急性アルコール中毒の症状!寒気や悪寒・過呼吸・貧血・腹痛?

 

急性アルコール中毒にかかった時の症状を知るのは、お酒を飲むうえで重要です!

 

Sponsored Links

急性アルコール中毒の症状で悪寒や寒気?

お酒はやはり美味しい料理と素敵な仲間と楽しむと、本当に楽しいですよね。

 

しかも、お酒というのは飲み始めると止まらなくなってしまうことがあります。

 

お酒の飲み過ぎの代表的なものを、何と言っても二日酔い。

 

二日酔いになると、ああ、どうしてあんなにお酒を飲んでしまったんだろうと、後悔をした記憶はありませんか?

 

そんなアルコールの取り過ぎは、他には急性アルコール中毒というのもあります。

 

お酒を自分の飲める量を超えるアルコールを飲んだりすると急性アルコール中毒になることがあります。

 

急性アルコール中毒になった人を看病したことがある人はご存知かもしれませんが、ブルブル震えたりしている人に接したことがありませんか?

 

 

これは、急性アルコール中毒では、重大な状態で、短い時間でその人の許容量を超える飲酒をしたことによって発症した急性アルコール中毒によって、その人が低体温症になってしまったということです。

 

また、低血圧にもなっていることもあるので、そう言う時はとにかく毛布などで身体を十分温めて挙げることが必要です。

 

どうして、アルコールを飲むと身体が寒くなるのかというと、アルコールが末梢神経を拡張してしまうので、体温を体外に放出してしまうからです。

 

急性アルコール中毒では、まずは、昏倒をしていないかどうかを確認して、少しでもコミュニケーションを取れるかどうかを確認する必要あります。

 

次に確認することが、「寒気を感じていないかどうか」ということなので、寒気を感じているかどうかをチェックすることはとても大切なことです。

 

それは、このまま低体温症が続いてしまうと、熱が体外に放射されてしまうので、最悪の場合は死に至るケースも有ります。

 

したがって、この時点で急性アルコール中毒になってしまった人が寒気を感じている時には、その人にとってはとても危険な状況です。

 

ですので、まずは、コミュニケーションを取れる段階で、寒気があるかどうかを確認をして、もし寒がっていれば、温めてあげて、体温が下がるということを先ず防ぐということが大事です。

 

急性アルコール中毒で発汗?泡をふいたり瞳孔もひらく?

 

急性アルコール中毒の症状で過呼吸も発症?

また、急性アルコール中毒の症状の一つとしては、過呼吸が発症することがあります。急性アルコール中毒で過呼吸になる人の特徴は、お酒の弱い人です。

 

逆に言うと、飲んでも全然変わらないというような人が、お酒を飲んでも過呼吸になるということは極めて稀なケースです。

 

ただ、お酒の弱い人が急性アルコール中毒になるまでにお酒を飲んでしまうと、過呼吸になるケースが良くあります。

 

例えば、お酒の飲み過ぎで息があがったこととかありませんか?

 

この息が上がっている状態が続くと、過呼吸になることが多いのです。

 

この原因は、お酒は身体全体にも変調をきたす作用もありますが、脳の神経伝達物質にも悪影響を当たるので、動悸が過呼吸になってしまうことがあります。

 

もし、一緒にお酒を飲んでいる人が過呼吸の症状が見えたら、まずは病院に連れて行って上げて、悪化しないように理療をしてもう事が必要です。

 

急性アルコール中毒の自覚症状!呼吸が荒い?吐くこともある?

Sponsored Links

 

急性アルコール中毒で腹痛もある?

急性アルコール中毒になった人に見られる症状としては、腹痛があります。

 

この場合、どの内臓が悲鳴を上げているのかというと、これは胃です。

 

つまり、お酒の飲み過ぎで「胃」が大変だ!と騒いでいるという状況だと思ってください。

 

それは、例えばお酒を飲むときには、先ず料理を食べながら一緒に飲むようにしましょうということはよく言われますよね。

 

逆に言えば、空腹でお酒を飲むというのはもっての外ということなのです。

 

つまり、空腹の状態でお酒を飲むこと自体、胃に刺激を与えていることになりますから、胃に対して良いわけがないのです。

 

ましてや、空腹ので飲酒がお腹に良くないのに、急にお酒をすごい勢いで飲んだら、それは胃は反応をしますよね。

 

お酒と食べ物に関しては、ダイエットではないですけれども、きちんと色々なものを食べながらお酒を楽しむようにしないとダメです。

 

お酒の席だと、生物もありますけれども、揚げ物や油で焼いたようなものとか、こってり系のものが多いですよね。

 

それをいきなり急激にお酒を飲んで、脂っこいものを食べたりしたら、こちらもお腹は驚きます。

 

良くたくさんお酒を飲んだ翌日に二日酔いになったけれども、お腹も痛くて、下痢になったという話も聞きます。

 

こちらも、お酒に絡んだ暴飲暴食が原因です。お酒と脂っこいものを大量に食べたりしたら、胃には大きな刺激になってしまいます。

 

お酒の席ですから、すでに酔っ払っていますし、自分を制御できないし、しかも、料理も味が濃くて美味しいし、味の濃いものと言うのは、ご飯と一緒でお酒が進んでしまうんですよね。

 

例えば、イカの塩辛はとても美味しいですけれども、御飯のおかずやお酒のつまみには最高ですよね。

 

でも、一方で塩分が濃すぎるということもあるし、その塩分の濃いものをお酒で流しているという状態は、決して身体に良いとはいえません。

 

このように急性アルコール中毒になると、様々な症状になりますが、それでも意識がある状態はまだいいですが、

 

一般的には急性アルコール中毒になると、動けなくなってしまうか、コミュニケーションが取れなくなるなど、一時的に廃人状態になってしまいます。

 

したがって、先ずお酒の席で、そう言う状態になってしまった場合には、まずは病院に本人を連れて行って、きちんと診察をしてもらうようにしましょう。

 

この急性アルコール中毒というのは、色々な弊害があるということはご存知かと思います。ですから、まずは急性アルコール中毒にならないように予防をしないといけません。

 

急性アルコール中毒にならないための予防方法と言うのはとても簡単です。

 

お酒を楽しんで飲むということですね。お酒を弄ぶような飲み方をすると、必ずしっぺ返し合いますから、まずはそういう変な飲み方をしないということです。

 

具体的には、一気飲みとか、駆けつけ三杯と言うのはもっての外。

 

また、目上の人間がオレの酌が飲めないのかということを強要する悪弊がまだまだあります。

 

これももっての外です。そんなことで誰かが急性アルコール中毒になってしまったら、そのお酒の席は一気にダメになってしまいます。

 

ですから、まずはお酒は理性を持って楽しむということです。

 

理性で自分を抑えられないのであれば、それはお酒を飲む資格が無いと言われても仕方がありません。

 

一番大事なことは、まずは自分の酒量を良く知ってお酒を楽しむということです。

 

急性アルコール中毒の原因!空腹時にお酒は危険?

 

Sponsored Links