「社会不安障害の克服や治し方」

 

社会不安障害とは、人前に出たりする等の緊張を強いられる特定の状況になると、極度に不安や恐怖を覚え、そのために日常生活に支障をきたしてしまう精神的な病です。

 

Sponsored Links

社会不安障害の特徴は、内気や恥ずかしがり屋といった性格の問題ではなく精神科や心療内科等での治療が必要であるという事です。

 

社会不安障害の治療法は、大きく分けて薬物療法と精神療法があります。薬物療法では、主にSSRIと呼ばれる抗うつ薬を用いますが、必要に応じて、抗不安薬やβブロッカーと呼ばれる薬を併用します。

 

一方、精神療法では、物事に対する不安や恐怖から逃げようとする思考を変えられるように様々な訓練を行います。

 

確かに、薬物療法によって社会不安障害から生じる辛い症状は和らぎますが、根本的に社会不安障害を克服するには、不安や恐怖を引き起こす思考を変えていく、また、自分の不安や恐怖を拒絶するのではなくあるがままに受け入れられるようにする必要があります。

 

つまり、患者さん自身の努力も非常に大切です。

 

また、社会不安障害を治療するための病院選びは慎重に行わなければなりませんが、まずは通うのに便利な場所にあるかを最優先に考え、その上で、クリニックと総合病院のそれぞれの長所を考慮し、どちらがより自分に適しているかを考えて決めていきましょう。

 

社会不安障害の症状や原因とは

社会不安障害とは、人前に出たりする等の緊張を強いられる特定の状況になると、極度に不安や恐怖を覚え、そのために日常生活に支障をきたしてしまう精神的な病です。

 

社会不安障害では、以下のような症状が見られます。

 

・極度の不安や緊張のあまり人と話せない

・大勢の人の前で話そうとすると声が震える

・人前で文字を書こうとすると手が震える

・食事をしているところを見られたくない

・会社で電話ができない

・電話に出られない

・飲み会など大勢の人が集まる会を避ける

 

といった症状が見られます。

 

社会不安障害が発症しやすい時期は思春期です。

 

思春期は、精神的にも変化が大きく不安定な時期であるので、何か人前で失敗をしてしまうと、一人で不安を抱え込み、思い悩んでしまいます。

 

そういった思い悩みを積み重ねる事で人と交わる事に極度に不安や恐怖心を抱くようになり、社会不安障害を発症してしまいます。

 

思春期以外では、職場で管理職につき、人前で話す機会が増えたり発言の責任が重くなったりする事や、子供が幼稚園や保育園に通うようになり、母親同士で会話する機会が増える事によって発症する場合もあります。

 

→社会不安障害で仕事がつらい?休職は?

 

あがり症でも社会不安障害と同様の症状は見られますが、社会不安障害があがり症と異なる点は、他人との交わりを避けるうちに孤立し、明らかに日常生活に支障をきたしているという点が挙げられます。

 

内気や恥ずかしがり屋といった性格の問題ではなく精神科や心療内科等での治療が必要な精神的な病であるという事です。

 

→あがり症克服へのアドバイス!克服方法は?潜在意識を変える!?

 

社会不安障害を発症しているにも関わらず、適切な治療をせずに放置しておくと、うつ病、パニック障害、アルコール依存症等の他の精神疾患を併発する可能性が高くなりますので、早期に適切な治療を行う必要があります。

 

社会不安障害の克服法や治し方

社会不安障害は、内気や恥ずかしがり屋といった性格の問題ではなく、精神的な病ですので、精神科や心療内科で専門医による治療を受ける必要があります。

Sponsored Links

 

社会不安障害の治療法は、大きく分けて薬物療法と精神療法があります。

 

薬物療法では、主にSSRIと呼ばれる抗うつ薬を用い、脳内のセロトニンのバランスを整えますが、必要に応じて、抗不安薬やβブロッカーと呼ばれる薬を併用します。

 

抗不安薬は緊張状態の緩和や不安の軽減に効果がある薬で、βブロッカーは緊張した時に出る心臓のドキドキ感(動悸)を抑える作用がある薬です。

 

確かに、薬物療法によって社会不安障害から生じる辛い症状は和らぎますが、物事に対する不安や恐怖から逃げようとする思考を変えられなければ、病気の根本原因を解消する事はできません。

 

そこで行われるのが精神療法です。精神療法では、どのような自分の思考によって不安や恐怖を感じ、苦しい思いをするのか、また、どのような思考に変えれば不安や恐怖が和らぎ、気持ちが楽になれるのかを医師と一緒に考えていきます。

 

また、あえて緊張する場面に身を置いてその場面に慣れ、今まで避けていた状況に立ち向かう方法を身に付ける訓練を行います。

 

さらに、森田療法と呼ばれる、たとえ不安や恐怖等の感情が出て来ても、「本当ならばこうあるべきだ」というとらわれを捨て、あるがままの自分を受け入れられるように治療を行う方法もあります。

 

社会不安障害は、病気の根本原因となっている思考を変えない限り、克服する事は不可能です。

 

精神療法によって、不安や恐怖を引き起こす思考を変えていく、また、自分の不安や恐怖を拒絶するのではなくあるがままに受け入れられるようにする必要があります。

 

社会不安障害を克服するには患者さん自身の努力も非常に大切なのです。

 

社会不安障害で仕事がつらい!休職?

 

病院選びのコツとは

社会不安障害の克服には長期間にわたり通院治療を行わなければなりませんので、病院選びは慎重に行わなければなりません。ですが、精神科や心療内科に関しては知人に病院の評判を聞くわけにもいきません。

 

では、病院を選ぶ際にどのような事を参考にすれば良いのでしょうか。

 

精神科や心療内科については、インターネットで調べてみれば、口コミで評判の良い病院は見つけられるでしょう。

 

ですが、社会不安障害を患っている患者さんの中には、外出する事に苦痛を感じる方も多いです。

 

どんなに評判の良い病院でも、通うのに時間がかかり過ぎれば次第に通うのが辛くなりますので、通いやすい場所にあるというのは大変重要な事です。

 

精神科や心療内科には、大きく分けて個人経営のクリニックと総合病院があります。

 

個人経営のクリニックでは、毎回同じ先生に診てもらえますので、一貫した治療が受けられますし、先生との相性が良ければ、クリニックに行って話すだけでも安心した気持ちになれます。

 

また、夕方や土日に診療を行うクリニックも数多くあり、時間の融通がききやすいのもメリットです。

 

一方、総合病院では、精神的な病だけでなく、同じ日に他科に通って他の病気も診てもらえますし、精神的な病と他科で治療を受けている病に関連性があれば、病気の治療が大きく進展するというメリットがあります。

 

先生と相性が良いか否かは、実際に通ってみないとなかなか分からないところもありますが、病院選びのコツとしては、まず、通うのに便利な場所にあるかを最優先に考えるといいですね。

 

その上で、クリニックか総合病院のそれぞれの長所を考慮し、どちらがより自分に適しているかを考えて決めていきましょう。

Sponsored Links