「首猫背を治す方法!」

首猫背とはどういった状態のことを言うのでしょうか。

 

Sponsored Links

首でない通常の猫背は姿勢を悪くしていることで、偏頭痛や肩こり、腰痛や集中力低下、便秘や下痢など様々な身体の不調と繋がりがあります。

 

猫背を治す寝方や体操!整体で改善?

 

そんな首猫背を治す方法を幾つか紹介してみようと思います。

 

首猫背になる原因とは

首猫背になる原因は、首を前かがみした姿勢が原因でなります。

 

座っている姿勢の悪さや寝ている時の姿勢の悪さからなります。

 

運動をせず、長時間デスクワークをしていたり、枕が硬く就寝時の姿勢が悪かったり、テレビゲームや映画などの座っている時間が長いことで必然的に姿勢が悪くなり、首猫背になる原因になります。

 

また、昨今ではスマートホンなども首猫背の原因になっています。

 

電車の中でも立っている状態でもスマートホンを長時間覗きこんでいる姿勢が首猫背になる要因と言えます。

 

スマートホンを見る時は、手の高さを保ちなるべく顔を上げた状態で見るようにして下さい。

 

使用時間を短く出来る状態でしたら長時間の使用を止めるよう心がけると良いと思います。

 

運動不足も首猫背の原因と言えます。

 

人は立った状態で運動することで、筋力アップや代謝も良くなりますが自然と姿勢も、長時間座っている状態よりも良くなります。

 

背筋や首が伸びた状態の時間を、1日の生活の中で多く作ることが必要になりますので定期的にウォーキングなどの運動をするように心がけましょう。

 

首猫背とは、頭が前に突き出しているような状態のことで、首と背中の境目が折り曲がってしまっています。

 

前かがみになっているようなイメージを持たれ対人受けも良くありません。

 

身体に与える不調の影響だけでなく、見た目も良くないことからイメージも悪くなります。

 

首猫背の状態のまま放置しておくと、肩こりや偏頭痛の原因などにもなりますし、肩から首にかけての血行や神経、リンパの流れが悪くなります。

 

肩の筋肉は動かさないとコリになってしまうので、腕を使う体操や血行が良くなるようにマッサージなどを日常的にすることをおすすめします。

 

首というのは脳を体を繋ぐ唯一の部分で、体の中でも大変重要な箇所です。

 

しっかりとしたケアと姿勢矯正をして対策をとるようにして下さい。

 

首猫背が体に与える影響とは

首猫背が体に及ぼす影響で悪影響となるものには、

 

・集中力の低下や疲れが溜まりやすく回復しにくい。

・うつの状態になりやすい。

・大声を出すことが難しい。

 

などがあります。

 

デスクワークでの集中力の低下は頭が回らないとか、すぐに休憩を取りたくなるなど一定のものと時間に対しての我慢も効かなくなってきます。

 

疲れの症状が回復しにくくなると、うつの傾向になりやすく、ダルいとか何かやる気がしない。

 

などの状態になります。

 

また、精神的な内面の問題だけでなく、肩こりや偏頭痛、腰痛、便秘や下痢などの腸の状態まで影響することもあります。

 

特に、肩こりは慢性的なものになりやすいので首猫背を直す必要があると言えます。

 

また、低気圧の時に肩こりや頭痛、吐き気などの症状が出ることもあります。

Sponsored Links

 

肌の状態にも悪く、顔の筋肉を活発に動かさないことで肌の垂れ下がりなどの原因にもなります。

 

首猫背が慢性化し悪化すると、自律神経失調症や内臓疾患などの症状にも繋がってしまうことがあります。

 

首猫背になることで喉にかかわる影響もあり、声質が変わってしまうことなどもあります。

 

頭を支える首は体の中でも大変重要な箇所で、頭の重さは一般的に5〜6kgと言われています。

 

ボーリングの玉に例えられるほど重い頭を支えている首の姿勢が猫背になってしまうことで、背中など背骨の猫背にも影響してきます。

 

デスクワークや座った状態の姿勢が悪いことが腹筋や背筋の衰えと関係しているように筋力の低下が首猫背にも影響しているので、定期的な運動と筋力アップを心がけましょう。

 

運動する時間のない方は座った状態で良いので定期的にストレッチをして下さい。

 

椅子に浅く腰掛け、両手を背後で繋ぎ、顔を上向きにあげて両手を下に引っ張る動作でストレッチ効果があります。

 

定期的に行うようにしましょう。

 

首猫背を治す方法とは

首猫背を治す方法には、いくつかの方法があります。

 

筋肉をつける(鍛える)。

 

枕を変えてみる。

 

矯正ベルトを使ってみる。

 

椅子に座っている時の姿勢を良くする。

 

整体院やカイロプラクティックに通う。

 

などがあります。

 

首猫背を治す方法では、筋肉をつける必要があります。

 

猫背にも影響していると言われる肩甲骨周辺の筋肉を中心に、ストレッチや運動で筋肉を鍛えましょう。

 

肩甲骨体操などで肩甲骨を動かすことで、首猫背や猫背だけでなく、肩こりや偏頭痛なども改善されます。

 

寝ている姿勢が原因で首猫背になる方は多いです。

 

長時間に及ぶ就寝時間ではその姿勢も大事で、首と体のバランスが悪いと首猫背の原因になりやすいため、枕の高さなどを変えてみる必要があります。

 

枕が硬かったり、高さが高過ぎると寝ている最中の首の曲がりが前かがみで癖がつき、首猫背の要因になります。

 

枕と就寝中の姿勢を見なおして下さい。

 

枕は高すぎないもので中の素材の柔らかいものを選び購入するようにしましょう。

 

猫背矯正ベルトなども売っているので使用すると良いかもしれません。

 

ネット通販などでも購入可能で長時間付たままにすることで姿勢の悪さなどを治す補助になってくれます。

 

椅子に座っている時の姿勢も首猫背を治す方法として重要です。

 

猫背になるだけでなく、首猫背も背筋が伸びていない状態でなりやすく背骨などとの関係もあります。

 

デスクワークやテレビゲーム、映画など座っている姿勢が首猫背に与える影響も大きいです。

 

椅子に座っている状態での姿勢を意識して、クッションなどを利用しながら首猫背を治すように対策をとって下さい。

 

クッションは椅子と背中の間に挟み、もたれないようにすることで背筋を伸ばします。

 

スマートホンを使う時間を減らすことも首猫背を治す方法の大きな要因になります。

 

外出時も手を高くあげ、目の高さに近い感じで頭をあげて使うようにしましょう。

 

自分で出来る方法をひと通りやっても首猫背が治らない場合は、近くの整体院やカイロプラクティックに行かれてみて下さい。

 

体全体のバランスを整えることで首猫背を改善の方向へ導いてくれます。

 

Sponsored Links