水疱瘡で大人の2回目はいつ?5歳児等の子供はかからない?

 

水疱瘡と聞くと、あなたはどのようなイメージを持たれるでしょうか?

 

Sponsored Links

おそらく多くの方は、『子どもに多い病気』というイメージを持たれているのではないかと思います。

 

確かに水疱瘡は1歳から5歳くらいまでの子どもに特に多い病気と言われています。

 

しかし、水疱瘡というのは大人には発症しないという訳でもなく、大人でも感染してしまう可能性がある病気なのです。

 

大人が水疱瘡に感染した際の症状や原因、そして2回以上水疱瘡に感染してしまった場合の原因なども解説していきますね。

 

水疱瘡に大人が感染した時の症状や原因とは

子どもが水疱瘡に感染してしまったときの症状は、主に発熱や発疹などが挙げられますが、大人が水疱瘡に感染してしまったときの症状というのは子どもとは若干異なると言われています。

 

大人が水疱瘡に感染してしまった場合には、身体がだるくなったり、ニキビが急にできてしまったりなどの症状が現れると言われています。

 

ですから、どちらかと言うと大人が水疱瘡に感染したときの方が症状は軽いため、症状が悪化するまで気がつかないというケースが非常に多いのです。

 

女性の場合、妊娠中に水疱瘡に感染してしまうと、ウイルスがお腹の中の赤ちゃんにも移してしまうリスクもありますので、注意する必要があります。

 

ですから、大人になってから水疱瘡で重症化してしまわないようにするためにも、出来るだけ早い段階で予防接種を受けておくことが、大人の水疱瘡を防ぐ上では最も重要な方法と言えます。

 

ただ、だからと言って大人になってから水疱瘡に感染してしまうと治療法が何もないのかというと、決してそういう訳ではありません。

 

大人が水疱瘡に感染してしまったとしても、病院へ行って処方される薬などをしっかりと服用していけば、そこまで重症化してしまう可能性も高くなくなりますので、まずは病院へ行くようにしてください。

 

水疱瘡が痛い?薬でアストリックやゲンタシンは効く?

 

大人の水疱瘡の薬は?ゾビラックスやカチリの効果!

 

ただ、もし水疱瘡に感染してしまった場合、内科と皮膚科、どちらに行けば良いのか分からなくなってしまう方もいらっしゃるかと思います。

 

子どもが水疱瘡に感染してしまった場合には小児科に行くのが最も適しているのですが、大人の方が小児科に行くのは抵抗があるかと思います。

 

なので、もし大人が水疱瘡に感染してしまった場合には内科ではなく『皮膚科』に行って診察を受けるようにしてください。

 

2回目に大人が水疱瘡に感染!?どんな時に感染するの?

基本的に水疱瘡は抗体を持っていれば2度感染することはないと言われています。

 

ですから、予防接種を受けておけば水疱瘡に感染する確率は極めて低くなるという事なのです。

 

水疱瘡で予防接種!インフルエンザを同時接種?間隔は?

 

ですが、水疱瘡に一度も感染した経験がない場合は、抗体を予防接種によって得たとしても、感染してしまう場合があります。

 

そう聞くと、『予防接種の意味がないじゃないか!』と思われてしまう方もいらっしゃるかと思います。

Sponsored Links

 

ですが、予防接種を受けた状態であれば、仮に水疱瘡に感染してしまっても症状が重症化してしまう事はほとんど無いのです。

 

ですから、出来るだけ予防接種は受けられる事をお勧めします。

 

また、大人の方が水疱瘡に2回感染してしまう事も稀にあると言われています。

 

例えば、1度目の水疱瘡の症状がなくなり、完全に治ったと思い込んでいても、実は体内にウイルスが潜み続けている事もあります。

 

そして、生活習慣の乱れや疲労などによって体調を崩してしまったときに、体内に潜伏していたウイルスによって水疱瘡のような症状が現れてしまうというケースもあるのです。

 

ただ、こういったケースによって2回目の水疱瘡の症状が現れたときというのは、水疱瘡ではなく『帯状疱疹』が起きているだけなので、水疱瘡のときほど心配する必要はないと言われています。

 

1度目の水疱瘡よりも、帯状疱疹は感染力が弱まっているので、しっかりと予防接種などによって抗体を得ている方には感染する事はほとんどないという事です。

 

ただ、絶対に感染しないと言い切る事はできませんので、帯状疱疹になってしまった場合にも他の人との接触は出来るだけ避けて、自宅で安静にするようにしましょう。

 

特に抗体を持っていない子どもには感染してしまう可能性が高くなりますので、気をつける必要があります。

 

5歳児などの子供は水疱瘡を2回感染しない?

水疱瘡というと、やはり子どもに多く見られる病気というイメージを持たれている方が多いかと思います。

 

では、もし子どもが一度水疱瘡に感染した場合は、その後再び水疱瘡に感染する事はなくなるのでしょうか?

 

基本的に子どもも大人も、一度水疱瘡に感染すると体内に抗体を得る事になりますので、もう一度水疱瘡に感染するという事はなくなります。

 

しかし、同じ水疱瘡のような症状である『帯状疱疹』を引き起こしてしまう可能性はありますので、注意しなくてはなりません。

 

一度水疱瘡に感染した場合、症状が治まって元気になったとしても体内にウイルスが潜伏し続けてしまっている可能性があるのです。

 

ですから、体調を崩してしまったときなどにそのウイルスが原因となって帯状疱疹を引き起こす可能性がありますので、注意しなくてはならないのです。

 

ですから、大人でも帯状疱疹になってしまう可能性がありますし、子どもでも帯状疱疹になってしまう可能性はあるという事です。

 

特に子どもは体調を崩すと一気に免疫力が低下して、体がウイルスに負けてしまう可能性が高くなるので、大人よりも帯状疱疹を引き起こす可能性は高いのです。

 

なので、出来るだけ免疫力が低下しないように保護者の方がサポートをしてあげる事が必要となります。

 

バランスの良い食生活はもちろんのこと、毎日の睡眠をしっかりと取らせることも重要ですし、免疫力を高めるためには何よりも運動が大事だと言われています。

 

運動をしっかりと行って新陳代謝を良くすることで、血行も良くなって体に疲労が溜まりにくい体を作っていくことができるようになります。

 

5歳前後の子どもは特にゲームをしたくなる時期でもありますが、しっかりと運動をさせて健康的な体作りをできるようにサポートしてみてください。

 

Sponsored Links