「乳腺炎の白斑の原因!薬やマッサージで治療!?」

 

乳腺炎は、乳頭や乳輪などに傷がつき、その傷から菌が入ることによって乳腺から母乳が出にくくなってしまったり、激しい傷みを感じてしまったりする病気です。

Sponsored Links

 

今回は、そんな乳腺炎の症状としてよく見られる乳腺炎の『白斑』についてであったり、乳腺炎は薬やマッサージなどによっても改善できるのか?ということであったり、乳腺炎の適切な治療方法などについて詳しく解説していきますね。

 

乳腺炎の白斑の症状や原因は?

赤ちゃんが生まれて授乳をするようになることで、初めて『白斑』という言葉を耳にしたという方も少なくないのではないかと思います。

 

授乳中にできる白斑は、赤ちゃんに触られたり吸われたりしてしまうと傷みを感じます。

 

また、水泡のように膨れてしまうこともありますし、この白斑が原因となって乳腺炎を引き起こしてしまうことも少なくないので、しっかりと原因を理解して対処していく必要があるのです。

 

では、なぜ授乳中に白斑ができてしまうのでしょうか。授乳中に白斑ができてしまう理由としてはいくつか存在するのですが、大きな理由としては3つほどあると言われています。

 

それが、『食生活』『ストレス』『母乳のあげ方』の3つです。

 

1つ目の食生活ですが、授乳中の食生活というのは、母乳の質に直結してしまいますので、特に注意が必要なのです。

 

ですから理想としては低脂質且つ低糖質な食生活が良いとされています。

 

しかしケーキや揚げ物、肉料理など、高脂質で糖質も高い料理ばかりを食べていると、母乳が詰まりやすくなってしまいます。

 

一見チーズやヨーグルトなどの乳製品は、栄養価も高くて授乳中の食事に向いていると思われがちですが、高脂質なので食べ過ぎには気をつけるようにしてください。

 

2つ目のストレスですが、ストレスが溜まってしまうと血行が悪くなるので、授乳もしにくくなってしまうのです。

 

授乳期間というのは特に大変な時期でもありストレスが溜まりやすいので、出来るだけストレスを溜め込まないように、ストレスを発散する機会を設けるようにすることが重要です。

 

そして3つ目の母乳のあげ方ですが、赤ちゃんがおっぱいを吸う時は出来るだけ口を大きく開けてもらい、乳輪全体を含ませるようにして授乳するのが理想的と言われています。

 

乳腺と言うのは乳頭を中心に放射線状にあるものなので、抱き方を変えていろいろな角度から飲ませてあげるようにすることでも白斑を防ぐことが出来ます。

 

乳腺炎は薬やマッサージで治せる?

乳腺炎は、マッサージをすることによっても改善できると言われています。

 

乳腺炎になってしまうと、乳房の中には悪い母乳が残っていることになりますので、一旦それを取り除くとともに入館の詰まりを改善する必要があるのです。

 

基本的に乳腺炎のマッサージは自分で行っても効果を得られるのですが、やはり最も効果的なのは母乳外来でマッサージを受けるのがおすすめです。

 

マッサージをすることによって、胸の基底部をはがして血行を良くすることができます。

 

そして搾乳をすることによって古い母乳を排出して母乳の質を高めることも可能です。

 

そして乳腺炎が再発しないように、乳頭を柔らかくして、母乳が飲みやすい状態にすることもマッサージでは可能なのです。

Sponsored Links

 

このようにマッサージをするだけでも乳腺炎を改善していくことは可能なので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

やはり病院へ行ってマッサージを受けるのが最も効果的ではありますが、自分で行ってもある程度の効果は見込めますのでお勧めです。

 

また、もしマッサージに行くのであれば、炎症を起こしていると感じた時にすぐ病院へ行ってマッサージを受けるようにしてみてください。

 

やはりタイミングは早いに越したことはありませんし、放置しておくと症状が悪化してしまう可能性もあります。

 

乳腺の詰まりを取り除く際は傷みを感じることもありますが、詰まりを取り除くことができれば乳腺炎も改善できますので、まずは乳腺の詰まりを改善できるように処置していくことが重要と言えます。

 

また、乳腺炎の主な症状として挙げられる熱や寒気、頭痛などは、体全体が冷えて血行が悪くなることによって起きやすくなると言われています。

 

ですから、体全体を温めて血行を良くすることも改善に必要な一つの手段なのです。

 

そんな『体を温めて血流を良くする』という効果を実現してくれるのが『葛根湯』なのです。

 

葛根湯にはまさに体を温めて血行を良くしてくれる効果がありますので、乳腺炎にも効果的ということになるわけです。

 

ですから、もし体が冷えてしまっていて、血行が悪くなっていると感じた場合には、葛根湯を服用して体を温めるようにしてみてください。

 

乳腺炎の適切な治療法とは

もし乳腺炎になってしまった場合に最も重要なのは『適切な治療を行っていく』ということです。

 

間違った治療法をしてしまえば当然症状は悪化してしまいますので、正しい治療をしていくことが大切です。

 

では、乳腺炎になってしまった場合にはどのような治療法が適切なのでしょうか。

 

まず一番重要なのは、『授乳を継続して行う』ということです。

 

授乳を途中でやめてしまうと、余計に乳腺が詰まりやすくなってしまいますので、授乳のリズムを出来るだけ崩さないようにすることが重要と言えます。

 

もし傷みが強すぎて授乳ができないようであれば、病院へ行って診察を受けるようにしてください。

 

そして、十分な休息を取りつつ食生活を改善する、という事も重要な治療法の一つです。

 

乳腺炎は、普段の生活に何かしらの問題がある方になりやすい病気ですから、生活を改善していく事は乳腺炎を改善するためにも非常に重要な要素の一つなのです。

 

特に食生活は大事で、高脂質、高糖質な食事ばかりを摂っていると、母乳がドロドロになってしまい、余計に乳腺が詰まりやすくなってしまうのです。

 

ですから、食物繊維が豊富な野菜や白身魚などを積極的に食べるようにして、母乳の質が良くなるように改善していきましょう。

 

乳腺炎の症状で熱や関節痛、頭痛、吐き気、赤み?食べ物で改善?

 

基本的に乳腺炎になってしまった場合は、まず病院へ行って診察を受ける事をお勧めします。

 

特に傷みが激しい場合は、鎮痛剤などを処方してもらう事もできますし、適切なマッサージを受ける事も出来ます。

 

乳腺炎に初めてかかってしまった場合などは特に病院へ行って診察を受ける事をお勧めします。

 

Sponsored Links