「熱中症や脱水症状!子供は?看護や検査はどうする?」

Sponsored Links

熱中症と脱水症状の違い

・熱中症

熱中症は名前の通り高温の環境のもとで起こってしまう体の適応障害のことです。
症状としては、頭痛・めまい・痙攣・嘔吐・意識障害などがあります。

 

・脱水症状

脱水症状も名前の通り水分摂取量が足りない場合や、下痢などによって体内の水分や電解質が不足することによって起きてしまいます。

症状としては、頭痛・口渇感・嘔吐・痙攣・意識障害などがあります。

 

・熱中症と脱水症状の違い

熱中症と脱水症状は原因の根本が違って、2つとも別の病気だということが分かりましたが、問題の症状が同じですね。

それはとても簡単なことで、脱水症状は熱中症の中の1つだからです。

 

こんな症状があったら要注意

・首筋や関節部が嫌なベトベトした汗で気分が悪い

・だるい、顔色が悪い

・めまい、立ちくらみがする

・足がつる、頭痛が現れる

 

上記の症状は水分不足に陥ったらなる症状です。

 

こまめに水分補給していても運動しているときなどは汗で流れた分を完全に補給しきれずに補給したつもりでうごいていることが大半です。

 

運動していない場合は普通にこまめな水分摂取でも大丈夫ですが、運動している時などは、自分が思っているよりも少し多めに摂取、また適度な休憩を挟み、体の状態をよく観察してみてください。

 

熱中症や脱水症状の原因とは

熱中症は外気温の高い高温の環境で起こります。

暑い場所で汗をかくと体の水分・塩分が共に排出されてしまいます。

 

汗をかいた時に水分を摂取しないと体の水分や電解質が不足し、脱水症状になってしまいます。

 

脱水症状は冬の寒い時期でも下痢や嘔吐などが原因で起こります。

 

これから熱中症と脱水症状は近い関係にあることがわかります。

 

冬でも熱中症!?脱水症状!?

冬は暑くないから脱水症状や熱中症にならないか・・・。

 

それが熱中症や脱水症状になってしまうんです。

 

冬で寒いからといって油断していますね。これが大きな失敗へとつながっていきます。

 

冬は乾燥の季節で知らぬ間に体から水分が失われていきます。

 

また冬はウイルスの活性化する時期でもあり、下痢や嘔吐はもちろん。

 

これも体内から水分を減らしていきます。

 

これらのことが原因となり、知らぬ間に脱水症状や熱中症になってしまうのです。

 

子供の熱中症や脱水症状の予防・対策とは

まず汗をかいたらでてきた汗の分は水分補給をすることです。

 

中にはとても暑く高温な箇所での運動や労働をしても、適切な量の水分補給をすることによって熱中症や、脱水症状の予防ができます。

 

適切な水分摂取とは一体どれだけのことをいうのかです。

Sponsored Links

 

それは、塩分を少量含んだ飲み物をこまめに飲むことが最適です。

 

塩分を含む飲み物として代表的なのは味噌汁等もありますが、筋肉疲労や暑い環境下での温かい飲み物は現実的ではないですね。

 

ベストは市販のスポーツドリンクを3倍程度に薄めて飲むのが体に吸収される割合も高くとても効果的と言えます。

 

熱中症の処置で幼児は?頭痛が治らない!後頭部も?夜の場合は?

 

熱中症や脱水症状の看護や検査はどうする?

・看護するには

下記のチェックをしてみて熱中症が判別できたらまずは経口補水液を飲ませましょう。

 

体内の水分量をふやし、尚且つ塩分等の摂取をさせることが重要です。

 

また、比較的涼しい環境の中で湿度を少し上げ、乾燥した環境を作らないようにすることです。

 

体内から必要な水分が外気に取られないような環境を作ることによって次第に元気になっていきます。

 

どうやって見分けをつける?〜検査偏〜

[チェック項目]

□爪を押しても色が白くなってからピンクに戻るまでに3秒以上かかる

□手の甲をつまみ上げてみても戻らずに山が出来たまま

□口内が乾燥している

□舌が白いもので覆われている

□舌の赤色が異常に濃い

□皮膚にハリがない

□手足が冷たく感じる、また冷たい

□舌の表面に亀裂ができる

□胃熱が続く

□心拍が異常に早い

□血圧がいつもよりも低い

 

看護側から見ると、患者のトイレの回数がいつもと比べ少ないと脱水が進んでいることがわかります。

 

体内の水分量が少ないと出るものも出ないということです。また尿の色が濃い黄色になっていることも、また脱水が進んでいることのサインです。

 

夜間にトイレに行くのが嫌で、寝る前に水分を取られない方も多数いますがこれは脱水になるきっかけを自分で作っていることになります。寝る前には経口補水液を勧めましょう。

 

経口補水液は糖分・塩分がとてもバランスよく含まれていることから、体への吸収が早く、体内に保持されて尿になることはないので、飲んでからもトイレに悩むことなく安心して眠れます。

 

経口補水液は薬局に販売してますので手元に置いておくのが一番いいですね。

 

◆まとめ

熱中症や脱水症状は季節を問わずかかる病気です。

トイレの回数に悩まされていても熱中症になって倒れていては元も子もありませんね。

あまり抵抗を持たず体内の水分バランスを整えるためにこまめな水分摂取をし、健康に過ごしましょう。

 

Sponsored Links