Sponsored Links

「犬のクーラー病(冷房病)の症状とは」

 

暑い夏。犬を置いて出かける時の室内の温度も気になります。

 

毛におおわれて暑そうに舌を出しているワンちゃんのためにクーラーをつけてあげたいけど、ヒトと同じ温度にして大丈夫かな?

 

毛でおおわれているからもっと温度を下げた方が良いのかな?と悩みますよね。

 

そんな大切な家族の一員の犬のために夏のクーラーの安全で効果的な使い方をご紹介します。

 

犬のクーラー病(冷房病)症状と原因とは

暑い夏。家の中にいる犬もヒトと同じように暑さを感じています。

 

ヒトは汗腺があり、そこから汗を出すことで体温調整をしているのですが、じつは、犬にはその汗腺が肉球にしかありません。

 

全身が毛でおおわれているので体温調整がとても難しいのです。

 

よくお散歩をしている犬が、舌を出して「ハアァハアァ」としている様子をみたことはありませんか?

 

犬は舌を出すことで体温調整をしているのです。

 

暑がりの犬のために室内でクーラーをかけ続けていたら、クーラー病になってしまうケースが夏の暑い時期にとても多いのです。

 

◆犬のクーラー病の症状:食欲不振 便秘 下痢 神経痛 関節痛

 

◆犬のクーラー病の原因:外気と室内の温度差などの自律神経の乱れ。

 

犬のクーラー病も、ヒトと同じように あまりにも室内が涼しいと自律神経が乱れて体調を崩します。

 

夏の季節は、犬も夏をむかえるカラダへと準備するのですが、クーラーの効いた室内に長時間いることで冬なのか夏なのかカラダが反応に困ってしまいクーラー病の症状が現れるのです。

 

小型犬や老犬は暑さにも寒さにも非常に敏感なので注意が必要になります。

 

また酷い症状だと嘔吐を繰り返し脱水症状になってしまうので、すぐに獣医さんに連れて行ってください。

 

犬のクーラー病(冷房病)予防法と対処法とは

毛におおわれて暑さに弱い犬のことを気遣って、獣医さんでもクーラーをかけて室内を涼しくすることを進めています。

 

◆ワンちゃんのクーラー病を予防・対処しよう

室内にいる犬は、ヒトが感じるよりじつは冷気を感じています。

 

それは、ヒトより低い場所にいることが多いからです。

 

「犬は暑いのが苦手だから」とガンガン冷やす前に、ワンちゃんの様子を観察しながら温度設定することが必要です。

 

またゲージに入れている犬は、直接長時間冷房があたっていると危険なので直接冷房があたらないように工夫をしましょう。

 

室内をフリーで動ける犬には、冷房の温度を必要以上に下げないためにも扇風機を上手に活用することがおススメです。

 

扇風機が冷房の冷気をかくはんしてくれるので、室温が快適に保たれます。

Sponsored Links

 

ただ出かける時などは、犬と扇風機の接触事故の危険もあるので扇風機をゲージに入れると安心です。

 

〜対処便利アイテム〜

首の周りを冷やす犬専用のグッズを巻いてあげることで、クーラーを効かせすぎなくて済みます。

 

毛がもこもこの犬は夏用に涼しくカットしてあげるだけで、体温の上昇を防ぎやすくなります。

 

水遊びが大好きな犬には、お散歩から帰ってきたらお水を張ったプールでクールダウンもオススメです。

 

犬の熱中症に効果的で適切なクーラー使用法

犬もかかる熱中症の症状:舌をだして浅く早く呼吸することで体温調整をすることをバンティングと呼びます。

 

犬が熱中症にかかったときの初期症状は、バンディングが早くなり喘ぎながらよだれを流し始めます。

 

体温の上昇・脈も速くなり口の中や目が充血します。

 

また呼びかけに対して反応が鈍くなり、けいれんや嘔吐、下痢を起こす場合があります。

 

体温の上昇が続くと脱水症状になり酸欠症状で舌の色が紫色になり、呼吸不全やショック状態になる危険があるので、様子がオカシイ、とおもったらすぐに獣医さんで手当てをしてもらいましょう。

引用先:https://www.iris-pet.com/wan/special/20120602/

 

肉球のやけど防止と熱中症対策のために、大好きな散歩も早朝や、アスファルトの地熱がおさまった時間にいきましょう。

 

適切なクーラーの使用法

室温は26以上にならないように設定すると良いです

 

温度を下げるより、湿度を下げるほうが犬には快適なのです。

 

また遮光カーテンで室温を上昇させない工夫が必要です。

 

〜万が一のことも考えて〜

自宅で犬をお留守番させるとき、暑さから守るため室内のクーラーをかけっぱなしででかける方も多いと思います。

 

万が一『停電』などでブレーカーがおち室内が密閉状態になる危険性があることをお伝えします。

 

密閉状態だと室温はどんどん上昇していきます。

 

室内フリーの犬なら、涼しいところを求め移動してなんとかカラダを冷やす行動ができますが、ゲージの中の犬は命に係わることもあります。

 

できるだけ、日差しが窓から入らないように断熱カーテンをするなど万が一に備え工夫をしてください。

 

また、犬はお腹を冷やすことで体温調整するので冷却ジェルマットなど引いて置くことも万が一の時には効果的です。

 

脱水症状を起こさないために、新鮮な飲み水を普段よりたっぷり用意してあげましょう。

 

できるだけ、真夏時には犬を一匹にする時間は短くしてあげてください。

 

暑い夏もクーラー病や熱中症に気をつけて楽しく過ごしてくださいね。

 

Sponsored Links