Sponsored Links

「水疱瘡が痛い?薬でアストリックやゲンタシンは効く?」

 

育児中に子どもが急に発熱を出して、焦ってしまったという経験をした事がある方は多いのではないでしょうか。

 

特に子どもは大人に比べて自己管理をしっかりと出来るわけではないので様々な病気を予防するためには保護者の方がしっかりと日々の生活を見守る必要もあります。

 

そんな子どもによく起きる病気の中でも、特に心配になってしまうのは『水疱瘡』ではないでしょうか。

 

水疱瘡は水疱帯状疱疹ウイルスによって発症してしまうもので、発熱と発疹を引き起こしてしまうので症状が重い病気として知られています。

 

そこで、水疱瘡に関する症状や対処小、治療法について解説していきますね。

 

水疱瘡の大人の初期症状とは?ピークはいつ?

 

水疱瘡の症状とは?痛いの?

水疱瘡の症状にはどのようなものがあるのかというと、まず初期症状としては『発熱』そして『発疹』が現れると言われています。

 

水疱瘡というのは、1歳から5歳くらいまでの子どもに最もかかりやすい病気と言われていますので、出来るだけこまめに子どもの体調を管理してあげるようにする必要があります。

 

また、衣類で隠れてしまっている部分から発疹が出来始めていたら、症状に気がつくまでに時間がかかってしまう場合もあります。

 

ですので、もし発熱によって子どもの具合が悪いように感じたら、念のため服に隠れている肌に発疹が出来ていないかも確認するようにしてください。

 

そもそも水疱瘡には『潜伏期間』というものが存在します。

 

その潜伏期間の間には特に表立った症状が現れることはないので、その潜伏期間の間に水疱瘡の感染に気付くことは極めて難しいのです。

 

また、潜伏期間にも発熱の症状が現れることはあるのですが、もし現れたとしてもそこまで高い熱になる可能性は低いので、ただの風邪だと思い込んでしまう可能性も極めて高いのです。

 

つまり、発疹などが現れた時というのは、既に感染してからある程度の期間が経過しているという事なのです。

 

ですから、1歳から5歳までの子どもが2人以上いるような家庭の場合は、子ども同士で感染してしまう可能性が高くなるので非常に危険という事です。

 

なので、そういった家族内での感染を防ぐためにも、出来るだけ予防接種をして感染を防ぐようにする事をお勧めします。

 

予防接種をすると、水疱瘡に感染する可能性は極めて低くなりますし、仮に感染してしまったとしても、重症化する可能性は極めて低いので、予防接種を受けられる事をお勧めします。

 

水疱瘡の薬でアストリックやゲンタシンは効く?

では、もし水疱瘡に感染してしまった場合、どのような治療を行っていけば良いのでしょうか。

 

水疱瘡になってしまった場合は、主にアストリックドライシロップやゲンタシンなどの薬を服用して治療していくことになります。

 

アストリックドライシロップは、抗ウイルス剤としては最初にできたもので、ウイルスのDNAが複製されるのを阻害する事によって効果が示されると言われているのです。

 

また、アシクロビルというものは、ウイルスに効く医薬品としては最初に開発されたものと言われています。

Sponsored Links

 

これらの内服薬は、効果が持続する時間が決して長くないので、1日に4回ほど服用する必要があるのです。

 

また、アストリックドライシロップもゲンタシンも、使用上の注意としてはこれらの事が挙げられます。

 

まず、これは他の薬にも当てはまる事ですが、薬の成分に対するアレルギーをお持ちの方は、これらの薬を服用する事は出来ません。

 

なのでもし過去に薬を服用する事によってアレルギー反応を起こしてしまったという経験がある方は、医師と相談をした上で服用するようにしてください。

 

また、肝機能障害をお持ちの方や、高齢者の方などは、副作用が重症化してしまう可能性がありますので、これらに当てはまる方も医師としっかりと相談をした上で服用するようにしてください。

 

そして、水分の補給もこまめに行う必要があります。

 

特に高齢者の方は脱水症状になりやすいので、服用中は特に水分補給をこまめに行うようにしてください。

 

そして、車やバイクの運転なども控えるようにしましょう。

 

アストリックやゲンタシンなどは、場合によっては服用する事で意識障害を起こしてしまう可能性があると言われています。

 

可能性は極めて低いのですが、可能性がある以上車やバイクを運転して大事故を起こしてしまう恐れもありますので、出来るだけ水疱瘡が完治するまでは車やバイクには乗らないようにしてください。

 

そもそも水疱瘡は大人よりも子どもの方が多く感染する病気ではあるのですが、決して大人が感染しないというわけでもありませんので、ぜひ頭に入れておいて頂ければと思います。

 

水疱瘡に効果的な治療法や対処法は?

水疱瘡にかかってしまうと、水ぶくれが身体中に出来てしまい、かゆみも激しくなる傾向にあります。

 

大人の場合であれば、そのかゆみを我慢する事が出来るのですが、子どもの場合はかゆみが酷くなると掻きむしってしまい、水ぶくれを潰して化膿してしまう可能性があるのです。

 

化膿してしまうと肌に跡が残ってしまう可能性もありますので、出来るだけ子どもに掻きむしらせないように注意しましょう。

 

基本的に病院へ行けばかゆみを抑える塗り薬を処方してもらえますので、その薬を優しく塗ってかゆみを防ぐようにしていきましょう。

 

ただ、薬を塗るときにも注意が必要です。

 

優しく塗っているつもりでも水ぶくれが潰れてしまう可能性があります。

 

素手で薬を塗っていたときに水ぶくれが潰れてしまえば、二次感染を引き起こしてしまう可能性も出てきます。

 

ですので、もし子どもに塗り薬を塗ってあげるときには、必ず手袋をはめて綿棒などで優しく塗ってあげるようにしてください。

 

そして水疱瘡の症状による発疹は、口の中にもできる可能性があると言われています。

 

もし食欲があるのであれば基本的に何を食べても問題はないのですが、発疹があると口の中が痛くなってしまう可能性もあります。

 

もしそういった痛みを感じるときにはゼリーやヨーグルト、うどん、お粥などの柔らかくて飲みやすいものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

このように水疱瘡に感染してしまうと様々な症状に困らされることになってしまいますので、もしまだ水疱瘡に感染していない方は、出来るだけ予防接種を受けて感染を防ぐようにされてみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Links