Sponsored Links

「流行性耳下腺炎で大人は?子供含め、2回もかかる?」

 

一般的に『おたふく風邪』と呼ばれている『流行性耳下腺炎』ですが、多くの方は子どもに発症する病気として認識されているのではないかと思います。

 

実際子どもに発症する可能性が高い病気として知られておりますが、流行性耳下腺炎は大人にも発症する可能性はあると言われております。

 

そこで今回は、大人の流行性耳下腺炎を中心に、詳しくご紹介していこうと思います。

 

例えば、大人の流行性耳下腺炎の症状や原因についてだったり、流行性耳下腺炎で子どもの症状や原因はどのようなものなのか?であったり、流行性耳下腺炎は大人や子どもも2回以上かかることがあるのか?といったことなどについて詳しく解説していきますね。

 

大人の流行性耳下腺炎の症状や原因とは

流行性耳下腺炎を発症すると、耳下腺が腫れ上がり38度以上の高熱が出ると言われておりますが、大人が流行性耳下腺炎にかかると、40度以上の熱になってしまう可能性が高いと言われております。

 

基本的に子どもの頃に流行性耳下腺炎になったことがある方は大人になってから再び流行性耳下腺炎になる事はないと言われております。

 

しかし、子どものころに流行性耳下腺炎になった経験がない方の場合は、大人になってから流行性耳下腺炎に感染する可能性はありますので気をつけるようにしましょう。

 

大人の場合でも、流行性耳下腺炎に感染する原因は主に飛沫感染だと言われております。

 

ですから、流行性耳下腺炎にかかっている子どもと接するのは非常に危険ですので、もし一度も流行性耳下腺炎にかかった事がない方は出来るだけ流行性耳下腺炎を発症した子どもとは接触しないようにしましょう。

 

流行性耳下腺炎の予防接種の副作用やワクチンの値段は?

 

大人が流行性耳下腺炎にかかると、どもよりも高い熱が出て、さらには激しい関節痛を引き起こす可能性も高いと言われております。

 

ですから、発症した場合には出来るだけ安静にして、症状が治まるまでは外出しないようにしましょう。

 

流行性耳下腺炎で子供の症状や原因とは

子どもが流行性耳下腺炎にかかった場合にも、大人ほどではありませんが高い熱が出ると言われております。

 

そして耳下腺というものが存在する頬のあたりが腫れあがるという症状が出てきます。

 

この症状が出てくるのは発症してからで、ウイルスに感染したらすぐに出てくるものではありません。

Sponsored Links

 

そのため流行性耳下腺炎は初期症状で発見する事が難しい病気だと言われております。

 

だからこそ、流行性耳下腺炎に感染している事に気がつかないまま学校に行ってしまい、他の多くの生徒に感染してしまう可能性が高い病気だと言われているのです。

 

なので、できるだけ学校での感染を防ぐためにも、そして他の生徒に移さないようにするためにも、予防接種をしっかりと受ける事が大事になってくるのです。

 

流行性耳下腺炎で出席停止?潜伏期間は?検査の方法は?

 

決して亡くなってしまう可能性が高い病気ではありませんが、それでも高い熱が出たり、場合によっては吐き気や嘔吐といった症状が出てくる事もあるので、非常に辛い思いをしなくてはならなくなります。

 

ですからそういったリスクをできるだけ低くするためにも予防接種は受けるようにしましょう。

 

流行性耳下腺炎は大人や子供も2回かかることがある!?

まれに、子どものころに流行性耳下腺炎に感染したのに大人になってもう一度流行性耳下腺炎のような症状が現れる方がいらっしゃいます。

 

しかし、流行性耳下腺炎は一度感染すると体に抗体ができますので、その後に再び感染する事はほとんどないと言われております。

 

では、再び流行性耳下腺炎の症状が出てくる人がいるのは何故なのかと言うと、流行性耳下腺炎ではなく『反復性耳下腺炎』である可能性が非常に高いです。

 

この反復性耳下腺炎というのは、耳下腺にアレルギー反応がでたり、ウイルスが感染することによって引き起こる事があると言われております。

 

流行性耳下腺炎と非常に似た症状ではあるものの、違う病気です。

 

流行性耳下腺炎は他人に感染する可能性があるので他の人との接触を出来るだけ控える必要がでてくるわけですが、この反復性耳下腺炎は他人に感染することはないと言われております。

 

なので、長期間家で療養する必要もなく、症状さえ治れば普段通りの生活を送ることもできますし、多少無理をしても仕事に行くのは問題ありません。

 

この反復性耳下腺炎を予防するためには、口の中を清潔に保っておくことが重要だと言われております。

 

唾液に含まれたウイルスによって発症する可能性があると言われているので、できるだけ日々の歯磨きをしっかりと行って、口の中を清潔に保つようにしていきましょう。

 

Sponsored Links