「ナッツ類の効能!栄養価は?妊娠中や糖尿病に効果的?」

 

ビールやワインなどのお酒をよく飲まれる方は、やはりおつまみを食べる機会が多いかと思います。そしてそのおつまみの中でも特にナッツ類を食べる機会は多いのではないでしょうか。

 

Sponsored Links

実はおつまみとして食べられることの多いナッツは栄養価が高く、様々な効能があると言われているのです。

 

今回は、そんな健康的な食品として注目されているナッツ類について詳しくご紹介していこうと思います。

 

ナッツ類の効果・効能とは

お酒のおつまみとして食べられることの多いナッツですが、実は最近、美容効果があるとして海外のモデルやセレブなどに注目され始めているのです。

 

特に何種類かのナッツが含まれているミックスナッツが特に高い人気を誇っています。

 

なぜミックスナッツの人気が高まってきてるのかというと、ミックスナッツに含まれている脂質が健康に良いからなのです。

 

どちらかというとナッツ類は高カロリーで太るというイメージを持たれている方の方が多いのではないかと思います。

 

確かにナッツ類は決して低カロリーではありません。

 

しかし、ナッツに含まれている脂質というのは、『オメガ3』『オメガ6』『オメガ9』という3つの脂肪酸からできている『オメガ脂肪酸』というものであり、これらが非常に健康的なものなのです。

 

たとえば、オメガ3には悪玉コレステロールを減少させてくれる働きがあるので、悪玉コレステロールが増えることによって起こると言われている動脈硬化の予防効果があります。

 

オメガ6には『リノール酸』というものが含まれているので、皮膚のトラブルであったり臓器のトラブルなどを減らしてくれる効果があると言われています。

 

そしてオメガ9にも悪玉コレステロールを減らす効果があり、肝機能を高めてくれるのです。

 

特にオメガ3とオメガ6に関しては『不飽和脂肪酸』という体内では作ることの出来ない成分となっているので、食品やサプリメントなどで摂取しない限り体内に取り込むことは出来ないものとなっています。

 

そんな貴重な不飽和脂肪酸を摂取できる食品としてナッツ類は近年非常に注目され始めているということなのです。

 

基本的にナッツに含まれているオメガ3などは魚に多く含まれている傾向にありますので、普段の食生活で魚をあまり食べないという方には不足しやすい成分でもあります。

 

ですから、もし肉料理ばかりを食べている傾向にあるという方は、ぜひナッツを食べてこれらのオメガ脂肪酸を取り入れてみてください。

 

ナッツ類の栄養価は

ナッツ類には非常に多くの栄養素が含まれているので、アンチエイジング効果があると言われています。

 

たとえばアーモンドであれば、ビタミンEが豊富に含まれているので抗酸化作用があり、体内で発生してしまった活性酸素であったり老廃物などから細胞を守ってくれる働きがあるのです。

 

また、くるみには良質なタンパク質や脂質が豊富に含まれています。

 

なんとクルミに含まれる脂質の約7割ほどは良質な不飽和脂肪酸となり、さらに食物繊維も豊富に含まれているので整腸効果がありますから、便秘の方にも効果的な食品なのです。

Sponsored Links

 

ですから、もし便秘に悩んでいるという方は是非クルミを毎日食べるようにしてみてください。

 

ナッツ類と聞くとやはりアーモンドやクルミを連想される方が多いかと思いますが、ナッツ類というのはこれら以外にももちろん存在します。

 

例えば『松の実』や『ひまわりの種』などもナッツ類に含まれるのです。

 

松の実やひまわりの種などには疲労回復効果があると言われています。

 

松の実やひまわりの種にはビタミンB1が豊富に含まれているので、糖質の分解を促進してくれる効果があるのです。

 

それによって乳酸が蓄積されるのを防いでくれるので、疲労回復につながるという事なのです。

 

さらに松の実やひまわりの種にはビタミンEも含まれていますし、鉄分も含まれているので、貧血気味の方などには特にオススメです。

 

このようにミックスナッツにはそれぞれ異なる栄養素が含まれているので、非常に健康的な食べ物と言う事が出来るのです。

 

なので是非ミックスナッツを食べていただきたいのですが、注意点がひとつだけあります。

 

それは、出来るだけ新鮮なミックスナッツを選ぶ必要があるという事です。

 

最近はコンビニなどでも売られているミックスナッツですが、その多くはフライして味付けされたものなので、ナッツの特徴でもある不飽和脂肪酸が酸化されてしまっている傾向にあるのです。

 

ですから、もし購入される場合には出来るだけフレッシュなもの、そして無農薬で栽培されたものを選ぶように心がけてみてください。

 

ナッツ類は妊娠中や糖尿病に効果的!?

ナッツは妊娠中の方や糖尿病の方にも効果的だと言われています。

 

例えば落花生などはビタミンが非常に多く含まれているので、便秘や貧血の予防になりますし、葉酸も多く含まれているので、疲労がたまりやすい妊婦さんには特に効果的な食品なのです。

 

また、落花生には美肌効果もありますから、肌が荒れやすい方にもオススメです。

 

同じようにカシューナッツにも亜鉛や鉄分、マグネシウムなどの栄養が多く含まれているので、妊婦さんが貧血になる可能性も減らす事ができます。

 

そして、ナッツ類はどうしても高カロリーというイメージを持たれがちですが、実は糖尿病の方にも効果的な食べ物なのです。

 

ナッツ類を食べると血糖値の上昇を抑える事が出来ますし、中でもマカダミアナッツには糖尿病の予防効果があるパルミトレイン酸が豊富に含まれているので、糖尿病の予防、改善に効果があるのです。

 

このようにナッツ類には非常に多くの栄養が含まれていますので、基本的にどんな方が食べても恩恵を受ける事ができる便利な食品なのです。

 

ただ、決してカロリーが低いというわけではありませんので、ナッツばかりを食べるのはオススメしません。

 

理想としては1日に20粒から25粒ほどが良いと言われています。

 

そして、もしナッツ類を食べる場合には無塩のものを選ぶようにしてください。

 

普段はおつまみとしてナッツ類を食べられる方が多いかと思いますが、このようにナッツ類には多くの栄養素が含まれていますから、おやつ代わりに食べていくのも健康的なのです。

 

お酒をあまり飲まない方も、是非この機会にナッツ類を食べてみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Links