Sponsored Links

乗り物酔いを治す!飲み物やツボで対処?

 

身の回りで乗り物酔いと言えばバスが代表的ですが、最近は自家用車にミニバンを選択されること多くなり、ご自宅の車でも乗り物酔いを起こす話を良く耳にします。

 

バス・車だけではなく、身近な乗り物として通勤・通学・移動手段時に使ったりする電車・バス・タクシー、遊園地のアトラクションやジェットコースター、遊覧船や釣り船などもありますね。

 

日常生活や遊びに出てくる乗り物ですが、酔ってしまわれる方にとっては楽しい乗り物であっても厳しい状況に置かれます。

 

さて、乗り物酔いを一言でいえば「気分が悪くなり具合が悪くなるもの」ですが、こう言えば少し大げさでしょうか。

 

動揺病や加速度病とも言われる一過性の症状がでる疾患の一つです。

 

一過性と言うことですが、酷い人になると回復するまで1日かかったりする人もいて、症状を緩和できるまで大変な苦痛を伴います。

 

人によって症状が出る乗り物酔いですが、いったい乗り物酔いはどうしておきるのでしょうか?効果的な対処法はどのようなものなのでしょうか?

 

乗り物酔いの原因や症状

まず、人間には三半規管と言う平衡感覚をつかさどる器官が、内耳と呼ばれる耳の一番奥にあります。カタツムリの様な形をした3つからなる半規管の事を指しますが、この三半規管が乗り物などに乗った時に関係してきます。

 

体にかかる揺れや振動、加速・減速によって三半規管が刺激と感じると平衡感覚がずれます。

 

そして目から入る情報と平衡感覚のずれの情報違いが脳へ伝わり、脳が混乱し身体の機能をを維持している働きを持っている自律神経系が乱れ、乗り物酔いと言われる様々な症状が出てきます。

 

また、胃腸の調子が悪い、疲れが溜まっている、不快と感じてしまう匂い、不安やストレス・トラウマ等の精神的なものも乗り物酔いを誘発すると言われています。

 

さて症状ですが、吐き気・めまい・顔面蒼白・冷や汗・手足が冷たくなる・動悸・嘔吐など症状は人それぞれです。

 

ですが、不快なことには変わりありません。

 

乗り物酔いの薬!子供は?副作用は?効くのか?

Sponsored Links

 

乗り物酔いをなそう方法

寒い日の厚着や、きつめの洋服やベルトなども原因となりやすいので、ゆったりとした服を選んだり、ベルトを緩めた方が良いでしょう。

 

本を読んだり、ゲーム機や携帯・タブレットなどの操作は、目を動かす動作が細かいので止めましょう。

 

三半規管をずれさせないためには、乗り物の進行方向が見える位置に座ったり、遠くの方の景色を見るようにすることが大事です。

 

窓を開けて、新鮮な空気の入れ替える方法もあります。ですが、車の多い場所等では排気ガスの臭いで酔うこともあるので、注意してください。

 

眠ったり、おしゃべりしたりするのも気分を紛らわせるので効果的と言われています。また、チョコレートや飴は、血糖値が上昇して脳が覚醒し、車酔いを防止してくれます。

 

ガムも気を紛らわすだけでなく、噛むことにより唾液を出すので三半規管のバランスを整えます。特に梅干しは大量の唾液を出すので効果があると思われます。

 

乗り物酔いに効果的な飲み物や対処法とは

飲み物としては炭酸水が効果的です。胃の調子や自律神経を整えたりします。また、炭酸水のアルカリ成分が体の調子を整えてくれます。また、色々なツボも効果があります。

 

手の甲の親指付け根の人差し指寄りに、触るとわかる窪みがあります。これが合谷(ごうこく)というツボです。

 

左右の手のどちらでも良いですが、そこをぐーっぅと3秒位押す・離すを繰り返すと効果があります。これは乗り物酔いだけでなく、頭痛や生理痛にも効果的です。

 

手首付け根から肘の方へおよそ指3本分の骨の間に、内関(ないかん)、足の人差し指の中指寄り側の爪の横部分を兌(れいだ)。これらのツボも乗り物酔いに効果があります。

 

内関は合谷よりもちょっと長く押すことを繰り返すと効果があります。

 

また、車に乗る30分前に米粒のような小さいものを内関にあて、絆創膏等で貼っておくのも効果があるそうです。

 

兌は押したり、引っ張ったり揉んだりとマッサージするのが良いでしょう。

 

乗り物に酔ってしまっても、これらの方法を試してみて、自分にあった対処法を見つけてみるのもおすすめですね。

Sponsored Links