Sponsored Links

急性アルコール中毒の原因!空腹時にお酒は危険?

 

大学生は、そろそろ学園祭の季節。

 

社会人は、忘年会などの宴会のシーズンに入りますよね。

 

ただ、大学では「構内での飲酒を禁止」と出ています。

 

それは以前から「急性アルコール中毒」を起こし、救急車のお世話になる学生の話は多く聞かれているからで大学側としては「急性アルコール中毒」起こさないように対策をしています。

 

また、社会人でも新社会人の方のが、やはり「急性アルコール中毒」を起こし死亡に至るケースも多く聞いています。

 

そこで、「急性アルコール中毒」とはどんな症状か調べて見ました。

 

これを幸いに「急性アルコール中毒」が少しでも無くなる事を願いたいですね。

 

急性アルコール中毒の自覚症状!呼吸が荒い?吐くこともある?

 

急性アルコール中毒の原因とは?

「急性アルコール中毒」は、アルコール飲料としてエタノールを短時間に多量に摂取する事で運動失調や意識障害を、さらに昏睡に呼吸困難に血圧低下と起きる症状です。

 

そして、過剰に摂取する事で、重症の場合や死亡する事が多く、軽視する事は出来ません。

 

では、「急性アルコール中毒」の原因は何って思いますよね。

 

普段からお酒は強いと思っている方でも、日本酒を1升、ウイスキーを1本を30分以内で飲む。

 

これでは多量接種になり昏睡や死亡にもつながってしまいます。

 

たとえ半分の量でも飲むスピードが早ければ急性アルコール中毒になります。

 

ただ、これはあくまで目安です。

 

人によって、また場合によって、お酒の量が半分の量に飲む早さに急性アルコール中毒を引き起こすには可能性は十分あります。

 

急性アルコール中毒になってしまう原因は他にもあります。

 

日本人は基本的にお酒の弱い人種ですので、誰にでも急性アルコール中毒になってしまう危険性をもっています。

 

つまり、アルコールを分解する「アセトアルデヒト脱水素酵素」が、日本人の体内での働きが比較的に弱い、または、殆ど働かない方が大勢います。

 

特に女性や若年者、高齢者などは急性アルコール中毒のリスクが非常に高いです。

 

アルコールに弱い体質な方は、お酒に弱い方だと言えるのかって思いますね。

 

それは、目安ですが、飲酒後に顔が赤くなるタイプの方はアルコール分解が遅いと言われています。

 

そのため、急性アルコール中毒のリスクは高いですね。

 

そして、急性アルコール中毒の発症する方には、普段からお酒を飲み慣れていない方、自分がお酒に弱い事、お酒を飲むに配分量を知らない方がいかに多いか、

 

原因の一つになりますね。

 

「お酒は大量に飲めるのがカッコよく見える」

 

何て、見栄で安っぽいイメージを持たない事が大切です。

 

お酒を飲むに大切なことは、自分のお酒に対しての耐性を知る事。

 

お酒を飲む限度をする事。

 

それらを理解する事が、お酒を飲むにかっこよさが見え、楽しめるお酒だと言えます。

 

ただ、大学生、新社会人にくだらない【一気飲み】として無茶な飲酒で、脂肪に至るケースが増加して、発生しています。

 

お酒の場に安っぽい上下関係を持ち出す事が良くないですね。

 

お酒の場での雰囲気もありますが、断る事も大切です。

 

命がかかっていますからね。

 

一人ひとりがしっかりと態度を示しながら、お酒を飲んで見ませんか。

 

空腹時にお酒は危険?

仕事が終わったからお酒を飲むって事はありませんか。

 

お酒を飲むに空腹でのお酒はいけません。

 

それは、とても危険な行為になりますよ。

 

それは何故か。

 

・空腹時で飲酒は危険な行為

空腹時でお酒を飲む時、お腹の中は空っぽの状態です。

 

そこにアルコールを入れてしまうと吸収され、酔いが全身に回ってしまいます。

 

そのなかで、胃の中に胃壁がありますが、その胃壁をを守るものがないために強いアルコールを飲酒された場合は、胃の粘膜を直接におかされてしまいます。

 

なので、食前にお酒を飲むなら、度数が弱いお酒を軽くたしなむ感じにしましょう。

 

 

