「マイコプラズマ肺炎の症状で子供や幼児は?咳や熱が続く?」

 

マイコプラズマ肺炎は、肺炎の一種で、細菌である「肺炎マイコプラズマ」に感染することで発症してしまいます。

 

Sponsored Links

4年おきに大流行する感染症として知られ、「オリンピック熱」とも呼ばれていましたが、最近では毎年、秋から春先にかけてに感染者が増え、一年を通して見られる感染症となりました。

 

マイコプラズマ肺炎は幼児から成人まで幅広い年齢層で感染しますが、感染者のうち80%程度が14歳以下と学童期、青年期に多く発生します。

 

マイコプラズマは一般的には軽い肺炎とされ、しつこい咳と頑固な発熱を特徴とします。

 

症状もそれほど重くならないことが多いですが、稀に重症化する場合もあり、普通の気管支炎や肺炎、気管支炎なども合併することがあります。

 

特に子供に感染することが多い為、お子さんのおられる方ですと咳が長引いている場合等心配になりますよね。

 

子供の場合のマイコプラズマ肺炎にかかった際の症状や治療法について説明していきます。

 

マイコプラズマ肺炎の症状で子供や幼児は?

初期症状はとても風邪に似ています。

 

発熱(37度から39度程の高熱)、くしゃみ、鼻汁、咳、のどの痛み等の症状に加え、全身倦怠や頭痛、関節や筋肉の痛み、下痢などの感冒様症状が出ます。

 

また、喘息があると喘鳴も出ることがあります。

 

初期では咳は乾燥した感じですが、徐々に重くなり、解熱後もマイコプラズマ肺炎と気づかずに放置した場合、1か月以上続く事もあります。

 

年長期、青年では後半になると痰を伴った苦しい咳になることもあります。

 

乳幼児の場合には軽い症状で済むことが多いですが乳幼児より上の場合には肺炎や重症になると胸水貯留等を起こす場合もあります。

 

子供がマイコプラズマ肺炎にかかった際にはほとんどが軽い症状で治まり、子供も元気にしていることが多い為、気が付かずに咳がなかなか治らない為、病院を受診するとマイコプラズマ肺炎で、既に治りかけているというケースも少なくないです。

 

しかし、中には症状がひどくなる子供も見られます。

 

咳や発熱の他に吐き気や嘔吐、下痢の症状を訴えたり、中耳炎や鼓膜炎等の耳の異常を起こす子供もいます。

 

稀に喘息になることもありますし、喘息にならずとも風邪をひくと咳が長引くようになる子や、全ての子供に言えるわけではないですが、マイコプラズマ肺炎にかかると口が臭くなる子供もいるようです。

 

4歳以下の乳幼児には大抵の場合は無症状または軽症で済むことが多いですが、発熱があったり咳が長引いて口が臭う場合にはマイコプラズマ肺炎を疑いましょう。

 

また、最近のマイコプラズマ肺炎は呼吸器と消化器や、消化器だけに症状が出る場合もあります。

 

発熱と咳が主な症状でしたが、熱が全くでないという場合もあるようです。発熱が無くとも咳が長期間に渡り続くようであればマイコプラズマ肺炎を疑った方が良いかもしれません。

 

マイコプラズマ肺炎で咳や熱が続くの?

代表的なマイコプラズマ肺炎の症状として、夜間に咳や熱が発症することが多いという点があります。

 

ですが近年に流行するマイコプラズマは変化してきており、発熱が全く無く、咳だけや消化器にだけ症状が出ることもあるようです。

 

発熱が見られる場合には発症後から39度を超える発熱が見られたり、微熱が続くなど、熱の症状も人によって様々です。

Sponsored Links

 

マイコプラズマ肺炎の咳は先ほども説明しましたように、初期では乾いた咳が出ますが、悪化するにつれてひどくなり、終盤になると湿った咳が出るようになります。

 

マイコプラズマ肺炎が悪化!吐き気や腹痛、下痢?治療で入院?

 

咳は熱が治まった後にも続き、咳が続く場合には胸に痛みを感じやすくなり、個人差がありますが倦怠感、疲労感などの症状も現れるようになります。

 

マイコプラズマ肺炎の感染経路や潜伏期間は?

マイコプラズマ肺炎は咳、唾液などの飛沫感染や接触感染が主です。

 

感染力はそれほど強くない為、感染拡大の速度は比較的に遅いですが、保育園や幼稚園、学校、家庭などの密な接触が多い範囲では流行する場合があります。

 

友人や恋人でも接触が多ければ感染する可能性があります。

 

マイコプラズマ肺炎の潜伏から発症までの潜伏期間はおよそ1週間から3週間、長いときには4週間という場合もあります。

 

その後に発症し、症状が約1〜2週間続き、咳だけが続く状態が長ければ1か月程度かかる場合もあります。

 

発症から回復期である咳が続いている状態においては他人に感染させてしまう可能性がある時期です。

 

感染力は弱くとも、感染期間が長いのでマイコプラズマ肺炎を患った際には周囲へ感染を広げないように十分注意する必要があります。

 

また、マイコプラズマ肺炎に一度感染しても免疫がつかなかったり、免疫がついても長く続かないことが多いため、子供の場合には繰り返し発症することがあります。

 

大人では何回か感染することで抵抗力がつき、感染がしにくくなります。

 

マイコプラズマ肺炎の治療法とは?

マイコプラズマ肺炎の細菌は、大きさが通常の細菌よりも小さく、通常の細菌が保持している体の外壁がありません。

 

ペニシリンやセフェム系などが代表的な抗生物質として挙げられますが、それらは細菌の壁を壊して細菌を殺す作用がありますので、細菌に外壁の無いマイコプラズマ肺炎に対しては全く効果がありません。

 

抗菌薬による治療が基本ですがマクロライド系抗生剤やテトラサイクリン系抗生剤、ニューキノロン系抗生剤等を使用します。

 

しかし、マイコプラズマ肺炎は近年変化してきており、マクロライド系抗生剤が効かない場合も出てきています。

 

その場合にはやむを得ないのでテトラサイクリン系やニューキノロン系抗生剤を使用することになりますが、テトラサイクリン系抗生剤の場合には8歳以下の子供に2週間以上使用した場合、永久歯が黄色くなるといった骨の発達に影響があると言われています。

 

ですので子供にはテトラサイクリン系抗生剤を使用しないか、使用しても1週間程度にします。

 

とは言え、親であればその影響は心配になりますよね。

 

子供がマイコプラズマ肺炎と診断され、テトラサイクリン系抗生剤を処方された場合には医師と相談された方が良いかもしれません。

 

また、症状が軽い場合や治りかけている場合には自然治癒を進める場合もあります。

 

抗生剤に頼るよりは自然治癒に頼る方が良いといった意見の医者もいます。

 

自然治癒を選択する場合にはしっかりと水分を補給して安静に過ごすことが大切です。

 

それでも咳が長引いてしんどかったり、悪化するようであればもちろん再度病院を受診し、医師に薬の処方をお願いしましょう。

 

Sponsored Links