Sponsored Links

「熱射病で頭痛が治らない?手のしびれや鼻血も?クエン酸で対策?」

 

毎年、梅雨が明けた頃から気を付けないといけない熱中症ですが、年々と増えています。

 

特に、夏の暑い真夏日や猛暑日が続く時は熱中症になりやすく、体力がない子供や年配の方は、一層と気を付けないといけません。

 

そこで、熱射病にならないように、原因と対処法を覚えて置く事も大事な事です。

 

そして、予防方法として、食事で予防、身体で体感温度にて予防が出来ますので、実践して見ませんか。

 

熱射病で頭痛が治らない症状と原因、対処法は?

真夏日や猛暑日が続く中で、頭痛に悩まされている事がありませんか。

 

特に、暑い日に起こる頭痛は熱中症の症状ですが、その中の熱射病の症状になりますので気を付けないといけません。

 

【熱中症の症状】

屋内外関係なく最高気温が30度以上超えると熱中症の症状として起こしやすく、死亡率も高くなります。

 

熱中症の前触れ!鳥肌や貧血、寒気?治療は微温湯で温める?

 

【熱射病の症状】

中枢機能に異常が起こり、それによって体温調節の働きが出来ず、体温が40度以上上昇します。

時には高度の意識障害起、多臓器不全が起こります。

また、処置をせず放置した場合は、後遺障害が残る事もありますし、最悪の場合は死に至ります。

 

 

【熱中症および熱射病の症状】

・めまい

・失神

・頭痛

熱中症の処置で幼児は?頭痛が治らない!後頭部も?夜の場合は?

 

・吐き気

・体温上昇

・異常な発汗

・発汗がない

 

など症状が起こりやすくなります。

 

そこで、熱中症の症状と熱射病の症状の違いや分類と重症度についてと考えて見ましょう。

 

熱失神:重症度1

熱痙攣:重症度1

熱疲労:重症度2

熱射病:重症度3

熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病と4つの分類を含めての総称となります。

 

 

【重症度の分類】

1度:軽症。日影で体を休めて、水分補給で回復が出来ます。

2度:中程度症。病院で受診して補水液など処置を受けましょう。

3度:重症。救急配送にて即、入院治療要します。

 

と分類されています。

 

その中でも、頭痛が引き起こす症状は、中程度の症状の一つ熱疲労になります。

 

【熱疲労の症状】

不快な気分、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、頭痛の症状。

 

【熱疲労の発症】

水分と塩分が過剰に失われてしまう事によって起きる事です。

 

頭痛は、特に身近に起きやすい症状と思われがちですね。

 

ですが、熱疲労の症状の一つに頭痛があります。

 

熱疲労の症状は熱中症の1つで、熱中症の症状の中程度症になります。

 

そこで、熱中症で「頭痛」が起きている場合は、熱疲労の症状が引き起こしているので症状として、中程度の症状が悪化している状態です。

 

なので、頭痛が起きている時は、熱射病の症状の前触れと思って、早目の処置を受けて置く事で、命にかかわる事はないと言えます。

 

つまり、熱疲労の症状の最後の砦が頭痛の症状なので、出来れば頭痛が起きる前に涼しい場所に移動したり水分補給するなど横になって身体を休めましょう。

 

また、熱疲労の症状から熱射病の症状に進行した状態での”頭痛”は最も危険な状態となります。

 

そこで、熱射病での頭痛が起きている症状は、身体の中の熱がこもっている事で、体温調節が正常に働かないので、めまい、頭痛が起こしやすくなります。

 

そこで、水分と塩分、ミネラルがバランスよく摂る事で,症状が軽減になります。

 

但し、水分補給を摂るだけでは軽減にはなりません。

 

水分補給と一緒に体内の熱も下げる事が一番大事な事であり、軽減させることでもあります。

 

【熱射病の頭痛の処置方法】

・風通しが良い涼しい場所に移動して、衣服を緩めましょう。

・屋内であれば、エアコンが聞いている部屋に移動。

・屋外であれば、日影の場所でもある軒下や大きな木の下など移動。

・血管の太い首筋、脇の下、太ももの付け根を冷やしましょう。

・ミネラル分を含んだ、ポカリスエットなど数回に分けながらゆっくりと飲みましょう。

Sponsored Links

 

熱疲労、熱射病は熱中症でも中程度の症状であり重度の症状ですが、適切な処置を行いましょう。

 

また、回復傾向が見られた場合は、無理をしないで様子を見ますが、あまりにも体調が優れない時は、病院での受診を勧めます。

 

特に体温が下がっても熱射病の頭痛が続いている状態であれば、頭痛薬で緩和できますが、できれば、病院で受診をすすめます。

 

熱射病でのしびれや鼻血といった症状は?

