Sponsored Links

「日射病とは?熱中症と日射病の違い!」

 

暑い季節になると特に心配なのが、熱中症や日射病などといった暑さから引き起こる病気ではないかと思います。

 

特に子どもの場合は大人よりも外で遊ぶ機会が圧倒的に多い為、日射病や熱射病になってしまう確立も高くなると言われています。

 

ただ、大人だから日射病や熱射病にかかりにくいという訳ではありませんし、室内にいれば絶対に熱中症や日射病にはならないという訳でもありません。

 

なので、とにかく体調管理をしっかりと行うようにしていきましょう。

 

また、あなたは『日射病』と『熱射病』の違いをご存知でしょうか?

 

おそらく違いが全く分からないという方も多いのではないかと思います。

 

そこで今回は、日射病と熱射病の違いを始めとして、日射病の原因や主な症状、日射病や熱射病の予防法などについて、詳しくご紹介していこうと思います。

 

日射病の症状や原因とは

日射病というのは、頭に長い時間直射日光を受け続ける事によって起こる病気と言われています。

 

日射病の前触れとして、身体が怠くなったり、吐き気を催したり、あくびが頻繁に出たりなどの症状が挙げられれます。

 

なのでこれらの症状が現れた時には、すぐに日陰の涼しいところで安静にする事が必要となってくるのですが、それでも直射日光に当たり続けてしまうと、頭痛や意識障害などの深刻な症状が現れてくる可能性が出てきてしまいます。

 

非常に危険ですから、まめに水分補給を行って、夏の暑い日などは特に直射日光に長時間当たり続けるのは避けるようにしてください。

 

では、日射病というのはなぜ引き起こるのか?

 

日射病の主な原因は、『水分不足』だと言われています。

 

真夏の炎天下で長時間激しい運動をしたり、長時間仕事をしたりすると、大量の汗をかいてしまうと思います。

 

そんな状況でも水分補給を行わずにいると、心臓へ戻る血液の量が徐々に少なくなってしまうのです。

 

そのため、全身に水分を送り届けることが徐々に難しくなってしまい、結果的に脱水症状を引き起こしてしまうのです。

 

これが日射病の原因と言われています。

 

日射病は非常に危険な病気で、最悪の場合は死に至る場合もあるのです。

 

ですから、夏場はとにかく水分補給をしっかりと行うように心がけていきましょう。

 

どんな病気にも言えることですが、早期発見に越したことはありません。

 

少しでも体調に異変を感じたら、運動をするのをやめたり、仕事を中断したりして、必ず水分補給をすると同時に休息を取るようにしましょう。

 

頭痛を感じたり、意識がもうろうとしている状態で休息しても、すでに日射病にかかってしまっていますので、危険な状態です。

 

そういった症状が起きる前に、対処できるように心がけてください。

 

日射病と熱射病の違い

日射病という言葉と熱射病という言葉。

 

どちらもよく耳にする言葉ではないかと思います。

 

これら二つの病気は同じと捉えられている方も多いのではないかと思いますが、実は日射病と熱射病は別の病気なのです。

 

日射病というのは、先ほども説明した通り、炎天下でスポーツをしたり、仕事をすることによって体内の水分が奪われてしまって起こる病気です。

Sponsored Links

 

対して熱射病というのは、体の熱が体内にこもってしまうことによって体温が高くなり、そんな高い体温に体が耐えきれなくなることによって引き起こる病気と言われています。

 

なので、熱射病は決して外にいる時にだけ発症するという訳ではなく、さらに冬場でも起こる可能性がある病気なのです。

 

例えばですが、真冬の室内はほとんどの場合が暖房を効かせている状態にあると思います。

 

そんな室内で厚着をしたまま眠ってしまえば、当然服の中に熱がこもってしまいます。

 

すると、真冬なのに熱射病の症状が出てきてしまうことがあるのです。

 

ですから、熱射病は季節に関係なく発症する恐れがあり、さらに屋内、屋外も関係なく発症する恐れがあるので体温調節には気を使っていく必要があるという事です。

 

我々人間が汗をかくのも、熱射病にならないようにするために汗で体温を落とそうとしているからだと言われています。

 

ですから、汗をかくという現象は非常に重要なものなのですが、だからと言って水分を補給せずに汗をかきつづけてしまうのは非常に危険な事です。

 

熱射病を防ごうとして汗をかく事が、そのまま日射病を引き起こしてしまう可能性もありますので、水分補給や体温調節、室内であれば、室内の温度調節もしっかりと行うように心がけていきましょう。

 

日射病・熱射病の予防や対処法とは

日射病の場合は、やはり最も暑くなる7月と8月が危険だと言われています。

 

7月や8月は日差しも非常に強いので、外出時には日傘を差したり、帽子を被ったりして頭部に熱がこもらないように気をつけていく事が重要となります。

 

また、外での仕事であったり、外でスポーツをしたりする場合は、必ずこまめに水分補給をするように心がけてください。

 

やはり夏は大量に汗をかきますので、その分しっかりと水分を補給する必要が出てきます。

 

基本的に、喉が乾いてしまった状態はすでに体内の水分が不足している事を示していますので、喉の渇きを感じる前に水分を補給するのが適切だと言われています。

 

こまめにしっかりと水分補給をするようにしてください。

 

また、大人の方であれば、夏場は外でビールを飲む機会が増えるかと思います。

 

ビール飲む事は決して悪くはないのですが、ビールには利尿作用があり、体内の水分が奪われやすくなってしまいます。

 

そのため、水分補給のつもりでビールばかりを飲んでしまうと、逆に体内の水分が失われてしまう可能性もありますので、ビールを飲む場合にはしっかりと水やスポーツドリンクも用意するようにしてください。

 

そして、熱射病の予防としては、服装が非常に重要になってきます。

 

やはり厚手の服を着ているとどうしても体の熱がこもってしまいます。

 

なので、出来るだけ通気性の良い服を選んで着るようにする事で熱を逃がしやすく出来るので、薄手の服を選ぶように心がけてください。

 

というわけで、日射病や熱射病についてご紹介してきました。

 

夏場は外で遊ぶ機会も増えますから、その分どうしても汗をかく量も増えてしまいます。

 

なので、しっかりと水分補給をして、体調管理を徹底した上で夏を楽しむようにしてくださいね。

 

Sponsored Links