・お酒だけ飲んで出された食事に手を付けない方、いませんか。

Sponsored Links

酒のみの方にしばしば見られますが、そんな飲み方では、すぐにでも身体を壊してしまいます。

 

ぜひ、一緒に食べながら飲んでください。そしてゆっくりと飲む習慣を見つけて下さい。

 

おつまみは、肝臓に負担がかからないタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維など含んだものをおつまみとして食べて下さい。

 

良くビールに枝豆と聞きますが、これは、理にかなったおつまみなんです。

 

枝豆は、タンパク質です。

 

枝豆を食べながらアルコールを一緒にとっても身体の負担が軽減してくれます。

 

つまり、肝臓に負担がかからないおつまみには最適な食材です。

 

逆に、肝臓に負担かかる脂っこいもの、血圧が上がる塩分の強い物は身体に負担がかかるので避けて下さい。

 

そして、魚や肉、野菜や穀類、果物などバランスよく摂るように心掛け下ください。

 

 

・空腹時の飲酒は、辛い二日酔いの原因にもなります。

空腹時にお酒を飲んだ次の日、辛い二日酔いが起きていませんか。

 

辛い二日酔いに後悔しない為にも、空腹時のお酒は飲まない事です。

 

空腹時の飲酒は、胃が荒れて酔いも早く回ります。

 

なので、お酒を飲む前には、必ず何か食べる事が大切です。

 

また、食べながらお酒を飲むように心掛けて下さい。

 

これは、飲酒の前に空腹を防ぐ役目にもなります。

 

晩酌も良いと思いますが、身体の事を考えると夕飯と一緒にお酒を縫む事をすすめます。

 

何故なら、つまみながら飲む事でお酒のペースを落とす効果があります。

 

また、おつまみには枝豆や豆腐などおススメします。

 

但し、胃に入れば何でも良いわけではありません。

 

フライ物や脂の多い物は胃もたれにつながりますので、避けた方が良いでしょう。

 

急性アルコール中毒を予防する方法

急性アルコール中毒は、意識障害を筆頭にして症状が激しく変わります。

 

まさに1分1秒の対処によって、命が大いに係わります。

 

そこで、危険度の高い急性アルコール中毒を避けるには、普段から正しいお酒の飲み方を理解することが大切です。

 

今更、知っているなど言う方もいますが、もう一度お酒の飲み方について、おさらいして置きませんか。

 

誰にでもなる急性アルコール中毒です。覚える事もとても大切なことです。

 

・お酒は楽しみながら少しづつ飲みましょう。

肝臓が基本的にアルコールを処理していきますが、その際に「アセトアルデヒド脱水素酵素」という酵素が大活躍します。

 

お酒が強い・弱いというのは、個人の持つこの酵素の働きによって決まります。

 

目安としては1時間当たりにどのくらい肝臓にてアルコールが分解されるのかに当たります。

 

ビールでしたら、中瓶で約3分の1。

 

日本酒でしたら7分の1になります。

 

この範囲を超える早さで飲酒したら身体の負担は大きな負担になります。

 

そこで、お酒はゆっくりと飲んで楽しみましょう。

 

 

・こまめな水分補給をしましょう。

水分を摂る事で、脱水症状や急性アルコール中毒も防ぐ役目があります。

 

特に飲酒前に飲む事をすすめます。

 

空腹でのお酒は肝臓に負担がかかりますが、水分を先に取る事で濃いアルコールが胃壁につくのを防ぐ事が出来ます。

 

飲酒中に水分をこまめに摂ると、「肝臓の負担が軽減される」「脱水症状にならない」「アルコールの濃度を下げる」など効果として現れます。

 

また、強いお酒を飲む時は水と交互で飲む事。これは身体の負担を減らしてくれますし楽しく飲む事が出来ます。

 

ですので、アルコールを摂取する時はスポーツドリンクやお茶ではなく、炭酸水や水で水分補給することをおすすめします。

 

 

・週に2日は休肝日

週に2日はお酒を飲まないで肝臓を休める休肝日を作ることが大切です。

 

日本酒を3合以上飲まれている方や毎日飲んでいる方は特に肝臓を休めることが大切です。

 

何故と思いますが、これはアルコール依存症をチェックにもなる事です。

 

そして1週間に1日から2日にかけて休めると、アルコールが抜けてきて肝臓の負担が軽減されます。

 

Sponsored Links