「水疱瘡が初期の時に薬で対処?保育園は何日から登園可能?」

 

水疱瘡は、10歳ころまでの子供にかかりやすい病気です。

 

Sponsored Links

主な症状は、強いかゆみと全身に広がる発疹と発熱が水疱瘡の特徴です。

 

つまり、水疱瘡は最も感染力が強いため、法的感染症として扱われています。

 

そこで、水疱瘡に感染した子供は、幼稚園、保育園、学校など登園、投稿は停止されています。

 

ただ、水疱瘡の症状や、また、水疱瘡にかかったらどの程度まで休ませればいいのか不安と悩みが付きますよね。

 

そこで、水疱瘡について、初期症状から完治までの経過や気を付けてあげたいポイントについて、詳しくまとめて見ました。

 

水疱瘡が初期の時にお風呂や外出はできる?

水疱瘡にかかっている時は、お風呂は基本的に避けて下さい。

 

お風呂に入ると発疹のかゆみが出てしまい、かき壊してしまう可能性があります。

 

かきむしってしまうと後がひどく残るのでお風呂は避けて下さいね。

 

また、熱がある時もお風呂やシャワーを避けて下さい。

 

そして、夏場。

 

夏場は特に汗をかきますね。

 

その時は、蒸しタオルで軽く押さえる様にして汗をぬぐってあげて下さいね。

 

ごしごしとこすると水疱がが破れてしまう可能性もあり、化膿してしまう事にもなりかねません。

 

ですので、軽く拭く感じで気を付けてあげましょう。

 

熱が下がってきた場合でも、お風呂は避けてシャワーで軽く浴びる感じで汗を流してあげて下さいね。

 

医師からの許可を得てお風呂に入る時期を調整するようにしましょう。

 

個人差はありますが、一般的に水疱瘡は1週間ほどとなります。

 

かさぶたに触れると、ぽろっと落ちます。

 

なので、すべての水疱がかさぶたになってから医師に診せて下さい。

 

その時に許可が下りれば、お風呂に入れますよ。

 

ただ、かさぶたになっていない状態、つまり水疱の状態でお風呂に入るとウイルスがお風呂に残ってしまい、家族や兄弟に感染してしまう危険性を高めてしまいます。

 

こういったリスクを避けるためにも、すべての水疱がかさぶたになり、入浴の許可を医師から得てからお風呂に入るようにしましょう。

 

お風呂に入ると体が温まりかゆみが出て来ます。

 

そこで、子供が肌をかくために爪を短く切っておきましょう。

 

水疱瘡が治った事で、お風呂に入れる時の注意点

お風呂に入れる時は。かさぶたが剥がれない様にゆっくりと入れてあげて下さいね。

 

そして、身体を洗うのは厳禁ですよ。

 

お湯に使って身体を温めてあげる程度にしときましょう。

 

他にも気を付ける事は、入浴剤を控えて下さい。

 

なぜなら、入浴剤には刺激が強いので、肌に良くはありますので控えてあげて下さい。

 

お風呂に入る時間も、いつもよりも短時間であがるようにしてましょう。

 

また、かさぶたも茶色になってきたら、身体を洗う事が出来ますが、ボディタオルなど使わず、泡をたてた石鹸で手で優しく洗うよにしましょう。

 

頭も同様です。

 

ごしごしと洗うのではなく、シャンプーを泡立てて、その泡を包み込む感じで優しく洗うようしましょう。

 

次に、シャワーで汗を流すときの注意。

 

シャンプーやボディーソープは使わずに洗いましょう。

 

何故なら、水疱瘡が治ったばかりの肌には、刺激が強すぎて痛みを感じたり痒くなったりとかさぶたを取ってしまう可能性があります。

 

なので、水疱瘡が治ったと言え、シャンプーやボディソープは避けてるようにしましょう。

 

また、頭を洗う時も同じです。

 

シャワーを全体にかけるのではなく頭皮だけでもお湯をかけるだけでも十分に汚れは落ちます。

 

肌を荒らう時ですが、かさぶたが破れて、そこへ雑菌が入ってしまうような洗い方は控える必要があります。

 

ですので、かさぶたが剥がれ落ちるまでは、頭皮だけお湯をかけるだけで十分とれますよ。

 

但し、水疱瘡でのお風呂は慎重に、そして自己判断せずに必ず医者に見せてからお風呂に入りましょう。

 

水疱瘡にかかると肌が敏感でちょっとした刺激にもかゆみが来たり痛みも行きますので、お風呂にはいる時は刺激の少ないお風呂がおススメです。

 

更に、家族に感染させないように発疹がかさぶたになるまで、お風呂に入れないようにしましょう。

 

そして、何よりも自己判断しないようにして下さい。

 

医者の判断で、お風呂の許可が出るまでは、入浴は控えましょう。

 

そして外出ですが、外出する事は出来ません。

 

水疱瘡かかっている場合は、1週間から2週間は外出は出来ません。

 

何故なら、水疱瘡があらわれる前の日からかさぶたになる間は、最も感染力が強いため、他の人に感染する可能性があります。

 

症状が発症している間は、外出をしないことで、感染拡大を予防する必要があります。

 

外出の時期は症状の進行によって変わりますが、水疱瘡がかさぶたとなって、赤みが引くまでは外出をしない方がいいです。

 

医師の判断で外出して下さい。

 

水疱瘡が初期の時に薬で対処できる?

