消化不良になってしまった事があるのではないでしょうか。

 

そして消化不良の原因の多くは、『ファーストフードの食べ過ぎ』であったり、『睡眠不足』であったり、『ストレスの蓄積』などではないかと思います。

 

実際これらの症状は消化不良を引き起こしてしまう原因になると言われています。

 

例えばファーストフードの食べ過ぎであれば、多く含まれているタンパク質によって消化酵素を使い過ぎてしまい、残りの食べ物を消化しきれなくなってしまう、といった事態につながるのです。

 

胃痛や下痢は消化不良が原因?

 

ですから、くれぐれも食事のメニューは栄養バランスを考えながら決めるように心がけてください。

 

そして、そんな消化不良は大人に限らず子どもにも発生すると言われています。

 

なので今回は、子どもの消化不良という所にフォーカスしてお話ししていこうと思います。

 

子どもは大人と比べるとどうしても『健康に対する気配り』が出来ない傾向にありますから、保護者の方がしっかりと管理できるようにしていく必要があります。

 

なので、子どもの消化不良を引き起こさないためにも正しい知識を学んでいきましょう。

 

子供や幼児が消化不良を引き起こしてしまう原因とは

基本的に、食事における消化不良の原因は『食べているものが悪い』もしくは、『食べ方が悪い』という事の二つになります。

 

この食べているものが悪いという点は冒頭でも説明した通り、ファーストフードや肉料理などの食べ過ぎによって、タンパク質を消化できなくなってしまうという事が考えられます。

 

そしてこの食べ方が悪いというのはどういう事かというと、『しっかり噛んで食べていない』という事なのです。

 

子どもの場合は特にしっかりと噛まずにすぐに飲み込んでしまう傾向があります。

 

そのため、消化不良を起こしてしまう事になるのです。

 

ですから、食べ盛りな子どもには特に、『よく噛んで食べる』という事を教育しながら食事を取らせるようにしていく必要があるのです。

 

よく噛んで食べる事によって、唾液が分泌されて消化が早まります。

 

しかしよく噛まずに飲み込んでしまうと、唾液が分泌されませんし、口に入れた食べ物が細かくならずにそのまま胃に運ばれてしまいますので、どうしても胃に負担がかかってしまうのです。

 

そんな事を理解できている子どもなど殆どいないと思いますし、大人でさえ理解できていない人もいるくらいです。

 

なので、お母さんやお父さんがしっかりと子どもに『噛んで食べる事の重要さ』を教育できるかが重要になってくるという事です。

 

よく噛まずに食べ続けていると、顎の関節の形成にも悪影響が出てきてしまいますので、よく噛んで食べるという事を教えていくように心がけてください。

 

子供や幼児が消化不良を引き起こした時の症状

子どもが消化不良を引き起こしてしまうと、吐き気を催してしまう事が非常に多いです。

Sponsored Links

 

同時に発熱やけいれんが起こっていれば、ウイルス性の風邪である可能性が高くなります。

 

ですが、そうではない場合にはおそらく脂っこいものを食べ過ぎてしまった事や、よく噛まずに食べ過ぎてしまった事などが原因となります。

 

なので、もしそういった症状で嘔吐をしてしまった場合には、症状が治まるまでは何も食べさせないようにしましょう。

 

吐き気がおさまってきたら、お腹に優しいうどんやお粥などをゆっくり食べさせるようにしてください。

 

やはり嘔吐を引き起こしてしまうという事は、胃に相当な負担をかけてしまっている事の証拠とも言えます。

 

ですから、絶対に何かを食べる時には『よく噛んで食べる』という事を徹底させなければなりません。

 

柔らかい食べ物であったとしてもよく噛んで食べさせるくらいの心構えでも構わないと思います。

 

せっかく美味しいものを食べたのに吐いてしまうのは、子どもに可哀想な思いをさせてしまうだけです。

 

そして消化不良を起こしてしまう子どもは、なぜこのような症状になってしまったか分かっていないと思います。

 

なので、優しく声をかけてあげて、今後このような症状が起きないように、よく噛んでゆっくり食べるという方法をしっかりと教えてあげてください。

 

消化不良に効果的な食事法とは

消化不良にならないようにするためには、やはり『消化に良い食事』を徹底する事が最も効果的です。

 

例えば、肉料理などの『動物性食品』は、野菜などの『植物性食品』に比べて消化に時間がかかると言われています。

 

もちろん消化が遅い動物性食品も食べて良いのですが、やはり消化が遅い事もありますから、食べ過ぎは危険です。

 

なので、比較的消化が早い植物性食品を多めにとりれていく事で、消化不良を防ぐ事が出来ると言われています。

 

そして何より大事なのは『食事の栄養バランス』です。

 

やはり栄養バランスが偏っていると健康的にも良くありません。

 

食物繊維が含まれている食べ物をしっかりと食べなければ、腸内環境が悪化してしまい、便秘や下痢を引き起こしてしまう可能性が高まります。

 

ビタミンをしっかりと取らなければ肌荒れが引き起こってしまいます。

 

子どもは特に好きなものをたくさん食べたがりますから、どうしても栄養バランスが偏ってしまいがちです。

 

なのでそこも、お父さんやお母さんが『バランスよく栄養を摂る事の重要性』を教育できるかが重要になってきます。

 

そして子どもは好き嫌いが多い傾向にありますから、嫌いなものでも食べてくれるように料理に工夫をもたせていく事も非常に重要になってくるのです。

 

子どもは見た目だけで嫌いになってしまう事もありますから、見た目が全く異なるようにしたり、ハンバーグの具材のように細かく刻んで混ぜたりなどの工夫を凝らして子どもに食べてもらえるように工夫してみてはいかがでしょうか。

 

このように消化不良は、必ず何かしらの原因がありますので、その原因を改善していく事さえできれば確実に治す事ができるのです。

 

そして『健康的な生活』を心がけていれば基本的に消化不良が起こる事はありません。

 

食事のバランスや睡眠不足、ストレスなど、改善できるものはできる限り改善して、より健康で楽しい生活を送れるように頑張っていきましょう。

 

Sponsored Links