「素早く寝る方法!夜は?子供も必見!」

 

早く寝なければならないのにすぐ眠りにつく事が出来ず睡眠不足になってしまった。

Sponsored Links

 

そんな経験をした事がある方は多いのではないでしょうか?

 

むしろ誰もが一度は経験した事があるものと言っても過言ではないかもしれません。

 

仕事や学校、スポーツなど、日々の生活の質を高めるにはやはり食生活と睡眠は欠かす事の出来ない重要な要素です。

 

今回は、そんな生活の質を高める上で欠かす事のできない『睡眠』について、詳しく解説していきますね。

 

就寝前は考えごとをしないでリラックスする?

あなたはこんな経験をした事はないでしょうか?

 

『早く寝なければならないと思い込みすぎて、逆に眠れなくなってしまった』といった経験や、

 

『次の日に楽しみな事や緊張する事などが控えていて、興奮して眠れなくなってしまった』という経験などです。

 

おそらく誰もが一度はこれらの経験をした事があるのではないかと思います。

 

つまりどういう事かというと、睡眠の質を高めるには、『リラックスする』という事が必要不可欠なのです。

 

リラックスせずに、緊張したり興奮したりしていると、どうしても寝付けなくなってしまったり、眠りが浅くなってしまったりします。

 

ですから、いかにリラックスした状態で眠りにつけるかが重要という事です。

 

しかし、『リラックスして寝ろ』と言われても実際はそう簡単にリラックス出来ませんよね?だからこそ寝つきが悪くなってしまう方が絶えないのです。

 

ただ、リラックスする方法は何もないのかというと、実はそういうわけでもありません。

 

自分をリラックスした状態にすることは可能なのです。

 

ではどういった方法ならリラックスできるのかというと、ヨガやエクササイズ、瞑想、アロマなどが効果的だと言われています。

 

ヨガやエクササイズなどは、軽く体を動かすことによって筋肉に程よい刺激を与えることができるので、リラックスにつながると言われています。

 

瞑想は、心を鎮めるために最も効果的と言われていて、緊張をほぐすのに非常に効果的です。

 

そしてアロマは臭いのちからで交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれるので、眠りにつきやすくなるという特徴もあるのです。

 

アロマを炊くのと同時にハーブティーを飲むと、より効果を得られると言われています。

 

このように、体を軽く動かしたり匂いで精神を落ち着かせたりなど、方法は色々とありますので、もし眠れない日々が続くようでしたらぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

入浴やご飯のタイミングは

また、素早く寝るためには入浴やご飯のタイミングも考える必要があると言われています。

 

基本的に我々人間は、就寝すると体温が下がっていく傾向にあります。

 

ですから、寝る直前にお風呂に入ってしまうと当然体温も高くなるので、体温が下がるまでにも時間がかかってしまい、眠りにつくまでに時間がかかってしまうのです。

 

体温が上下している時というのは体は多くのエネルギーを使っているので、どうしても眠りにつきにくくなってしまうのです。

 

ですから、出来るだけ早く寝たい時は、寝る直前にお風呂に入るのではなく、最低でも寝る1時間前にはお風呂に入っておくようにすると、気持ち良く眠りにつくことが出来ます

Sponsored Links

 

そしてご飯のタイミングも重要だと言われています。

 

ご飯を食べた後にお腹の中で食べたものを消化するのにかかる時間は、食べるものにもよりますが平均すると約3時間ほどと言われています。

 

ですから、消化をしている3時間の間は体の内部は活発に働いていて、体の機能を停止したり睡眠をするための準備をしたりといった事が出来ていない状態なのです。

 

そのため消化が完全に終わるまでの3時間の間に寝ようとしても、なかなか寝られないという状況が起きる可能性が高いのです。

 

ですから、出来るだけ早く寝たいという日は、寝る時間から食事の時間や入浴の時間などを逆算して、計画的に進めていく事をお勧めします。

 

もし23時に寝たいのであれば、食事は必ず20時までに済ませるようにして、入浴は必ず22時までに済ませるようにしましょう。

 

そうする事によって23時には睡眠に入りやすい状態を作っておく事が出来ますので、普段よりも早く眠る事が出来るようになると思います。

 

また、大人の方は夜ご飯と一緒にアルコールを飲むという機会が多いかと思います。

 

加齢臭の原因はアルコールやコーヒー?

 

アルコールは、飲む事によって一見すぐに眠くなるので、早く寝たい時には向いていると思われがちです。

 

しかしアルコールを体内で処理している間に睡眠に入ってしまうと、くも膜下出血など緊急疾病の発症につながる危険性があるのです。

 

ワインの飲みすぎで胆管がん?管内胆管癌の怖さとは?

 

ですから、アルコールの飲み過ぎにはくれぐれも気をつけるようにしてください。

 

素早く寝れるおすすめグッズは?

素早く寝るために効果的なグッズが欲しい!とお考えの方も多いのではないかと思います。

 

当然睡眠の質を高めてくれるグッズは数多く存在します。

 

ただ、その中でも特に効果的なのが、『アイマスク』『耳栓』そして『アロマオイル』の3つなのです。

 

一見、このアイテムだけで睡眠の質を高める事なんて出来るのか?と思われてしまうかもしれませんが、これらのアイテムが最も睡眠の質を高める上で重要であり、効果的なのです。

 

せっかく寝ようとしているのに家の外の騒音で起きてしまうという事は少なくないと思います。

 

そしてカーテンから入ってくる光にストレスを感じてしまうという人も少なくないと思います。

 

ですから、アイマスクと耳栓を着用して寝る事で、真っ暗且つ無音の状態で眠りに入る事が出来るのです。

 

これはストレスを軽減させる上で非常に効果的です。

 

また、アロマオイルも心身共にリラックスさせる上で非常に効果的なアイテムです。

 

特にラベンダーの香りというのは、気持ちを鎮めて、落ち着かせてくれる効果があると言われています。

 

もちろんラベンダーの香りが苦手という方は、逆にストレスに感じてしまうので無理をしてラベンダーを選ぶ必要はありません。

 

ただラベンダーが特に嫌いというわけではないのであれば、ぜひラベンダーの香りを寝る前に嗅いでみてください。

 

そうする事で心身ともリラックスできて、気持ち良く眠りに入る事が出来ます。ぜひ試してみてくださいね。

 

Sponsored Links