「急性咽頭炎で入院?抗生剤は?」

 

急性咽頭炎は入院する必要があるのでしょうか。

 

Sponsored Links

抗生剤が効くのかどうかなどについて調べてみました。

 

急性咽頭炎になる原因や症状など急性咽頭炎という病気がどういった病気なのかを、まとめていますので心配な方は参考にして頂けたらと思います。

 

急性咽頭炎の症状や原因とは

急性咽頭炎はのどの病気で、細菌が原因でなるものです。

 

咽頭と呼ばれる箇所が炎症を起こしている状態で、子供のほうが大人よりも発症する確率が高い病気です。

 

症状としては、声枯れや咳、のどに感じる異物感や熱、痰、声が出ないなどがあります。

 

急性咽頭炎の原因は、のどにウイルスがつくことで炎症を起こすため、乾燥している日や風邪の流行している時期はうつらないように、たっぷりと睡眠と休息をとり、のどを乾燥させないよう過ごして下さい。

 

咽頭炎には、急性咽頭炎と慢性咽頭炎があり、違いは症状の違いで判断出来ます。

 

急性咽頭炎になる原因は、ウィルスや細菌による感染が主で、咽頭の腫れ、声が出ない、熱、咳、痰などの症状が現れます。

 

一方、慢性咽頭炎は、咽頭に慢性的に不快感や異物感を感じる状態になります。

 

慢性咽頭炎は、喫煙やアルコール、ハウスダストや空気の悪い環境、ガスやほこりなどを日常的に吸うことで発症します。

 

急性咽頭炎になったり、治ったりを繰り返すことでも慢性咽頭炎になります。

 

病状がなかなか良くならない場合は、まず喫煙とアルコールを控えるようにして下さい。

 

のどに痛みが出て食欲不振になることもあるので、消化の良い食事メニューを考えるようにしましょう。

 

消化の良いバナナやのど越しの良い豆腐など、食欲がなくても栄養補給の出来る物を摂取するようにしましょう。

 

他にも消化の良い食べ物には、お粥や半熟卵、キャベツやじゃがいもなどがあります。

 

消化が良いと胃にも優しいので、体力的にしんどい状態の食欲不振には栄養が高く、消化の良い食事に切り替えてください。

 

日頃から体力をつけることで、免疫力や抵抗力がつきます。

 

予防には規則正しい生活と体力をつけることも心がけましょう。

 

赤ちゃんの急性咽頭炎はウイルスの感染が殆どですが、ウイルスに対する治療薬がないので鎮痛剤や解熱剤を使用することになります。

 

赤ちゃんがなってしまった場合は、ミルクや離乳食を嫌がる時があります。

 

親御さんは無理に飲ませようとせず、水などで水分補給させてあげるようにして下さい。

 

室内も過湿に気を配りましょう。

 

急性咽頭炎で入院する可能性とは

急性咽頭炎は、基本的には処方された薬で治療するので入院する必要は無いと言えます。

 

手術する方法を選択した場合には入院する必要があり、1週間〜10日ほどの猶予を見積もった方が良いと言えます。

 

急性咽頭炎は、急激な喉の痛みと熱などが伴い、放っておくと慢性咽頭炎の原因になってしまうことがあります。

 

のどを刺激しないようにして、食事内容の改善を測りながら、薬で治療する方法が一般的と言えます。

 

自然治癒と保存療法による治療が可能なので、入院する可能性の方が低いと言えます。

 

治療方法に手術を選択しなければ入院する可能性はありませんが、医療機関の受診は必ず行うようにしましょう。

Sponsored Links

 

手術の費用は数万円から数十万円が相場ですが、30万円以上かかる場合もあります。

 

急性咽頭炎は俗にのど風邪とも言われるので、風邪の流行している時期は、帰宅時にはしっかりと手洗いをし、うがいも欠かさないようにして下さい。

 

外出時にマスクを常用しても良いですし、疲れている時に、ウイルスがのどにつきやすいので疲労回復に努めるようにしましょう。

 

乾燥も良くないので、室内では加湿器などを利用するようにしましょう。

 

急性咽頭炎では、手術を選択した場合以外では、入院する可能性は無いと思いますが医療機関で薬や抗生剤を処方してもらい、服用して治すようにしましょう。

 

急性咽頭炎は、数日から数週間程度で直るもので2週間程度の長期に渡る場合は耳鼻咽喉科で担当医に相談されるようにして下さい。

 

急性咽頭炎は抗生剤で治す?効果的な治療法や予防法とは

急性咽頭炎は、消炎薬などの薬で治療する方法と咽頭への薬の塗布で治療する方法などがあります。

 

抗生剤で治すこともあります。

 

市販の風邪薬では効果が出ない場合もあるので、病院で処方される薬を服用するようにしましょう。

 

予防方法には、禁煙やアルコールの摂取量の調整、ストレスの軽減、生活習慣の見直し、環境の改善、適度な運動、アレルギーや花粉症などの対策などがあります。

 

慢性咽頭炎は、急性咽頭炎をくり返すことでなりますが日々の喫煙やアルコールの過剰摂取、ストレスが原因になっていることもあります。

 

不規則な生活や運動不足などからくるストレスも原因になるので生活態度を見直すことも大切になってきます。

 

定期的にランニングやウォーキングなどの運動をするようにして下さい。

 

運動は発汗や代謝を促すので、運動嫌いな方でも定期的にすることで無意識のうちにストレス解消になっているものです。

 

運動が苦手な方も簡単な運動から日常生活に取り込むようにしましょう。

 

急性咽頭炎は、インフルエンザウイルスやアデノウイルス、コクサッキーウイルスなどの風邪ウイルスによるものが多く、発熱や食欲不振になることもあります。

 

アデノウイルスで大人の症状は結膜炎や下痢、咳?薬は?

 

アデノウイルスで大人が入院?会社へ出勤しなくてもいい?

 

十分な睡眠と栄養補給をとるようにして下さい。

 

また、喉に乾燥が良くないため、室内の乾燥を避けるよう保湿器などを使用するようにしましょう。

 

治療方方の1つとして、ストレス軽減にも努めて下さい。

 

ストレスはホルモンバランスの乱れなどから感じやすくなる場合もあるので、ホルモンバランスの調整を心がけましょう。

 

ホルモンバランスと整える方法では、便秘や下痢などの排泄(デトックス)に注意し、夜22時〜夜中の2時のホルモン分泌の多い時間に就寝を取るようにしましょう。

 

不眠や寝つきの悪さからホルモンバランスが乱れることもあるので、就寝前にはぬるいお風呂などにつかり血行を良くして就寝するようにしましょう。

 

急性咽頭炎の治療方法には、抗生剤などの薬物療法だけでなく手術をする方法もあります。

 

手術は、1週間〜10日程の入院が必要で全身麻酔で行います。

 

予防方法では、検査の方法として耳鼻咽喉科の診察を受けるようにして下さい。自分で出来る治療法はうがい薬でうがいをするようにしましょう。

 

Sponsored Links