「花粉症による目のかすみはコンタクト?妊娠初期や40代の改善法」

 

◆花粉症が原因の目のかすみとは

症状からみてみましょう。花粉症で目がかすむ場合の症状としては、目のかゆみ、まぶたが腫れる、目の充血、涙がとならない等が挙げられます。

 

Sponsored Links

これは花粉の飛散時期の間はずっと続きます。花粉症で目に起きる症状と間違えやすいものは、片目だけに症状があったり、目の症状だけで鼻ずまりなどの症状がない場合などは、かすみ目でものが見えにくいなどの視力に問題がある可能性が高いです。

 

これらの症状の中には、ダニやハウスダストなどによるアレルギー症状や、ドライアイ、コンタクトレンズが原因となる場合もあります。また、風邪のときなどは、目のかゆみを伴うことはほとんどないのでアレルギー症状の可能性が高いと思われます。

 

花粉症で熱が38度?のどの痛み?治し方は?

 

花粉症が原因のとき

花粉症の方の目の症状はまつげに付着した花粉が原因の1つとなります。外出すると空中の花粉が大量にまつげに付着しますので、帰宅後はまつげに付着した花粉も注意して洗い流しましょう。

 

また注意を怠りがちな顔を拭くタオル花粉が付いている場合があります。

 

外干ししたタオルには花粉が付いています。そのタオルで顔を吹くことによって、洗った顔やまつげに付着したり、目にはいったりすると炎症の原因となりますので、適切な予防法、軽減法をしましょう。

 

花粉症で目がかゆい!予防・軽減法

花粉症で目がかゆい場合は、帰宅後に目薬、洗眼薬が良いとされています。これにより目のかゆみや充血、涙目、更には眼病予防になりますので一石二鳥の予防・軽減法です。

 

花粉症の目薬で市販?眼科は?おすすめはどれ?

 

それ以外にも、花粉対策用のメガネやサングラス等も使用するとさらに良しです。

 

◆目のかすみの原因

花粉により目がかすむ場合もありますが、日常生活にも原因がある場合があります。

 

◆疲れ目

携帯やパソコン等の画面を見続けることにより、目の筋肉が疲れてピンと機能が低下してかすみ目になることがあります。また、どの合わないメガネ等も目が疲れる原因となりますのでご注意ください。

 

◆エアコンなどにより目が乾燥

夏や冬によく使うエアコンが原因ですね。目にストレスがかかることによって自律神経が乱れてしまうと目の表面が乾燥し、角膜が傷ついてしまいます。これによって視界がかすむことがあります。

 

◆コンタクトが原因で角膜に傷がつく

使用基準時間を超えてのコンタクトレンズの使用により、角膜が傷ついたり、目がかすむことがあります。

 

【コンタクトはどうする?】

コンタクトレンズの長時間しようさえせず、目を休めてあげることが重要です。
目に直接触れるものだからこそ一層気を使って、コンタクトレンズの使用基準時間を守ること、また目を使ったあとは目薬をさしたり、目を休憩させることが一番の対処法です。

Sponsored Links

 

◆目のかすみかわわかる疾患

加齢によって目のピントが合わなくなる老眼は誰もが通る道です。

その他にも緑内障や白内障、黄斑変性症などが目のかすみを伴う疾患となります。それ以外に、糖尿病の合併症の中に糖尿病性網膜症と言った疾患もあります。たかが目のかすみですが、されど目のかすみです。

 

◆妊娠初期の目のかすみの原因や改善法

妊娠中に血圧が高くなると目の血管に変化が起きて、目がちらつく・かすむ・ものが二重にみえるなどの症状があります。人によって症状は千差万別のようですが、血圧が上がらないように安静にしにしていることが一番です。

 

◆40代の目のかすみの原因や改善法

40代の目のかすみは、歳を重ねることによってよって出てくる老眼が原因です。老眼とは上記でも説明があった通り目の筋肉が衰えたりしてピントが合わなくなってくることです。

 

–以下に改善法をまとめていきます。–

▪︎生活習慣編

目が老化することはどうしよもありませんが、老化を遅らせることはできます。当たり前の話ですが、運動・食事・睡眠の三本柱をバランスよくこなす、健康的な生活は目にも体にも良く、老化を遅らせる方法です。
また、目の紫外線対策としてサングラスやUVカットのメガネも効果的です。

 

▪︎食べ物編

食べ物で目に良いものはビタミンC・ビタミンE・ビタミンAの多く含まれる卵などがおすすめです。
また巷で有名なブルーベリーのアントシアニンも効果的です。

 

目のかすみを伴った疾患

–老眼–
加齢に伴い目の筋肉は衰え、目の水晶体も固くなることによりめが霞んだりしてくる疾患です。年齢に伴って症状があらわれてくるものですがこれも立派な疾患の1つです。

 

–白内障–
加齢が原因で目の水晶体が白く曇ってしまう疾患です。一度濁った水晶体は元に戻らず、進行するにつれ細かい文字は見えなくなり、霧がかかったかのように視界が暗く霞んだり、光がまぶしく感じたりします。今では白内障手術はてがるに行われる時代となり、手術時間も10分〜20分と短時間です。お悩みの方はお気軽に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

–緑内障–
一般的に緑内障は眼内の眼圧(圧力)が上がり両目の視野が花側から欠けたりする疾患です。しかし中には急性緑内障もあり、ガンあるが急上昇し、目の激痛、頭痛、吐き気がするようになり、光の周りに虹がかかったかのように見えます。発症後48時間以内に早急に治療しないと失明の可能性が高くなる病気です。

 

–黄斑変性症–
目の中心部にある黄斑部が老化により変質して、視力の低下や視界以上を起こします。
症状としては視界の中心が黒ずんだり、ものが歪んで見えるなどがあります。60歳以上の方が起こりやすい疾患です。

 

–糖尿病性網膜症–
糖尿病によって血糖値のコントロールが取れない状態が長期続くと、目の脳最血管の障害により眼底出血などを起こす場合があります。症状としては視力低下・目のかすみ・飛蚊症などがあります。現在の成人の失明原因のランキング1位です。

 

Sponsored Links