Sponsored Links

「感染性胃腸炎の症状は軽い?寒気で吐かない?胃薬や下痢止めは?」

 

皆様の中には胃腸炎になったことある方もいるでしょう。

 

寝れないほどの胃の痛みと突然やってくる吐き気。それは想像しがたい状態です。よく「トイレとお友達になる。」と言われる状態です。

 

では、胃腸炎の種類はどれだけあるのでしょう。

 

良く知られているのは、夏にある食中毒と冬にあるノロウイルスなどに上げられるもの、そして仕事や人間関係などで起こるストレス性のものや最近では女性の社会進出による女性特有の胃腸炎もあります。

 

しかし、後半に上げたものは精神的なモノが多くケアをするのは本人しかなく上手にストレスを発散することで防げるようになります。

 

では、前半にお話しした胃腸炎はどんなものがあるでしょう。

 

胃腸炎の症状で大人!寒気や発熱に吐き気?関節痛も?

 

種類は2種類、ウィルス性の胃腸炎と細菌性の胃腸炎があります。

 

この2つをあわせて感染性胃腸炎といいます。

 

細菌性胃腸炎は夏場に多く「夏場の食中毒」です。ウィルス性胃腸炎は冬場に多く「冬場の食中毒」がこれになります。ではそれぞれどんな症状が出るのでしょうか。

 

感染性胃腸炎の症状は軽いのか?

感染性胃腸は程度によって軽い症状の場合と重くなり入院をすることになったりと症状によって大変になってきます。

 

どの症状も下痢と嘔吐がメインになり発熱や咳・鼻水などがでてきます。あまり症状がひどくなると脱水症状をおこしてしまいますので適度な水分補給がひつようとなります。

 

しかし、吐き気と下痢で上手く水分補給が出来ないとは思いますが、今はドラッグストアにも経口補水液があるので薬剤師の方とご相談しながら購入してください。

 

症状が重い時は自宅療養など外出は出来ませんが、軽い症状の時は風邪に似た症状なので外出もできます。

 

ですが、2次感染をしてしまう可能性が出てくるので軽い症状でも外出は控えた方が良いでしょう。
では、2次感染を防ぐにはどうした良いでしょうか。

 

よく言われるのは「ウガイ・手洗いをする」という事です。手洗いもハンドソープを使いしっかりと手洗いをしてください。

 

2次感染を防ぐには外出先から帰宅後に必ず「うがい・手洗い」を習慣づけていかなければなりません。感染が予想されるトイレや食器、寝具などしっかりと消毒が必要になります。

Sponsored Links

 

寒気や吐いたりするのか?

感染性胃腸炎になった時は、どちらの場合も激しい胃痛から始まります。しかし、ウィルス性の胃腸炎は鼻水や咳が出るので一見、見たところ「おなか風邪」と間違えてしまいます。

 

感染性胃腸炎も同様に発熱を伴いますが、ウィルス性の胃腸炎は嘔吐や強い吐き気をもよおすことが特徴的で38℃以下の微熱になることが多く血便になる事もありません。したがって勘違いをしてしまいやすいのかも知れません。

 

細菌性の胃腸炎は激しい腹痛と吐き気と下痢が伴うため幼児やご年配の方は重症化することもあります。

 

ウィルス性の胃腸炎の時は腹痛が激しいため腸の動きが悪くなり下腹部が膨満する事もあります。
どちらの場合も、脱水症状を防ぐ必要があります。

 

特に幼児や年配の方は分かりにくいので症状をしっかりと見極める必要があります。ぐったりとしていたり倦怠感を訴えてきたりした時は医療機関に早めに相談してください。症状がひどくなると意識障害や血圧低下によるショック症状が出てしまいます。

 

胃薬や下痢止めを使用してもよいのか?

感染性胃腸炎に対して基本的には予防や治療をする為の薬は販売・処方をしていません。

 

抗生物質の投与をメインとした対処療法になります。胃薬に関してはビオフェルミンなどの胃薬は乳酸菌製剤になります。整腸剤になるので胃や腸の調子を整え対処していくのがメインになるのです。

 

予防も期待は出来ませんが、常に胃や腸を整えて良い状態にしておくには良いのかも知れません。では、下痢止めはどうでしょうか?一般的にも下痢止めの服用はおススメしていません。

 

細菌性やウィルス性のどちらも体から排出しないと症状が良くはなりません。

 

下痢止めはこれを止めてしまう行為なので服用をすることをしない方が良いです。それ以外の薬としては、嘔吐の時は制吐剤を使い、激しい胃痛の時は鎮痙薬を服用します。

 

これは下痢止めと同じ作用を起こすので最低限な服用のみとなります。ですが、脱水症状をおこす心配もあるのでもし心配であれば医療機関に相談し適切な治療を受けていきましょう。

 

予防や治療するための薬が無く対処療法しかないため、感染性胃腸炎は完治するまで3〜4日かかるのでしっかりとした予防と知識と除菌で対応していきましょう。

 

幼児やご年配の方が感染してしまうと命にかかわる事態になります。そばにいる人が気を付けて予防をしていきましょう。

Sponsored Links