Sponsored Links

「猫背を治す方法でためしてガッテンは?クッションはどう?」

猫背を治す方法がNHKのテレビ番組の「ためしてガッテン」で紹介されました。

 

猫背などの悪い姿勢は、肩こりの改善だけでなく、背骨の歪みにも影響しますし、集中力やデスクワークの仕事などでも影響が考えられます。

 

また、ヘルニアなどの腰痛の原因になることもあるので、猫背を治すことは様々な身体の不調に良いと考えられます。

 

「ためしてガッテン」の猫背を治す方法とは

猫背になっていることで考えられる不調の症状には、肩こりや腰痛、偏頭痛、疲労、集中力の低下、生理不順、便秘や下痢などの腸内環境、冷え性などがあります。

 

体の不調だけでなく、見た目やイメージも良くないので治したい方も多いかと思います。

 

そんな猫背を治す方法を、NHKの番組「ためしてガッテン」で紹介していました。

 

「ためしてガッテン」の猫背を治す方法では、ヒスタミンという物質が身体に必要だと紹介されていました。

 

ダイエットを通して猫背矯正する簡単な方法で、食事からヒスタミンという成分を摂取する方法です。

 

ヒスタミンという成分を身体に吸収することで、猫背を治す意識が脳内に増えていくそうです。

 

このヒスタミンを摂取するためには、食事改善などが必要でヒスチジンという成分の含まれた物を食べる必要があります。

 

猫背矯正には猫背矯正ベルトやストレッチ、猫背改善の運動をすることで治す方法や座っている時の姿勢を良くすることでの改善方法があります。

 

ですが、この食事を改善する方法では、日常のメニューを少し見直すだけで誰でも簡単に出来るので、継続性という観点では一番おすすめの方法ではないでしょうか?

 

ヒスチジンという成分の含まれた食材としてカツオやマグロなどの魚と子牛肉、鶏肉、ハムなどがあります。

 

食事メニューにこれらの食材を取り入れてヒスチジンという成分を摂取してみてはいかがでしょうか。

 

このヒスチジンは、良いことばかりではなくアレルギー症状などマイナスの面もあるので、自己責任でしっかりと体質に合わせて食事改善していく必要があります。

 

ヒスタミン食中毒という食中毒になる可能性もゼロではなく、発熱や蕁麻疹などが起こる人もいらっしゃいます。

 

魚の中でもサバやブリなどがヒスタミン食中毒になりやすい魚です。

 

サバアレルギーやブリにアレルギーをお持ちの方は、他の食材を選ぶようにして下さい。

 

クッションを利用して猫背を治す方法とは

クッションを利用して猫背を治す方法は、基本的に姿勢を正すためや座っている状態の姿勢も良くするために使われます。

 

そのため、クッションの長時間の使用は避けた方が良いと思われます。

 

座った状態での長時間使用すると、逆に楽な姿勢になりがちで使用した方が良い筋肉などを使わず体をクッションにゆだねてしまいがちです。

 

なので、長時間にならないように決まった時間で、姿勢矯正として使用するのがベストと言えます。

 

猫背矯正クッションなども売られていますが、姿勢を良くするためだったり、姿勢を良くする意識を持つために使用するのが良い方法と言えます。

 

クッションを利用して猫背を治す際には、サイズやフィット感などに気をつけて購入するようにしましょう。

Sponsored Links

 

座っている状態の姿勢を良くすることが目的なので、デスクワークでも背筋を伸ばすようにしましょう。

 

椅子と背中の間にクッションを置くなどして猫背矯正に使用しましょう。

 

背筋を伸ばす状態をキープすることが大切なので、内容の詰まったボリュームのあるクッションを使い、前かがみにならないようにすることがコツです。

 

クッションに限らず、バスタオルを巻いたものなどでも結構です。

 

背中と椅子の間に入れて、それにもたれないように意識しながら、背筋の伸びた姿勢を維持すれば猫背の改善にも繋がります。

 

クッションやタオルを腰に置くのではなく背中と椅子の間で挟むようにして、そのクッションが下に落ちないようにすることで、背筋に意識がいき、背筋が伸び、自然と良い姿勢を維持出来るようになります。

 

無意識の状態のままで座っているとつい、姿勢は悪くなり背筋に前かがみに丸まってしまうので猫背を治したい方は特に、背筋を伸ばすことに意識をもっていくようにしましょう。

 

猫背を治し、正しい姿勢を維持出来るようになると肩こりや頭痛などの体の不調だけでなく、ダイエットなどにも影響がみられます。

 

猫背を治すストレッチや運動法とは

「ためしてガッテン」の番組では、猫背を治すストレッチや運動法として肩甲骨周りの衰えている筋肉強化をする運動が紹介されていました。

 

肩甲骨を動かすことが重要なようで、肩甲骨体操が猫背を治すストレッチ方法として注目を浴びています。

 

肩甲骨体操のやり方は簡単で、肘を90度に曲げて両手で物を持つような感じで腕を後ろに動かします。

 

息をゆっくり吐きながら、肩甲骨を動かすイメージで行いましょう。後ろに動かす動作と元に戻す動作を繰り返し何回か行って下さい。

 

もう1つの方法は、椅子に座った状態で両手を背面でつなぐようにします。顔は上方を見るように顎を上げ、両手を下に引っ張るように伸ばして下さい。

 

息を吐きながら両手を下に伸ばし、息を吸いながら元に戻します。

 

猫背になっている部分を反対側に伸ばすようなイメージです。

 

このくり返しを1日20セットくらい毎日行うようにしましょう。

 

デスクワーク中にも出来ますし、テレビや音楽を聴きながらでも簡単に座った姿勢で可能なので癖にするように継続しましょう。

 

2週間継続した女性は恣姿勢が良くなり猫背が改善されつつあるとの感想を述べていました。

 

猫背を治すストレッチは短期的にやっても意味がありません。

 

長期間、継続して行うことで成果に繋がります。

 

日常生活の中で、継続して行うようにしましょう。

 

これらの肩甲骨を動かすストレッチや運動法は、猫背の改善だけでなく肩こりの解消などにも効果があります。

 

猫背はデスクワークや飛行機の座席など長時間座っている状態が長い人がなりやすい日常の姿勢からなるものでもあります。

 

ウォーキングやランニングなどの軽い運動からスポーツまで、運動不足を解消することも、猫背改善には大事な要素です。

 

立ったり、歩いたりの時間を長くすることで必然的に背筋が伸びて良い姿勢を保つことに繋がっています。

 

デスクワークなどで1日の大半を座って過ごすような職業の方でも、定期的に椅子から離れる時間を作るようにして下さい。

 

Sponsored Links