Sponsored Links

「口臭の原因は内臓?不明?子どもは?対策は電解中性殺菌水?」

 

口臭の原因は歯周病によるものや、内臓に疾患がある場合に発生するものがあります。

 

内臓のどこが弱っているかによって匂いに違いがあることもわかっています。

 

口臭の原因は内臓?子どもは?

胃炎や十二指腸炎の時など消化器系が弱っている場合は、卵の腐ったような臭いがします。

 

子どもの口臭の原因は副鼻腔炎?風邪?

 

臭いの原因は硫化水素で、温泉などで良く「硫黄の臭い」と言われている物です。

 

消化器系が弱ると食べ物の消化がうまくいかず、消化吸収される前に食べ物が発酵してしまいます。

 

「その際に発生するガスが硫化水素です。」

 

ただ、そのガスが、直接口まで運ばれて口臭がするのではありません。

 

内臓から発生する口臭の多くはその物質が血液に混ざり、肺に運ばれ、呼吸によって初めて口臭となります。

 

血液をきれいにする働きのある肝臓がですが、臭い物質を抑える働きがあることも確認されています。

 

肝硬変などで肝臓が弱ると様々な臭いが発生します。

 

血液中にはアンモニアが溶け込んでいますが、人体に有害なアンモニアは肝臓で尿素に分解され、最終的には尿として体外に排出されます。

 

ところが肝臓が弱っているとアンモニアが処理されず、血液に混ざり肺に運ばれ、アンモニア臭の口臭が発生します。

 

ですが、肝臓のアンモニア分解度は非常に高く、アンモニア臭の口臭がする場合は非常に危険な状態です。

 

肝臓の弱り始めにはネズミの臭いや、カビの生えた雑巾の臭いがするといわれています。

 

二日酔いになるほどお酒を飲んだ翌日に自分の枕がカビの生えた雑巾の臭いがしたら肝機能が弱っていることを疑いましょう。

 

糖尿病になると独特の酸っぱい臭いがします。

 

糖尿病は細胞が糖をエネルギーとして利用しにくくなり、その結果糖が血液中に溢れてしまいます。

 

糖をエネルギーに変えられないため、細胞は脂肪を分解してエネルギーにします。

 

その分解に必要なのがケトン体という物質です。

 

ケトン体の主成分であるアセトンは独特の酸っぱい臭いがあり、それが口臭の原因となります。

 

さらに糖尿病になると唾液の量が減りドライマウスになりその結果、口腔内の細菌が増殖し歯周病になりやすくなります。

 

「口臭の原因の80%が歯周病によるものだといわれています。」

 

また、癌にも「胃がんの臭い」「大腸がんの臭い」など特有の臭いがそれぞれにあることが分かっています。

 

「癌探知犬・マリーン」による実験で判明したものですが、人でも臭いを感じることもあるようです。

 

子どもの口臭の原因で考えられるものとして、口呼吸が挙げられます。

 

口呼吸だと口腔内が乾燥し雑菌が繁殖してしまい口臭の原因となります。

 

また、鼻炎やアレルギーがあると鼻や喉に炎症や化膿が起こり、その膿が直接悪臭を発生してしまいます。

 

さらに虫歯があると歯や歯肉が腐敗して、強い口臭が発生します。

 

「歯石や歯垢も口臭の原因の一つです。」

Sponsored Links

 

もちろん、口呼吸・鼻炎・アレルギー・虫歯など大人の口臭の原因としても考えられます。

 

口臭の対策は電解中性殺菌水?

電解中性殺菌水とは強い除菌・殺菌効果を持ちながら、消臭効果があり人や環境に優しいという特徴があります。

 

歯科医院をはじめ各種医療機関で使用されること多かったこの電解中性殺菌水ですが、最近では家庭用の生成機も登場し、より身近になりました。

 

「電解中性殺菌水は口腔内のベトベト感や口臭の原因となる細菌を除菌する効果があります。」

 

口臭対策・予防を徹底的にする方法

虫歯・歯石・歯垢・歯周病など口腔内に口臭の原因がある場合は歯科医にかかり、適切な治療が必要です。

 

口腔内に直接原因の無い内臓の疾患や蓄膿症・糖尿病などの場合はまずその病気の治療が先決です。

 

口臭の原因は内臓?不明?子どもは?対策は電解中性殺菌水?

 

「日常的な歯磨き・うがいなどは口臭の予防には効果的です。」

 

口呼吸などによる口腔内の乾燥は口臭を発生させてしまいます。

 

ドライマウスの治し方!漢方薬やジェル?花粉症や睡眠には?

 

唾液には自浄作用があり、唾液の分泌が減ってしまうと細菌を増殖させ口臭の原因となります。

 

乾燥させないためにまめに水を飲んだり、キシリトールガムなどを噛んだりすると唾液の分泌を促進します。

 

食後に一杯の緑茶を飲むと、緑茶に含まれているフラボノイドが消臭効果を発揮してくれます。

 

食後はしばらく唾液の出やすい状態になっていますので、20〜30分ほど時間を空けてから歯磨きをしましょう。

 

さらに食後すぐは食物の酸や糖が一時的に歯のエナメル質を弱めています。

 

直ぐに歯を磨くと歯の石灰化が進む前にエナメル質を削り摂ってしまうことになります。

 

そのことからも食後の歯磨きは30分ほど時間を空けてから行うようにした方が良いでしょう。

 

また、歯磨きは「歯」だけではなく「歯茎」「舌」も磨きましょう。

 

どうしても歯磨きができない場合は、濃い目の食塩水でうがいをすると塩の成分が口腔内を殺菌し汚れを落としてくれます。

 

「口臭を予防する食べ物として梅干しやレモンがあります。」

 

梅干しやレモンなどに含まれるクエン酸には殺菌・除菌作用があり口臭予防に効果があります。

 

また、すっぱい物を食べると唾液の分泌が促され、殺菌効果がダブルになります。

 

よく肉料理などに添えられているパセリにはピネンという成分が含まれ消臭効果があります。

 

コーヒーは口腔内のphバランスを低下させ唾液の分泌を抑えてしまい口臭を増進させてしまいます。

 

「砂糖やミルクを入れると更に臭いを発生しやすくなります。」

 

コーヒーを飲んだ後は水やお茶を飲み口に残ったコーヒーや砂糖ミルクを洗い流しましょう。

 

口臭の治し方!予防や改善の方法は?効くツボとは?

 

Sponsored Links