Sponsored Links

「花粉症の咳が止まらない!子供が!?」

 

まずは、なぜ痰や咳が出るのかを考えていきましょう。

 

花粉症の症状!咳・痰の原因とは

花粉症にる喉の痛み・痰が出る、これらの症状は花粉が原因のアレルギー性気管支炎・アレルギー性喉頭炎・アレルギー性咽頭炎etc……が原因となっています。

 

つまり原因の根本は単なる花粉によって起こるアレルギー反応です。

 

簡単に説明すると、喉に花粉が直について喉がアレルギー反応を起こしているということです。

 

だからこそ喉を防衛(守る)為に咳が出ます。これは人間が生まれた時から持っている防衛機能ですね。

 

当たり前の話ですが、呼吸の際外の外気を直に体内に取り込む為、花粉も一緒に体内へ取り込んでしまいます。

 

この小さな花粉たちは、気道で常時分泌されている粘液に絡み取られることにより痰となってでてきます。

 

これは人間の防衛本能[反応]ですので体に悪いことはありません。

 

これが、花粉の時期の咳や痰の根本的な原因です。

 

–花粉症のの症状とは–

・くしゃみ

・鼻詰まり

・鼻水目が赤くなったり痒い

・涙目になる微熱

・眠気

・倦怠感咳

・喉の痛み

・痰

 

⇒花粉症の症状で目がしょぼしょぼ?

 

花粉症と風邪の見分け方

①花粉症の場合の鼻水は透明のサラサラです。

しかし、どろっとした鼻水や色が付いた鼻水の場合は花粉症以外が原因となりますので、風邪の可能性が高くなります。

まずは鼻水の状態から確認してみてください。

 

②目・鼻のかゆみ

目や鼻のかゆみは花粉症特有のものです。目が充血している場合もまず花粉症とお考えいただいていいでしょう。目に付着した花粉を落とす為に涙目になったりもします。

 

③くしゃみの量

花粉症になるとくしゃみを頻繁にします。そこでの風邪との違いは連続でくしゃみが出ることです。風邪の時よりも格段に連続する回数が多いのですぐわかると思います。

 

④発熱

花粉症は微熱が出ることはありますが、一気に高熱が出ることはありません。微熱の状態が長期継続しているような状態です。

 

⇒花粉症で熱が38度?のどの痛み?治し方は?

 

花粉症による咳を止める方法

–日中編–

・出来る限りマスクをつけて喉の乾燥を避ける。

・うがいをして喉を綺麗に、また潤いを持たせて咳や痰の予防。

・はちみつレモンの入った暖かい紅茶を飲むのも効果的です。

 

–夜中編–

Sponsored Links

・夜の寝る際に咳や痰がでてなかなか寝付けないことが多々あると思います。

・そこで睡眠の際少し上半身を起こしたまま寝ると咳が出にくくなります。

 

花粉症の薬で咳に効果的なのは –薬事療法編—

・アレグラ

・小青竜湯

・アレジオン10

・ベンザブロック咳止め錠

・コンタック咳止めST

・喉ヌールスプレー

などがとても効果的に効きます。

 

◆薬を使わずに咳を止めるには –予防・自然療法編–

–睡眠時–
原因は分かっても咳や喉の痛みはそうそう簡単にはなくなりませんね。まずは原因となっている喉から治していきましょう!

 

まずは一番大切なのは喉に潤いを与えることです。

 

①加湿器で湿度を上げる

まずは部屋を乾燥した状態のままにせず、湿度をあげましょう。

 

乾いた外気(空気)は喉にとても悪影響を及ぼします。冬場の風邪の原因をして考えられるのも冷たく乾いた空気を向い込むことが原因です。

 

そこで加湿器で湿度を上げる事によって乾いた空気を変えることが重要です。

 

加湿器がない場合につきましては濡れタオルなどを部屋干しすることも効果的です。

 

②マスクを付けて行動

喉の乾燥を最小限に抑えるにはマスクも効果的です。マスクの中の湿気で喉に良い環境となります。さらに花粉症予防と風邪の予防策にも効果を発揮するので一石二鳥の方法です。

 

③のど飴等の飴を舐める

飴を舐めることによって唾液が喉を潤してくれます。喉の渇きの予防策には最適ですね。

 

④飲み物を飲む

シンプルかつ分かりやすい方法ですね。

 

喉の乾燥は咳の原因の一つです。

 

できる限り飲み物(水分)を摂取し喉を潤しましょう。特にその中でも著しく効果を発揮してくれるのが温かい飲料ですね。

 

喉や鼻を温かい蒸気で潤してくれます。

 

⑤昔ならではのはちみつレモンや生姜湯

レモンの輪切りをはちみつに浸けておくだけの簡単料理!手間もかからず体に良い。

 

昔からよく咳などしている人にはちみつレモンは良いと耳にしますね。まさにその通りなんです。

 

このハチミツレモンを紅茶などの温かい飲み物に入れて飲むと効果絶大です。

 

またハチミツや生姜は殺菌能力に特化していて痰への効果絶大。

 

その上レモンのクエン酸やびたみんCなどは体の免疫力を高めてくれる効果があり、生姜は新陳代謝の促進・食欲の増進効果があり、いい事づくしでとてもオススメです。

 

⑤日本茶

お茶は殺菌作用や花粉症対策に優れています。

 

また、身体の基礎防衛力(免疫力)を高める効果もあるのでオススメ!即効性はないですが日常的に摂取することによって大きな変化となります。

 

Sponsored Links