赤ちゃんがRSウイルスで咳?大人は喉の痛みや頭痛!?

 

あなたはRSウィルスというものをご存知でしょうか?

 

Sponsored Links

このRSウィルスというのは、秋から冬の寒い季節に流行する感染症です。

 

RSウィルスは、乳児に感染してしまうと重症化する可能性がある病気として知られていて、非常に危険な病気の一つでもあるのです。今回は、そんなRSウィルスについてご紹介していこうと思います。

赤ちゃんのRSウイルスの症状!咳がでる!?

このRSウィルスというのは、赤ちゃんだけに感染するウィルスというわけではなく、大人にも感染する可能性がある病気です。

 

そのため、知らぬ間のうちに大人から乳児に感染してしまう可能性もあるので、赤ちゃんがいる家庭の方などは特に注意が必要なのです。

 

では、もし赤ちゃんがRSウィルスに感染してしまったらどのような症状が出るのか?

 

まずは赤ちゃんのRSウィルスの症状についてご紹介していこうと思います。

 

基本的にRSウィルス感染症の症状は、咳や鼻水、発熱などの症状が現れるのですが、そこまで重症化する事はありません。

 

ただ、乳児の場合は38度以上の高熱を起こしてしまう可能性が高いと言われています。

 

さらに場合によっては呼吸が浅くなったり、痰が詰まったりして、突然死してしまう可能性もあるのです。

 

ですから、大人がRSウィルスに感染しても重症化してしまう可能性は決して高くないのですが、乳児に感染してしまうと非常に危険な病気の一つでもあるという事です。

 

このRSウィルス感染症の感染経路は主に飛沫感染と接触感染となっています。

 

ですから、お父さんやお母さんがRSウィルス感染症に感染してしまうと、必然的にその子ども達も感染してしまうリスクが高まってしまうという事です。

 

ですから、もし感染してしまった場合には出来るだけ他の方との接触を避けて、安静に過ごすようにしましょう。

 

RSウィルスというのは一般的な風邪と症状が非常に似ているので、RSウィルスに感染したと気付かないまま完治していると言うケースも少なくありません。

 

また、重症化してしまう可能性もある感染症だという事をお話ししましたが、多くの場合は軽症で済むと言われています。

 

そしてさらに、RSウィルス感染症は生涯のうちに何度も感染する可能性がある感染症なので、一度かかったから免疫が出来て感染しなくなるという事はありません。

 

なので、日頃から健康的な食生活を心がけて、感染しないように予防していく事が重要と言えます。

 

大人のRSウイルスの症状!喉の痛みや頭痛?

大人がRSウィルスに感染した場合の症状も、基本的に一般的な風邪と症状は一緒なので、RSウィルスであるかを見極めるのが難しいと言われています。

 

大人のRSウィルスの症状の赤ちゃんが感染した場合の症状とほぼ一緒で、咳や鼻水、痰、発熱などが主な症状と言われています。

 

そして大体のRSウィルスが一週間ほどで完治しますので、本当に一般的な風邪と似ているという特徴があるのです。

 

ただ、大人になるにつれて免疫が少しずつ付いていくので、感染しないという事はありませんが、症状は軽く済むようになっていく傾向にあります。

Sponsored Links

 

それが大人のRSウィルスは軽症で済むと言われている理由なのです。

 

また、大人のRSウィルスの潜伏期間は平均4日から6日で、ピークは11月から12月くらいの寒い季節になると言われています。

 

寒い季節になると空気が乾燥しやすくなり、ウイルスも繁殖しやすくなる傾向にありますので、11月から12月にかけては大人の方でも特に注意深く生活する必要があります。

 

ただ、大人の方は子どもよりも多くの人々と接触する機会があるので、感染してしまうリスクは高いと言われています。

 

例えば、職場の中であったり、満員電車の中などです。

 

これらの場所には大勢の人が同じ空間にいるというだけでなく、手すりやドアノブなど、間接的に接触する機会も非常に多くなっていますので、そういった所からの感染も非常に多くなっています。

 

ですから、出来るだけ手洗いうがいをしっかりと行っていくように徹底していく事が重要と言えます。

 

また、社会人の方の中には残業などが続いて疲労を蓄積してしまっている方も少なくないと思います。

 

疲労が溜まっている時には免疫力が落ちているのでRSウィルスが感染しやすくなりますし、症状が悪化してしまって肺炎や気管支炎などを起こしてしまう可能性も決して無くはないのです。

 

ですから、健康的な体をキープできるような生活を心がけることが重要と言えます。

 

RSウイルスの予防法や治療法とは

ここまで詳しくご紹介してきたRSウィルスですが、具体的にどのような予防をしていけば良いのか、そしてもし感染してしまった場合にはどのような治療を行っていくべきなのかが分からないという方も多いのではないかと思います。

 

なので、具体的にどのような予防、治療を行っていけば良いのかをご紹介していきます。

 

まず、もしRSウィルスに感染してしまった場合の治療法として最も効果的なのは、やはり十分な栄養と休息をとって安静にするという事です。

 

大人の場合は免疫力が付いているので基本的にはRSウィルスに感染する可能性は子どもよりも低いですし、感染したとしても重症になる可能性は低いです。

 

しかし疲れやストレスが溜まっていると重症化してしまい、子どもにも感染する可能性は高まってしまいますから、しっかりと栄養と休息を取るという事が非常に重要になるのです。

 

もちろんこれは予防法としても言える事です。

 

日頃から栄養と休息をしっかりと取ってRSウィルスに感染しないような体作りをしていく事が重要なのです。

 

また、RSウィルスにはのどの痛みなどが出てくる事もありますので、そういった場合はトローチを舐めたり、ビタミンを豊富に含んだフルーツやサプリメントなどを活用して、回復を待つようにしてください。

 

乳児も大人と同じように、基本的には安静にさせて栄養を補給するという事をしっかりと行うようにしてください。

 

ただ、乳児の場合は重症化してしまう可能性も考えられるので、もし高熱が出てしまった場合などは、必ず病院へ行って診察を受けるようにしてください。

 

Sponsored Links