Sponsored Links

「花粉症の目薬が効かない?妊娠初期や妊娠中は?」

 

春先になると多くの人が苦しめられるのが花粉症ですよね。花粉症の人は、春先になると目がかゆくなったり、鼻水が止まらなくなってしまったり、本当に辛い季節かと思います。

 

そんな花粉症の方のために今回は、花粉症の目薬について詳しくご紹介していこうと思います。

 

例えば、花粉症で目薬が効かない原因であったり花粉症の目薬がしみる原因や対処法、そして、妊娠初期や妊娠中の目薬は問題ないのか?であったり、妊娠初期や妊娠中にしてはいけない目薬はあるのかだったりを詳しく解説していきます。

 

花粉症で目薬が効かない原因とは?

そもそも、花粉症でなぜ目がかゆくなってしまうのかというと、花粉が目に入るからです。なので基本的には目を洗うことによってかゆみは軽減されます。

 

花粉症の症状で目がしょぼしょぼ?

 

目を洗う専用の洗浄液というものを売られておりますので、そういったものを使っていくのも効果的です。水道水で目を洗おうとする方が多いのですが、水道水には塩素が含まれており、目を傷つけてしまう可能性が高いので控えるようにしましょう。

 

もし水道水を使うのであれば、一度沸騰させて塩素を飛ばしてから冷やして使うようにしてください。

 

目薬を使うのはどうしてもかゆみが我慢できないときだけにした方が良いと言われております。

 

あまり頻繁に使ってしまいますと効き目が落ちていくと言われておりますし、副作用の心配も少なからずありますので、目薬はどうしてもかゆみがおさまらない時だけにしましょう。

 

また、花粉症用の目薬ではなく、目の疲れた充血を改善するための目薬を使っても効果はありません。病院に行って花粉症用の目薬を処方してもらうか、薬局で花粉症用の目薬を購入するようにしましょう。

 

花粉症の目薬がしみる原因や対処法

花粉症用の目薬に関わらず、目薬がしみてしまうことの原因は、防腐剤によるものである可能性が高いと言われております。

 

なので、もし目薬がしみてしまうようであれば、防腐剤が使われていない目薬に変えるようにしましょう。また、病院で処方された花粉症用の目薬を使って目がしみる場合には、病院に行って先生と相談をした方がいいですね。

Sponsored Links

 

あなた目に最適の目薬を処方してくれます。市販の花粉症用の目薬がしみる場合にも、一度使用するのをやめて、薬局に行って薬剤師さんと相談することをおすすめします。

 

特に、目薬をさすたびに強くしみるようになった場合には、交換をお勧めしますので、しっかりと自分にあった目薬を使用していくようにしましょうね。

 

妊娠初期や妊娠中は目薬をしても良い?

妊娠初期や妊娠中の目薬の使用には注意をしていかなければなりません。

 

中には妊娠中に使用してはいけない目薬もありますので、しっかりと仕様上の注意を読んでから目薬を使うようにしていきましょう。

 

病院でもらう目薬ではなく、薬局で買うことが出来るような一般用医薬品(OTC薬)の大半は、妊娠初期や妊娠中であっても使用することが出来ます。

 

人工涙液のように本来の涙に近い成分で作られている目薬が大半ですので、特に体に悪影響を起こす可能性も限りなく低いので、問題なく使用することが出来ます。

 

妊娠初期や妊娠中にしてはいけない目薬とは?

一般用医薬品(OTC薬)の大半は妊娠初期や妊娠中に使用することができるのですが、一部は使用してはいけないものがありますので気をつけるようにしましょう。

 

妊娠中に使用してはいけない目薬というのは、『プラノプロフェン』という有機成分を含む目薬は控えるようにしましょう。

 

このプラノプロフェンが含まれている目薬というのは、目の中に異物感を感じる時や、結膜充血、目のかゆみ、目やにが多く出るときの目のかすみ、などに効果がある抗炎症作用を持つ目薬です。

 

これらは妊娠中の方は使用してはいけないことになっておりますので、気をつけるようにしましょうね。

 

また、妊娠中に絶対使用してはいけないという訳ではないものの、医者と相談してから使用することをお勧めしている目薬もあります。

 

それは、アシタザノラスト水和物、ケトチフェンフマル酸塩、クロモグリク酸ナトリウム、これらを一つでも含んでいる目薬は、もし使用する場合には一度病院に行って使用しても問題無いかを相談してから使用するようにしましょう。

 

ただやはり、原則は使用しないことをおすすめします。ただ、これらの成分は花粉に効果的な成分でもありますので、どうしても花粉が辛い場合には医師と相談の上、使用するかを決めた方がいいですね。

 

花粉症による目のかすみはコンタクト?妊娠初期や40代の改善法とは

Sponsored Links