Sponsored Links

「水疱瘡で予防接種!インフルエンザを同時接種?間隔は?」

 

子どもに多い病気というと、どのような病気をイメージされるでしょうか?

 

おそらく、りんご病やおたふく風邪、そして水疱瘡などをイメージされる方が多いのではないでしょうか。

 

確かにこれらの病気は子どもに多く感染する傾向にある病気だと言われています。

 

ですが、水疱瘡は子供だけではなく大人も感染する病気といわれています。

 

そこで水疱瘡を予防するためにも予防接種の時期や金額などについて知る必要があります。

 

水疱瘡でいつ予防接種すべき!金額などは?

水疱瘡は感染した直後の潜伏期間が非常に長いと言われています。

 

潜伏期間は約1週間ほどあると言われていて、その期間中には表立った症状が現れることは少ないので、その間に多くの人々に感染してしまう可能性のある、非常に危険な病気なのです。

 

だからこそ、水疱瘡は感染を防ぐことが何よりも重要な病気だと言えるわけです。

 

では、そんな水疱瘡を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

 

水疱瘡を防ぐ方法としてはただ一つ、『予防接種を受ける』という方法しかありません。

 

予防接種を受けていれば体内に抗体を作ることが出来ますので、感染する確率は極めて低くなりますし、仮に感染してしまったとしても重症化することはないと言われています。

 

ですから、水疱瘡が最も感染しやすいと言われている1歳から5歳までには予防接種を済ませておくことをお勧めします。

 

しかし予防接種となると、気になるのは値段ではないかと思います。

 

もともと水疱瘡の予防接種は定期接種ではなかったので、有料だったのですが、今は定期接種となったので、無料で受けることができるようになっています。

 

ただし、条件があります。

 

この水疱瘡の予防接種を無料で受けることができるのは『1歳〜2歳』までの子供と決まっています。

 

ですから、保護者の方は必ず1歳から2歳までの間に予防接種を受けさせてあげるようにしてください。

 

水疱瘡は一度感染すると再び感染することはなくなると言われていますが、決してそういうわけではありません。

 

帯状疱疹という症状で、再び水疱瘡のような発疹を発症させてしまう可能性はありますので、出来るだけ予防接種は受けるようにしてください。

 

また、子どもが水疱瘡に感染してしまうと、場合によっては重症化してしまう可能性もあります。

 

ですから、重症化を防ぐという意味でも予防接種は非常に効果的ですので、ぜひ予防接種を受けるようにしてみてください。

 

水疱瘡でインフルエンザと同時接種できる?間隔は?

また、予防接種の中でも最も多くの方が受けているのが『インフルエンザ』の予防接種ではないかと思います。

 

毎年といっていいほどインフルエンザは流行してしまう病気といわれてしますし、ワクチンが毎年異なることからインフルエンザの予防接種を受けたことがある方は非常に多いと思われます。

 

実は、そんなインフルエンザの予防接種と水疱瘡の予防接種は同時に受けることが可能なのです。

 

病院によっては同時に接種してもらえない所もあるのですが、同時に接種してもらえる病院もありますので、

Sponsored Links

 

もし同時に接種させたいと言う場合は、同時接種が可能な病院にかかるようにしてみてください。

 

また、水疱瘡やインフルエンザの予防接種は接種する間隔も重要だと言われています。

 

インフルエンザの予防接種は主に二回接種になるのですが、その二回接種の間隔は2〜4週間ほどと言われています。

 

ただ、あまり短すぎても良くないので、理想としては4週間ほどが好ましいと言われています。

 

そしてインフルエンザが流行する時期は12月の中頃〜4月末とされており、そのタイミングで予防接種の効果をしっかりと得られるように、予防接種の時期を合わせることが大切となります。

 

基本的にはインフルエンザの予防接種をして約2週間ほどで効果を実感できるといわれてします。

 

ですので、2度目の予防接種の時期に関して、11月末くらいに受けるのベストタイミングといえます。

 

また、水疱瘡の場合は2回目の接種までに最低でも3ヶ月以上は空けなくてはならないと言われています。

 

ただ、最も好ましいのは6ヶ月ほど間隔をかけるくらいだと言われています。

 

ですので、こういった所も参考にしながらインフルエンザの予防接種と水疱瘡の予防接種を行なっていくようにしてみてください。

 

どうしても忙しくて時間が取れないと言う場合は同時接種も可能なので、同時に接種してしまうのも良いと思います。

 

ですが、ある程度時間に余裕があるのであれば、日にちをずらして接種しても良いかと思います。

 

水疱瘡の予防接種時の注意点や副作用とは

予防接種と聞くと、どうしても副作用が気になってしまうかと思います。

 

しかし水疱瘡の場合は、副作用がほとんどないのでそこまで心配する必要はありません。

 

ただ、ごく稀に接種した30日後くらいに発疹や発熱などの副作用が現れるというケースがあります。

 

ただ、その副作用が重症化しまう可能性は極めて低いので、仮にこれらの症状が現れてしまったとしても特に心配する必要はありません。

 

そして水疱瘡の予防接種を受ける上で注意しなくてはならないのは、『そこまで有効性が高いわけではない』ということです。

 

どういう事かと言うと、水疱瘡のワクチンの有効性は70〜80%ほどだと言われているので、予防接種を受けたからと言って必ず水疱瘡の感染を防ぐ事が出来る訳ではないと言う事です。

 

ですから、予防接種を受けたからと言って油断してしまい、健康的な生活からかけ離れた生活を送ってしまうと、感染してしまう可能性も高くなるので注意が必要です。

 

予防接種を受けていれば仮に感染してしまっても重症化する事はないのでそこまで心配する必要はありません。

 

日々の生活から手洗いうがいをしっかりしたり、栄養バランスの良い食事を心がけたり、睡眠をしっかりと取ったりなど、健康的な生活を心がけるようにしてください。

 

また、子どもの場合は自己管理能力が大人に比べて低いので、保護者の方がしっかりとサポートしてあげる事が大切です。

 

『予防接種を受けたから大丈夫』という油断は決してしないように生活していきましょう。

 

Sponsored Links