真夏の暑い最中で、手のしびれや鼻血が出てきたら要注意です。

 

何故なら、熱中症の症状の一つに熱性けいれんの症状の前触れになります。

 

熱中症でむかつきや胸焼け、喉の渇きや痛み、咳や鼻血も?

 

熱中症の症状が進行すると脱水症状に陥りやすくなり、体内の電解質が不足がちになります。

 

その中でもナトリウムイオンが不足になると、筋肉の収縮運動が異常として、けいれんの症状が出て来ます。

 

【熱性けいれんの症状】

筋肉痛、こむら返り、大量の発汗、筋肉のけいれんなど

 

【熱性痙攣の発症】

大量の発汗で水分や電解質(塩分)など多く失った状態で、水分を取り続けると水中毒になります。

 

つまり、体液のバランスが崩れる事によって発症します。

 

体温の上昇は少ない分、命の危険はありませんが手足の痛みや体中の痛みが伴う痙攣が起きます。

 

また、高温多湿での屋外では、長時間の労働や激しい運動によって大量の発汗を起こした時に最も起こしやすくなります。

 

【注意:水中毒とは?】

水分を過剰に摂りすぎると発症しやすい中毒症状です。

 

つまり、血中の塩化ナトリウム(塩分)の濃度が低下して、軽い疲労感や頭痛、嘔吐、精神症状など様々な電解質異常になります。

 

これが、低ナトリウム血症の症状です。

 

この症状が悪化すれば、死に至る子になります。

 

【手のしびれが出た場合】

熱中症の症状で手のしびれが出た場合は、パニック状態にならないで冷静に対処しましょう。

 

そのためには、こまめに水分を補給して、体温を計りましょう。

 

平熱よりも高い場合は、無理をしないで病院で受診を受けて下さい。

 

【鼻血が出た場合】

熱中症の症状の中で、思いつく症状はと聞かれたら「体のだるさ」、「めまい」、「吐き気」、「手足のしびれ」、など多くの症状が出て来ますね。

 

その中で、鼻血はと言う言葉が出て来ませんが、意外にも熱中症の症状の中では鼻血の症状があります。

 

熱中症の症状からは出てこない言葉であり、思いかげない症状ですが、熱中症の危険度を知らせる重要なサインの一つでもあります。

 

また、熱中症の症状によって鼻血が出てしまうと言う事は、体温が上昇している状態で起こる事になります。

 

つまり、急激な血流の量が増える事により鼻の粘膜が切れて出血になります。

 

更に、鼻血が出るって事は、気温が高いと体温も上昇します。それによって、危険性が高い症状と判断されてしまいます。

 

なので、鼻血が出た時は、一刻も速く体を冷やさないといけません。また、血流量も低下させる必要性があります。

 

【鼻血の対処方法】

屋外で鼻血が出た場合は、涼しい場所に非難させて、水分を多めに取るようにしながら、安静しましょう。

 

また、暖められた血液に熱で脳がやられないように、頭を高くして横に寝かせましょう。

 

何故なら、脳を守るためには、頭を高くして血液は下に流せば脳は守られます。

 

屋内でも熱中症で鼻血が出た場合は、同様の処置を行いましょう。

 

効果的な熱射病対策とは?クエン酸はどう?

夏場は、特に汗が出やすい状態になりますので、意識して水分を取る事が必要です。

 

また、水分補給を一度に大量の水分を摂取した場合、体内での水分バランスが崩れて、体調を悪くなります。

 

熱中症や脱水症状!子供は?看護や検査はどうする?

 

そこで、汗によって失われた塩分(塩化ナトリウム)に、カリウム、ビタミンB1、クエン酸を補いながら摂りましょう。

 

また、しっかりと食べる事や寝る事でも熱中症の予防にもなります。

 

他にも、食べ物で熱中症の予防が出来ます。

 

また、食べ物でも熱中症の予防の効果がある食べ物があります。

 

それは、牛乳、梅干し、スイカ、麦茶など熱中症の予防になります。

 

他にも、スポーツドリンクも熱中症の予防になりますが、水中毒や肥満にもなりますので、摂り過ぎには気を付けましょう。

 

また、クエン酸を取る事で、疲労回復させる効果がありますので、積極的に取る事をおススメします。

 

Sponsored Links