「セロトニンを増やす食べ物とは」

 

Sponsored Links

セロトニンとは

セロトニンとは、ノルアドレナリン・ドーパミン等と並んで、体の中で重要な役割を果たすものです。

 

分かりやすく言うに、三大伝達物質の中の1つです。

 

セロトニンはノルアドレナリン・ドーパミンなどによる[興奮作用]を抑えて心と体のバランスをとるための重要な伝達物質です。

 

セロトニン不足に陥ってしまうと、精神的な面でのバランスが崩れてしまい、暴力的[怒り]になってしまったり、うつ病発症の可能性が高いという報告があります。

 

また、セロトニンが発見発見された研究初期の頃は、脳の血管を収縮させて偏頭痛の原因になってしまうとされていました。

 

先程も事例を挙げた通り、セロトニンとは人の精神面で大きな影響を与えています。

 

心身の安定・心の安らぎ・etc…… にも大きく関与していることからオキトシンと共に[幸せホルモン]との別名もあります。

 

セロトニン不足に陥るとうつ病・不眠症etc…… の精神疾患になる危険性が非常に高まります。

 

セロトニンって何でできてるの?セロトニンの作用とは?

セロトニンと聞くと難しく考えがちですが、実際のところ日常にありふれた物質のひとつです。

 

自然界の動物・植物に含まれる物質[トリプトファン]から生合成されたものです。

 

人の体内には10ミリグラム程存在していて、その中の約90%が小腸の粘膜の細胞内にある為、近年急増しているIBS[過敏性腸症候群]などの症状といった病気にもセロトニンが関与していると考えられています。

 

体内の残り10%の中の8%は血小板に吸収されて血液循環を通じて体内を回っています。

 

血中のセロトニンは、[止血作用]・[血管の収縮作用]etc……があり、この中の[収縮作用]が偏頭痛の要因の一つとされています。

 

体内の【残りわずか2%】が脳内の中枢神経へと作用して、精神面に大きな影響を与えます。

 

セロトニンの作用が鈍くなる、また不足したりするとう【うつ病】etc……の精神疾患になったり、かえって血中のセロトニンの濃度が濃くなりすぎると【セロトニン症候群】と呼ばれる中毒症状になったりするなど、人間の精神状況へと大変大きく影響を及ぼしてしまうのです。

 

セロトニンが減る原因や減った場合は?

現在、大多数の現代人はセロトニン不足の問題に直面しています。

 

近年多くのニュース等に取り上げられているうつ病患者の増加や自殺、また怒りやすい未成年者の増加etc……セロトニン不足がたいへん大きな要因となっております。

 

そこで、セロトニンはなぜ減るかを考えていきましょう。

Sponsored Links

 

まず大きな要因として挙げられるのが、現代人特有の問題【過度なコンピューター操作】【テレビやゲーム漬けの日々】【運動不足】【昼夜逆転の生活リズム】などなど、様々な要因が身近にあるのです。

 

本来は規則正しい生活リズム・運動・日光を浴びることで自然と活性化されていくのセロトニン神経も、この様な不規則な生活習慣をしていては衰退していく一方です。

 

まず第一に考えることとして、セロトニンを増やす事の前にセロトニンを減らすことをしない様に、【規則的な生活習慣】【日光浴】【運動】【バランスのとれた食事】を心がけてください。

 

セロトニンを増やす方法や食べ物とは

セロトニンを増やすには・・・

【日光を浴びる】

朝日の弱い光が網膜を刺激し、セロトニン神経が活発化します

 

【軽い運動】

過度な運動といった運動はする必要はなく、ウォーキング程度の軽い運動はセロトニンを活発化させるにとても効果的です。

 

【食べ物をしっかりと噛む】

何かを噛むということは立派な運動です。ガムなどを噛むことで効果的に活性化されます。

 

【泣く】
泣くことによってセロトニン神経が活性化してストレスが流されます。週に一回は、泣ける本や映画を見て泣きしてみてください。

 

【口角をあげる】

広角を上げ笑顔を作ると、脳が楽しいのと勘違いしセロトニンが活発化します。

 

【声を出す】

運動や呼吸法の両方が一緒に行えるとても効果的な方法です。歌を歌ってみるのも効果的な方法です。

 

— セロトニンを含む食材 —

セロトニン分泌に欠かせない、

アミノ酸の一種[トリプトファン][ビタミンB6が必要となります。

 

セロトニンを増やす呼吸法

まず、呼吸は精神状態と大きく繋がりがあると言われています。

 

一定の感覚[リズム]で深く呼吸する[深呼吸]ことによってセロトニン神経は活性化されます。

 

ここでのコツは、呼吸に集中し呼吸に集中し、一定のリズムで深く呼吸するということです。

 

例えば……

『5秒息を吸って、10秒で息を吐く、また吐く』

『姿勢を正した状態で10回以上行ってみる』

 

など難しいことはなく簡単なことです。

 

現在、有名なヨガの様に気軽に出来ることなので、是非寝る前などでもいいので実践してみることをオススメします。

 

【まとめ】

きちんと規則正しい生活習慣とバランスのとれた食事を摂取することによってセロトニンは活性化し体内のバランスは取れます。日々の日常生活の小さなところから心がけて実践していきましょう。

 

Sponsored Links