「マイコプラズマ肺炎が悪化!吐き気や腹痛、下痢?治療で入院?」

 

マイコプラズマ肺炎は少し前までは4年に1度の頻度で流行していたため、「オリンピック熱」と呼ばれていましたが、近年では毎年、秋の初め頃から冬にかけて流行し、1年を通して感染が見られるようになりました。

 

Sponsored Links

肺炎は日本人の死亡原因の上位に名が挙がる程ですので、名前を見ただけでは怖いイメージがあるかもしれませんが、発熱、咳の症状で治まることがほとんどです。

 

マイコプラズマ肺炎は「肺炎マイコプラズマ」と呼ばれる細菌に感染することで症状を発症させてしまいます。

 

基本的に14歳以下の方感染者の80%を占めており、成人にも感染することがあります。

 

また、子供が感染した場合には軽度で済むことが多いのですが、大人が感染した場合には体力のない人等は稀に重症化し、入院が必要な場合もあります。

 

極端に恐れる必要はない感染症ですが、やはりかからないには越したことはありませんし、これから流行期に入るのでそれなりの知識を持っておく必要があります。

 

マイコプラズマ肺炎の原因や症状、悪化した場合等について説明していきます。

 

マイコプラズマ肺炎の原因とは

先ほども説明しましたように「肺炎マイコプラズマ」という細菌の感染が原因となります。

 

感染経路は咳、唾液等の飛沫感染や濃密な接触によって感染します。

 

感染力そのものは強くないのですが、潜伏から発症までの期間が1週間から3週間、長いときでは4週間、その後発症期間が1週間から2週間、回復期には長いときには1か月を要する場合もあります。

 

この発症から回復期においての期間は他人に感染させてしまう可能性がある為、感染力が弱くとも潜伏期間が長いので幼稚園や学校、職場などで感染が拡大してしまう場合があります。

 

家族や友人、恋人など密な接触が多い場合にはより感染してしまう可能性が高いですので周りにマイコプラズマ肺炎と診断された人がいる場合にはマスクを着用する等の予防策を取ることが大切です。

 

マイコプラズマ肺炎が悪化!吐き気や腹痛、下痢?

マイコプラズマ肺炎に感染した場合には、まず最初に発熱や咳、喉の痛み、鼻水、倦怠感、筋肉痛、嘔吐や下痢といった風邪の様な症状が出ることが多いです。

 

吐き気や嘔吐、下痢、中耳炎、鼓膜炎、筋肉痛、関節痛、発信などの症状がおよそ25%の患者に現れると言われています。

 

近年では稀に発熱がなく咳だけが続いたり、消化器だけに症状が出る場合もあるようです。

 

発熱の仕方もさまざまで、微熱が続いたり、38度程の高熱が3~4日続いたりします。

 

その後、乾いた咳が出始め、段々ひどくなり、終盤には痰がからんだ咳が出るようになります。

 

咳はなかなか治らずにひどい場合には3~4週間に渡り咳が続きます。

 

他にマイコプラズマ肺炎の特徴としては、夜間や明け方に発熱や咳が出るといったことが挙げられます。

 

初期症状は風邪と大変似ている為に、医者でも風邪と見分けが付かない場合も多いです。

 

子供でずっと咳が続いていて、病院を受診したところ、マイコプラズマ肺炎と診断を受け、既に治りかけているというケースも少なくないです。

Sponsored Links

 

自然治癒を薦める医者もいるほどですので、悪化するケースは珍しいですが、非常に稀ではありますが、マイコプラズマ肺炎と気づかずに放置して悪化してしまうケースもあります。

 

気管支喘息をもともと患っている場合にはマイコプラズマ肺炎によって咳が酷くなり、喘息の発作を引き起こす場合があります。

 

また、喘息で使用する気管支拡張薬はマイコプラズマ肺炎を治療する際に使用する抗生剤と相互作用を持つ為に、使用する前には注意が必要になります。

 

マイコプラズマ肺炎は肺炎だけではなく、時には合併症として心筋炎や心外膜炎、関節炎、無菌性髄膜炎、脳炎、肝炎、膵炎、下痢や嘔吐などの消化器症状、肝機能以上、肝肥大、じんましん、寒冷凝集素症による溶血性貧血やギラン・バレー症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群などを引き起こしてしまう場合もあります。

 

特に黄疸や疲労感、けいれん、意識が無くなるような意識障害や盛り上がった赤い発疹、かゆみのある地図のような湿疹のような症状が出た場合には注意が必要です。

 

マイコプラズマ肺炎で治療で入院!?

マイコプラズマ肺炎の初期症状は風邪に似ていますので大人の場合は特に自己判断で市販の薬を飲み病院へ行くのが遅くなってしまう場合が多いです。

 

また、病院を受診しても初期では医者も風邪との判断が付きにくいので、誤診をする場合もあります。

 

マイコプラズマ肺炎は、抗生剤の内服や、軽度の場合には自然に完治することも多い為、悪化したり、合併症を引き起こすことはほとんどないのですが、大人で体力のない人等は稀に悪化してしまうことがあります。

 

マイコプラズマ肺炎に関しては放置していると重症化するスピードも速いことから入院が必要になる場合もあります。

 

入院基準としては以下の方が挙げられます。

■60歳以上の人、しつこい咳が長期に渡って続いている人

■38度以上の高熱が出ている人

■乾いた咳が続き、脱水症状も見られる場合

■体力の消耗が見られる場合

 

上記の方はマイコプラズマ肺炎が悪化してしまっている可能性が高い為、入院となる可能性が高いです。

 

入院中は髄膜炎や腹膜炎といった合併症の有無やほかの細菌に感染していないか等の検査をはじめ、抗生物質の投与や点滴、場合によっては酸素吸入をすることもあります。

 

入院期間は若く体力のある人であれば短い期間で回復し、退院することもありますが、一般的には2~3週間を要します。

 

自宅療養の場合には治療費におよそ5000円から10000円程、その他点滴の治療が必要であればその分が必要になりますが、

 

入院する場合には、点滴や抗生物質等に加えて個室代やレントゲン代などもかかってきますので大体40万円程、高額医療費制度を活用しても16万円から18万円ものお金がかかってしまいます。

 

少々痛い出費ですよね。

 

ですので入院を避ける為にも風邪の症状が長引く場合には自己判断で市販の薬を飲まずに、早急に病院を受診することと、そもそもマイコプラズマ肺炎にかからない予防策を普段からしておく必要があります。

 

感染力の高い菌ではありませんので予防をしっかりと行うことでかなりの効果が期待出来ます。

 

予防策としては風邪と同様に、マスクの着用、手洗い、うがいをしっかりとすることが有効です。

 

Sponsored Links