Sponsored Links

「夏バテの対策で頭は?食べ物は?高齢者はどうする?」

桜も散り、ゴールデンウィークを境に一気に日差しが強くなってきましたね。

 

みなさん、紫外線対策は万と言う方がおおいですが、夏バテ、熱中症対策は考えていますか?

 

夏バテは、水分、栄養不足をはじめ、睡眠不足、疲労、炎天下での長時間作業などから起こります。

 

夏バテ対策は、夏になってからおこなったのでは、遅いんですよ。知ってましたか?

この時期から、暑い夏を想定してしっかりと夏バテ対策をしていきたいですね。今回は、今から出来る夏バテ対策をいくつか紹介していきましょう。

 

頭だって夏バテすんるんですよ

夏バテというと、怠い、食欲がない、身体のほてりが取れない、頭がボーっとする、など様々な症状が現れます。

 

そう、頭だって夏バテするのです。

 

そもそも、身体が怠い、身体のほてりが取れない、頭がボーっとするなどの症状は、身体の体温調整がうまく出来ていないといことになります。

 

人間は、身体が暑くなれば、汗をかいて身体の温度をさげるようになっています。

 

しかし、近年体温調整をするのが苦手な方が多く、夏でも汗をかきにくい人が非常に多いです。

 

これは、室内での冷房が効いている中に、長時間いるとおこる現象ですね。

 

汗をかく事が出来ないことにより、体内に熱がそのままこもり、身体がほてったり、頭がボーっとしたり、怠くなったりする症状が現れます。

 

この状態を放置してしまうと、熱中症になってしまいます。

 

頭については、外出の時には必ず帽子を着用したり、日傘を持ちましょう。

 

それにより、頭が直射に合う事は少なくなります。

 

日中に日差しを沢山浴びた時は、寝る前にアイスノンなどを頭に引いて寝る事により、寝付きも良く熱くなった頭も冷やしくくれますね。

 

また、汗を上手く書けない方は、首に冷たくしたタオルなどを巻いて出かけられてみのも夏バテの対策となります。

 

ドラックストアーなどでも、ひんやりグッズとして、色々と販売されていますね。

 

夏バテにならない食べ物

夏バテしてから、夏バテ対策の食べ物をたべるのではなく、夏になる前から夏バテしないように食べものを取るこれが、一番の夏バテ対策となりますね。

 

暑くなってくると、どうしても水分の摂取量が増えませんか?

 

沢山水分を取ると言う事は、水分によって水腹となり食欲がなくなります。それにより身体に必要な、タンパク質、ミネラルがどんどん減ってしまいます。

 

糖分が多い清涼飲料水を摂取しすぎると逆に血糖値が上昇してしまい、食欲減退につながりますし、糖質を代謝するためにビタミンB1が消費されてしまうので、疲れやすくなったり、だるさといった症状が出てしまいます。

Sponsored Links

 

 

こうなると、夏バテ一直線ですね。

 

こうならないためにも、日頃からの食生活には注意が必要です。

 

何かを特別に食べるというよりは、規則正しくバランスよく栄養を取る事が大事です。

 

その上で、夏バテにいいとされている、ウナギ、豚肉、チーズ、レバー、柑橘類を取ることをお勧めします。

 

この中でも、手頃で体内を冷やしくれるのが豚肉です。

 

冷しゃぶにポン酢などであれば、お酢もとれるので、疲労回復にもなりますね。

 

夏の暑い時期の土用の丑などは、栄養価の高いウナギを食べて、夏バテを予防しましょうと、よく宣伝していますよね。

 

うなぎや豚肉、玄米等に豊富なビタミンB1の働き:

糖質を分解して、エネルギーに変換する働きを持っています。

 

緑黄色野菜や柑橘類に豊富なビタミンC:

夏場は暑さがストレスの原因となりますので、ビタミンCをしっかり補給して、粘膜・皮膚などの健康を維持していくことが重要となりますね。

 

高齢者の夏バテ対策とは

若者はとかく、冷房で部屋をガンガンに冷してしまい、手足が冷えて、怠さなどの症状を引き起こします。

 

逆に、高齢者の方は、歳と共に身体の体温調整がうまくできなくなってきます。

 

高齢者の方々は、冷房をつけずに我慢してします傾向があります。

 

これにより、体力が落ちて、夏バテになりやすくなってしまいますね。

 

高齢者の方も、暑いからと水分ばかり取っていては、食欲がおちてしまいます。

 

基本は、規則正しい生活を心がけ、朝食を必ず取るようにしましょう。朝食は一日の活力となります。

 

1日3食(主食、副菜、主菜)が揃っている栄養バランスの良い食事を中心とした食生活が理想的ですね。

 

高齢者の方には、出来るだけ周りも注意をしながら、栄養のバランスを考えた食事を心がけることが大切といえます。

 

食欲を増加させるためにも、香辛料や酸味をたべるのも夏バテ対策には効果的です。

 

特に、梅干しや酢・ゆず・レモンなどに多く含まれるクエン酸(酸味)を摂取すると、消化液や唾液の分泌を向上をさせますし、疲労を回復させる効果もあります。

 

胃腸を弱らせないためにも、水(常温)を少しづつ、こまめに摂取するだけでも胃酸を薄めることができますね。

 

運動にか関しては、朝、夕方の涼しい時間帯での、軽いお散歩なども夏バテ対策には効果的です。

 

身体を動かすことにより、代謝能力もあがり、質のいい睡眠もとることができます。

 

発汗をすると、体の体温調節の機能が向上されるので、自律神経を調整するのにも効果です。

 

 

Sponsored Links