Sponsored Links

「社会不安障害で仕事がつらい!休職?」

 

仕事でうまくいかないと感じる事が続いたのがきっかけで、次第に会社の人と接する時に不安や恐怖を感じるようになり、コミュニケーションがうまく取れずに孤立してしまうのが、仕事上で見られる社会不安障害です。

 

職場では、常に様々なストレスにさらされますので、一旦社会不安障害を発症すると、克服するのは困難で、耐え難い不安や恐怖のために働けなくなってしまう場合もあります。

 

社会不安障害が原因で働けなくなってしまった時には、精神科や心療内科等の専門医で治療を受ける事が前提になりますが、病気の状況によっては休職は可能です。

 

休職については、直属の上司や会社側と相談の上で結論を出す事になりますが、休職期間には一定の上限がありますので、上限に達しても復職のめどが立たない場合は退職せざるを得なくなる場合もあります。

 

病状の回復の度合いによって、復職・転職・退職といった様々な選択肢が考えられますので、全ての可能性を念頭におきながら、焦らずに治療を受けましょう。

 

社会不安障害で何が特効薬になるかはその人によって異なります。医師から処方される抗うつ薬等の治療薬が特効薬になる人もいますが、全ての人にとって治療薬が特効薬になるとは限りません。

 

中には、一見治療とは関係がない日常生活での出来事がきっかけで社会不安障害を克服できる場合もありますので、治療法は病院にしかないと思い込まず、あきらめずに今自分にできる行動を起こしてみましょう。

 

仕事上で見られる社会不安障害とは

会社で日々の業務を行う上で、会社の人とのコミュニケーションは欠かせません。

 

しかし、職場では、仕事で大きな失敗をしたり挫折を経験したりした、会議やプレゼンテーションでうまく話ができない、職場になんとなく苦手な人がいる、異動や転勤で自分の周りの環境が大きく変わった等自分の思い通りにならない事も多々あります。

 

仕事でうまくいかないと感じる事が続くと、会社の人に心を開く事ができなくなります。それによって次第に会社の人と接する時に不安や恐怖を感じるようになり、コミュニケーションがうまく取れずに孤立してしまうのが仕事上で見られる社会不安障害です。

 

仕事上で見られる社会不安障害では、以下のような症状が見られます。

 

・職場の人と話ができない

・電話ができない

・電話に出られない

・会議で話そうとすると声が震える

・字を書いている時に手が震える

・昼休み等に一緒に食事に行けない

・職場の人が集まる飲み会を避ける

 

昇進をして発言の場が増える、仕事に対する自分の責任が重くなるといった不安や恐怖に耐えられず、昇進の話があっても断ってしまうといった深刻な事態に陥ってしまう事もあります。

 

また、職場で社会不安障害を発症しやすい時期としては、入社したばかりでまだ仕事に慣れていない時期、管理職についたり昇進したりして仕事に対する責任が重くなった時期が挙げられます。

 

職場では、自分の業務に対して責任を持たなければならず、常に様々なストレスにさらされますので、一旦社会不安障害を発症してしまうと克服するのが困難であるというのが実状です。

 

仕事は休職できる?

職場で働いている時に襲われる耐え難い不安や恐怖のために働けなくなった場合、仕事を休職する事はできるのでしょうか。

Sponsored Links

 

精神科や心療内科等の専門医で治療を受け、医師に「社会不安障害」という病名で診断書を書いてもらい、現時点で就労できない事を証明してもらうのが前提になりますが、病気の状況によっては休職は可能です。

 

まずは、直属の上司に現時点での自分の病状について相談し、会社側とよく話し合って休職するかどうか、またどの位の期間休職するかを決めましょう。

 

休職できる期間は、病状や会社側の事情によって変わってきますが、休職期間には一定の上限がありますので、上限に達しても病状の回復が見られず、復職のめどが立たない場合は退職せざるを得なくなる場合もあります。

 

休職後の病状の回復の度合いによって、その後の生活は大きく変わってきます。

 

休職期間中に回復して働ける見込みが立った場合は、同じ職場で復職するか、退職して他の職場へ転職するかを考える必要がありますし、休職期間が満了しても病状の回復の見込みがない場合は、退職せざるを得なくなります。

 

社会不安障害によって休職し、休職期間が満了しても復職できないために退職する時の退職理由は自然退職の扱いとなる事が多いですが、会社の規定によって異なります。病状が回復して働ける状態になり、失業保険を受給する場合には、退職理由が重要となりますので、退職前に会社に確認しておきましょう。

 

社会不安障害を理由とした休職は可能ですが、病状の回復の度合いは実際に治療を受けてみないと分からないものです。

 

精神的に追い詰められた状況ではなかなか考えられないものですが、自分の中で将来の目標を考える事で治療が進む場合もありますので、復職・転職・退職の全ての可能性を念頭に置きながら焦らず治療を受けるようにしましょう。

 

社会不安障害に特効薬は

社会不安障害によって引き起こされる不安や恐怖心は耐え難いもので、まずは、そういった不安や恐怖心から解放されて精神的に楽になりたいというのが、社会不安障害の患者さんの切なる願いです。

 

社会不安障害を治療するには、脳内のセロトニンのバランスを整える事によって不安や恐怖といった症状を抑えるSSRIと呼ばれる抗うつ薬を主に用い、必要に応じて抗不安薬やβブロッカーと呼ばれる薬を併用します。

 

このような薬で、不安や恐怖といった症状を和らげ、精神的に楽になれる事で考え方を変えられ、社会不安障害の克服に繋がれば、その人にとっては特効薬と言えます。

 

しかし、薬を飲んでいる間は症状が改善されても、不安や恐怖を引き起こしてしまう考え方を変えられず、根本的な社会不安障害の解消に繋がらなければ、その人にとっては抗うつ薬等の治療薬も特効薬とは言えないでしょう。

 

社会不安障害の治療は、一般的には薬物療法と精神療法を併用して行いますが、人によって最適な治療法は異なりますので、病院で行われている治療法以外の、一見治療とは関係ないのではないかと思われる事が、意外に特効薬となる可能性があります。

 

例えば、長い間会っていなかった友人との再会、新しい人との出会い、家で読んだ本・聴いた音楽・インターネット等で調べた情報が、不安や恐怖で閉ざされていた心を動かし、新たな人生の目標を見つけ出して社会不安障害を克服できるかもしれません。

 

社会不安障害の治療にマニュアルはありませんし、病院での治療しか方法がないというわけでもありません。

 

自分のできる範囲で気分転換をしたり、勇気を持って新たな行動を起こし少しでも前に進んだりする事が、思わぬ特効薬になるかもしれません。

 

社会不安障害の克服や治し方とは!?

 

Sponsored Links