Sponsored Links

「水疱瘡の大人の初期症状とは?ピークはいつ?」

 

あなたは水疱瘡についての知識は豊富でしょうか?

 

水疱瘡は子どものうちに予防接種を受ける方が大半なので、大人が水疱瘡に感染する確率は比較的少ないと言われております。

 

そんな水疱瘡について、今回は詳しくご紹介していこうと思います。

 

例えば、以下の内容を分かりやすく解説していきますね。

・水疱瘡の症状や原因はどのようなものなのか?

・大人が水疱瘡に感染した時の初期症状とはどのようなものなのか?

・水疱瘡のピークはいつ頃なのか?

 

予防接種を受けるということもあり、やはりそれなりに感染することへのリスクは高いと言われている水疱瘡ですから、ぜひ正しい知識を養っていただければと思います。

 

水疱瘡の症状や原因とは

水疱瘡の症状としては、まず37度くらいの発熱や頭痛、食欲低下などから始まります。

 

この段階ではまだ一般的な風邪と大差がありませんので気づくことは難しいと言われております。

 

さらに発熱自体は3日ほどで収まってしまうので、余計にこの段階で水疱瘡だと気づくことは難しいのです。

 

しかしその後、赤いブツブツが全身に出て来るようになります。

 

この段階で初めて水疱瘡であることがはっきりわかるということです。

 

しかし、この赤いブツブツもあせもや虫さされによって起こるものと似ている時がありますので気をつけるようにしましょう。

 

そしてこれらのブツブツはかさぶたとなって約3週間後くらいには綺麗になくなると言われております。

 

子どもの場合であれば、水疱瘡は比較的軽く済むと言われております。

 

しかし、場合によっては重症になる可能性もありますので、必ず病院に行くようにしましょうね。

 

この水疱瘡は、『水痘帯状疱疹ウィルス』というものが感染することによって引き起こる病気だと言われております。

 

このウイルスは一般的な風邪と同じように空気感染や飛沫感染、接触感染などによって体内に侵入してきます。

 

もし水疱瘡になった場合には、他人に感染する可能性もありますので注意しましょう。

 

大人が水疱瘡に感染した時の初期症状とは

水疱瘡は基本的に一度かかるとその後かかることはないと言われておりますが、大人になってから、帯状疱疹という名の病気として再びかかってしまう可能性があります。

 

また、抗体がなくなった場合にも再発する可能性はありますので注意しましょうね。

Sponsored Links

 

水疱瘡は大人になってかかると重症化してしまう可能性が高くなると言われております。

 

ですから大人は特に水疱瘡には気をつけなくてはなりません。

 

水痘で大人の治療は?ワクチンは?

 

大人が水疱瘡に感染した時というのも基本的には初期症状は同じです。

 

ですが、その後の発疹の症状が子どもに比べて状態がひどくなる可能性が非常に高くなると言われております。

 

そしてかゆみや痛みが非常に強く、最悪の場合は口の中にも発疹が出来てしまうこともあります。

 

口の中に発疹が出来てしまうと、かゆみや痛みによって食べ物を口に入れることが出来なくなってしまうのです。

 

それだけでなく、声帯に発疹ができる可能性もあり、声帯に発疹ができた場合には呼吸困難を引き起こし、命を落とす危険もあります。

 

ですから、必ず症状が現れてきたと分かったらすぐに病院に行くようにしてくださいね。

 

水疱瘡のピークはいつ!?

先程も説明した通り、水疱瘡は初期症状が普通の風邪と似ているため中々気付きにくいと言われております。

 

ですから、発疹が出てきたらできるだけ早く病院に行く必要があります。

 

そんな水疱瘡のピーク時には、『水ぶくれ』ができると言われております。

 

だいたい発疹が出来てから2日後くらいがピークになると言われております。

 

その水ぶくれに膿がたまり、最終的にはかさぶたとなると言われております。

 

この水ぶくれにも水疱瘡のウイルスは含まれておりますので、できるだけ他の人との接触を避けるようにしましょう。

 

水ぶくれが原因で他の人に移してしまう可能性が出てきます。

 

ですから、出来るだけ水ぶくれとなる前、発疹が出来てすぐの段階で病院に行くようにしてください。

 

そして、大人の場合は帯状疱疹として発症する可能性があります。

 

この帯状疱疹は、他の人に帯状疱疹として感染するする事はありません。

 

しかし、水疱瘡にかかった事のない子どもには、『水疱瘡』として感染してしまう可能性があると言われております。

 

ですから、帯状疱疹だからと言って人と接触しても良いと言うわけではありません。

 

特に子どもには接触しないように気をつけましょう。

 

Sponsored Links