水疱瘡の症状は、顔や頭、首回りに胴体にと書けて赤みが帯びた発疹が多く出る症状のです。

Sponsored Links

 

ウイルスが体内に入り症状が出るまでの期間を潜伏期間と言い、その潜伏期間は約2週間かかります。

 

最もかかりやすいのは、10歳以下の子供がほとんどで、特に1歳から5歳頃は最も多い病気の一つになります。

 

また、水疱瘡は、感染力が非常に強く、病院や保育園、幼稚園など人が多く居る場所は、感染してしまいます。

 

水疱瘡が感染しやすい経路は、実際に接触感染・空気感染・飛沫感染のすべてとなります。

 

そして、感染した水疱瘡の初期症状は、まず発疹です。発疹が現れる2~3日前から症状が出始め、そして、発熱にだるさ、頭痛、腹痛など訴え始めます。

 

その後に小さな赤い発疹がぽつぽつと出て来ます。

 

この時期を水疱瘡の発症期になります。

 

発熱とだるさといった症状は、初期症状に強く出てくるケースもありますが、殆ど現れてこないケースもあります。

 

そこで、個々の個人差もありますので、ある程度の点を把握して頂けたらと思います。

 

身体に表れた小さな発疹は、約1日程度で水膨れになります。

 

水ぶくれになった発疹は、その後膿が溜まり膿疱となって乾き、最後はかさぶたになります。

 

かさぶたになると、回復期です。

 

この期間になると他人への感染も殆どありません。

 

水疱瘡の時期は、冬から春先が最も多く見られる症状なので、特に警戒しないといけませんね。

 

実際に、病院に聞くと患者さんの8割が10歳以下の子供です。

 

特に幼稚園や保育園、学校など最も集団生活がしている場所が感染しやすい状況だと言えます。

 

 

水疱瘡の治療法とは

水疱瘡に感染した場合は病院に行きましょう。

 

その時に、かゆみが強い場合は、塗り薬が処方されます。

 

更に飲み薬も処方されますが、その飲み薬は、発疹が出始めてから48時間以内に飲む事で症状が軽く済むからです。

 

何故って思いますよね。

 

それは、ウイルスを撃退する薬なので、発疹が出始めて48時間以内に飲まないと効果がありません。

 

かゆみ止めの軟膏は、かきむしりの防止の為に塗ってあげましょう。

 

水ぶくれをつぶしてはいけないので、優しく塗ってあげる事が大事ですよ。

 

他にも、水疱瘡の予防接種も効果があります。

 

水疱瘡は、「水痘ワクチン」と言う生ワクチンの予防接種を受けます。

 

水疱瘡そのものは恐れる必要がない感染症ですが、予防接種を受ける事で、水疱瘡に感染しても症状は和らげることで軽く済む事にもなります。

 

また、症状の発症を防止をする役目にもなるので、非常に有効な対策です。

 

水疱瘡の予防接種は、平成26年10月に定期予防接種になりました。

 

1歳から2歳と無料で予防接種を受診できます。

 

基本的に2回接種する際には3ヶ月以上の間隔を空ける必要があります。

 

基本は、3か月以上の間隔をあけて2回接種を行います。

 

予防接種は、無料で受ける事が出来るので、各市町村に問い合わせる事をおススメします。

 

冬から春に多い水疱瘡が流行っているからっと言って予防接種を受ける事が出来るか悩むと思います。

 

ただ、生ワクチンにも潜伏期間もあるので、早い段階であれば効果は期待できますが、それでも小児科での医師に相談をするの事が一番です。

 

稀に、高熱も伴う事もある水疱瘡もあるので、脱水症状を防ぐには水分補給をしっかりと補ってあげる事も大切です。

 

食事についてですが、口腔内でも水疱が出来ています。

 

また、食欲があれば、何を食べさせてもかまいませんが、発疹があり痛みがあれば、口当たりが良い食事をあたえて下さい。

 

ヨーグルトやゼリー、うどん等飲み込みやすい食事にして見ましょう。

 

水疱瘡で保育園を休む?何日から登園できる?

水疱瘡は感染力が最も強いので、発症したら登園、登校はできず、出席停止となります。

 

水疱瘡による出席停止期間中は一般的に5〜10日程度とされています。

 

発疹してから水ぶくれが治まり、かさぶたがしっかりと出来ればですが、登園や登校が可能でなります。

 

水疱瘡のウイルスは、水ぶくれに多く存在しています。

 

それが、つぶれてしまうと感染が一気に広がるので、発疹が潰れているか見ながら、医者の判断で登園や登校の許可を出します。

 

重要な部分です。

 

幼稚園や保育園では、登園開始の際に出さないといけない書類があります。

 

それは、医者から証明書で登園開始には、提出を義務付けられています。

 

証明書を提出しないと、幾ら治っても登園や登校ができませえん。

 

忘れないように確認をして下さい。

 

でも、仕事の都合で長期間も休めない方もいますね。

 

そういう方には、「病児保育」がある事はご存知でしょうか。

 

病児保育には、小児科や保育園があります。

 

登録制もありますが、働いているママさんで仕事をあまり休めない方は病児保育の施設を考慮すると良いでしょう。

 

水疱瘡でも後はかさぶたになるのを待つだけ、至って元気で遊べるという時は、病児保育を利用するのもおススメします。

 

施設によっては、ある程度のルールもがあります。

 

利用する前に、あらかじめどのような病気だったら預けられるか確認して置きましょう。

 

Sponsored Links