「子供の口内炎が原因!病気?歯茎に?治し方は?」

 

口内炎は大きく2種類に分かれています。

 

それは、白い斑点のアフタ性口内炎、またはポツポツとした班点が複数できるウイルス性口内炎に分かれています。

 

Sponsored Links

主な子供の口内炎の原因

重要なのはまず、ウイルス性かどうかを見極めることが大切です。こちらがアフタ性口内炎となります。

こちらがウイルス性の口内炎となります。

 

アフタ性口内炎の症状とウイルス性の口内炎の症状は写真・画像を一見すれば、違いがわかりますね。基本的にはアフタ性口内炎になるお子さんが殆どです。

 

もしも、口内に白く小さな斑点が複数あったらまず、ウイルス性を疑いお医者さんの元へ連れて行ってあげてください。

 

口内炎になってしまうには様々な原因があります

 

・胃腸障害

口腔と同種の消化器官として影響があります。胃腸の調子が悪かったり、荒れていたりすると口内の煙幕にまで影響が出てきてしまいます。

 

・生活習慣(栄養バランスの乱れやストレス、疲労、寝不足など)

現代人特有の偏った食事により栄養バランスが乱れたり、ストレスや疲労などによるビタミンの消費なども原因になります。

 

安易にビタミン剤などの薬品でバランスを取ろうとするのを控えたほうが良いという説もあり、ビタミン剤などの薬品が原因となり口内の粘膜が傷んで、口内炎を助長する可能性が大いにありますのでご注意ください。

 

まずは、バランスのとれた食生活が大切ですね。

 

・頬の内側の粘膜や唇を噛んでしまう

これは癖でもあると思います。私の経験上癖で口内の粘膜や唇を噛んでしまうことが多々ありました。それが原因で小さな頃は日頃から口内炎に悩まされました。

 

また、よくあるケースが口内炎があると食事の際に食べ物が触れるとしみるのを避けるために日常と違った噛み方をしたことによって、口内の別の箇所を噛んでしまって新たな口内炎を誕生さてしまうケースです。

 

それ以外にも、噛み合わせの悪い方は慢性的に噛んでしまうというケースもありますので、お子さんの歯並びやかみ合わせに気を使ってあげてください。

 

・口内を傷つけてしまう

これは噛んで傷つけてしまうと同じようにどうしよもない面もあります。歯磨きの際にブラシによって傷が出来たり、硬い物を食べる時に傷がついていたりします。

 

スナック菓子系の硬いお菓子は食べている時に口内を傷つけることもあり、その上雑菌も増える可能性があります。

 

口内炎の原因となる可能性が非常に高い食べ物とも言えるでしょう。対策としてはリステリンなどの先行液で消毒するのが効果的かと思われます。

 

口内の火傷の傷も同様に、口内炎の原因となりうる可能性がありますのでご注意ください。

 

・口内が汚れている(不潔)

口内が汚れていると雑菌等が繁殖しやすい環境となってしまいます。口内炎対策として、毎食後の歯磨きやうがいで口内を綺麗な環境に保ちましょう。

 

・口の中の乾燥

口内が乾燥することによって唾液の分泌料が減り、口内の消毒がされません。唾液の主な役割としては、口内の消毒をすることや粘膜補修、歯を構成する再石化作用などがあります。

 

それを阻害してしまうと虫歯や口内炎へ直結してしまうので口内に潤いを持たせて、健康的な口内環境を作ることが、口内炎対策や虫歯対策などにつながります。

 

・子供の好きなお菓子の食べ過ぎ

お菓子の中にはビタミンを壊したり、食べすぎによって口内の粘膜を弱くしてしまうものがあるのでお菓子の食べ過ぎにはご注意ください。

Sponsored Links

 

可能であれば朝・昼・夜の3食でバランスのとれた食事を取ることが重要となってきます。

 

口内炎から考えられる病気とは

【口内炎危険度チェック】

□ 1週間以上経っても治らない
□ 完治しても同じ場所に再発する
□ いつもの大きさよりも大きい
□ 色や形状がいつもよりも大きい
□ 複数の斑点が同じ場所に出来ている
□ 痛みや腫れがいつもよりもひどい
□ 発熱やだるさがある
□ 症状が口内だけに収まらず、唇周辺までひろがる

以上の上場のうち1つでも当てはれば危険な口内炎の可能性が高いです。

 

– 尋常性天疱瘡 –

初めは透明で柔らかく痛みのない水泡ができます。この水泡をさわると、はがれたり大きくむけたりして痛みのあるただれになります。

 

水泡は口内にもでき、傷がつくと痛みやただれへとつながります。さらに、口内の粘膜に水泡やただれが続々とできて食べ物が食べにくく、そして飲み込みにくくなります。

 

早期治療をしないと死に至る場合もあり、難病指定もされています。

 

– ベーチェット病 –

唇や頬の粘膜、舌、歯茎に1cmほどの大きな口内炎ができます。

 

完治しても繰り返しできるのが特徴です。口内だけでなく腕や足に赤いしこりができたり、目に重い症状があらわれて視力が低下…最悪の場合失明に至る場合もあります。

 

未だに原因が分かっておらず、難病指定とされています。

 

– 白血病・悪性リンパ腫 –

八欠秒の初期症状で、口内炎がよくできることがあります。通常の口内炎とは違いなかなか治ることがありません。

 

小さな口内炎がいなじ場所にできたり、繰り返しできます。こういった病気は体の免疫力が低下し、口内炎を発症させます。

 

同じ場所に口内炎が複数できる場合については注意が必要です。

 

口内炎とは一体何?

口内炎は体の異常を知らせる病気です。口内炎の形状や大きさ、また数を見てあげてください。上記で見られたような病気の初期症状の可能性もあります。

 

また口内炎がなかなか治らない場合についてはお子さんをお医者さんの元へ連れていくことをオススメします。

 

歯茎に口内炎ができる原因や治し方とは

原因として主に考えられるのは上記ででてきたアフタ性口内炎、アレルギー性口内炎・壊死性潰瘍性口内炎があります。

 

主な原因

– アフタ性口内炎・壊死潰瘍性口内炎 –

これは両方とも口内の細菌が原因です。口内を清潔に保つことによって予防できます。

 

– アレルギー性口内炎 –

アレルギー物質が原因となり口内炎ができます。体内からアレルギー物質を取り除けば1週間程度で治りますので、お医者さんへの相談をおすすめします。

 

病気以外のよくあるアフタ性口内炎を治すのに効果的な栄養素としてはビタミンBやビタミンCの摂取が口内炎にとても効果的です。

 

 

食品の代表例

【ビタミンB】

乳製品・卵・大豆(豆腐など)・レバーetc……

 

【ビタミンC】

ブロッコリー・小松菜・赤ピーマン・いちご・柑橘類・アセロラ等の果物類etc……

 

まずは偏食や間食を減らし、栄養バランスのとれた食事を取ることが重要です。そして規則正しい生活をすることが予防方へとつながっていきます。

 

口内炎が治らないし痛い!1ヶ月も?上あごに?原因は?

 

Sponsored Links