「ものもらいの症状で下まぶたに?目やにや霰粒腫とは?」

 

何だか目がゴロゴロして痛む、そう感じていると次第に腫れがひどくなってきて、ものもらいだということが分かった、という経験今までにありませんでしたか?

 

Sponsored Links

これといって思い当たる節がないのにいきなりまぶたが腫れ上がってきてしまった経験をお持ちの方も多いかと思います。

 

そこで今回は、ものもらいについて詳しくご紹介していこうかと思います。

 

例えば、

・ものもらいの症状で下まぶたに出来る原因や対処法

・『霰粒腫』と『麦粒腫』の症状や対処法

・ものもらいの予防や対策方法

 

などを詳しく解説していきますね。

 

ものもらいの症状で下まぶたに出来る原因や対処法

『ものもらい』とは、まぶたにある脂や汗を出す腺に細菌が感染してしまうことによって起こる、急性の化膿性炎症のことをいいます。

 

関東では主に『ものもらい』と言われておりますが、関西の方では主に『めばちこ』と言われております。

 

ものもらいは、比較的上まぶたに出来るけいこうにありますので、下まぶたには出来ないと思われがちですが、決してそのようなことはありません。

 

下まぶたにも同じように汗や脂を出す腺は存在しますので、そこに細菌が感染すればもちろん下まぶたもものもらいになる可能性はありますので注意しましょうね。

 

もしも、ものもらいになってしまった場合には、むやみに触ったりいじったりせずに、自然に症状が治まるのを待つようにしましょう。

 

下手に刺激を与えてしまいますと、さらに炎症がひどくなってしまう可能性もありますし、たまっている膿が潰れて外に出てきてしまうのも目に良くないので、出来るだけそっとしておくようにしましょう。

 

もし、炎症が起きて熱を持っている場合には、冷やすようにすると効果的だと言われております。

 

濡れたタオルや、袋に入れた氷水などで優しく冷やしていくことによって、炎症を抑えることができ、痛みや痒みを和らげることもできますので、炎症が起きた場合には積極的に冷やしていくようにしましょう。

 

『霰粒腫』と『麦粒腫』の症状や対処法

一般的には、ものもらいといって一括りにされるこれらの症状なのですが、実はものもらいには大きく分けて2種類あり、一つが霰粒腫(さんりゅうしゅ)というもので、もう一つが麦粒腫(ばくりゅうしゅ)というものなのです。

Sponsored Links

 

これら二つについて詳しくお話ししていきますね。

 

まず、『霰粒腫』は、脂肪が詰まることによって起こるものです。

 

まつげの生え際に、目を保護するための脂を分泌してくれる『マイボーム腺』というものがあるのですが、『霰粒腫』は、このマイボーム腺に脂が詰まることによって引き起こると言われております。

 

そして『麦粒腫』は、最近に感染することによって引き起こるものもらいです。

 

脂肪が詰まることが原因の『霰粒腫』とは違い、まぶたの表面に付着している細菌が、まぶたの分泌腺や毛穴に入り込んでしまうことによって、細菌が感染して化膿し、膿がたまってしまうのが『麦粒腫』です。

 

この『麦粒腫』は、溜まった膿が出て行くことによって改善されますので、あまり無理に膿を出そうとはせずに、自然に膿がなくなっていくのを待つようにしましょう。目を傷つけないようにすることが非常に大切です。

 

ものもらいの予防や対策とは?

ものもらいにならないようにするには、出来るだけ毎日シャワーではなく湯船に浸かると言うことが非常に大事です。

 

夏場なんかは特にシャワーで済ませてしまう方が多いかと思いますが、シャワーで済ませてしまうと体温があまり上昇しません。

 

そのためまぶたも暖まらずに、マイボーム腺に脂が詰まりやすくなってしまうのです。

 

ですから出来るだけ毎日、体を温めるという作業を行うようにしてください。

 

熱いお湯に短時間だけ浸かってすぐに出てしまうのも、あまり体温は上昇しませんので効果的ではありません。出来るだけ40度前後のお湯で最低でも10分以上は浸かるようにしていきましょう。

 

また、女性の場合はアイメイクがものもらいの原因になる事もありますので注意しましょう。

 

まつげの生え際にあるマイボーム腺にまでメイクをしていると、脂を出す部分をふさいでしまう可能性がありますので、出来るだけまつげの生え際のメイクは控えるようにしましょう。

 

そして何より、不規則な生活を送ることによって、体自体が細菌に感染しやすい体になってしまいますので、健康的な生活を心がけることが何よりも重要です。

 

Sponsored Links