Sponsored Links

「花粉症で熱が38度?のどの痛み?治し方は?」

 

日々の暖かさと共に花粉の飛散も非常に多くなってきていますね。花粉症を持っている方には、花粉の飛散が多いと、とてもつらいですよね。

 

花粉症は、アレルギー性鼻炎の一種です。そとから入ってくる花粉などの体内への侵入を防ぐために、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ等の、防御症状が現れます。

 

花粉症の症状で目がしゅぼしょぼ?

 

これらは、私たちの身体にはとても大切な防御反応ですね。

 

しかし、実際問題として、上にあげた症状が現れると、とてもつらく苦しいのも事実です。

 

花粉症の時期に、これらの症状が現れたら、風邪よりも花粉症を疑ってしまいますね。

 

また、発熱やのどの痛みを伴う時は、風邪を疑ってしまいませんか?

 

みなさん、花粉症では、発熱をしたり喉の痛みなどの症状は、あまり表れないと思いがちです。

 

花粉症の症状でも、38度以上の発熱や、喉の痛みなどもあるのです。

 

喉が痛くなって、熱が出たら、風邪を疑うと思います。病院でも風邪薬を処方されますが、症状が改善されないときは花粉症を疑ってみるといいですね。

 

花粉症の症状としての、発熱(38度以上)、喉の痛みについて解説していきますね。

 

花粉症の症状で38度以上の高熱?対処法は?

花粉症の症状として、微熱が続くというのはみなさん知っているのではないでしょうか。

 

しかし38度を超える高熱がでると、ほとんどの方が風邪やインフルエンザなどを想像されると思います。

 

病院でも、インフルエンザの検査をして、陰性であれば風邪と診断されます。まさか花粉症で38度越え・・

 

なんて考える人がすくないですね。しかし、花粉症の症状をそのまま放置していると、身体が花粉の菌に対して、悲鳴ともいえる症状ととして、38度以上の発熱症状が現れます。

 

また、花粉症によって鼻づまりを起こすと、脳に酸素がいきわたりにくくなります。その結果、発熱の症状がでる場合もあります。

 

発熱の症状が現れたら、鼻水を観察してみましょう。鼻水が、黄色っぽくドロドロとしている時は、風邪やインフルエンザを疑いましょう。

 

鼻水が、水っぽくさらっとしていたら、風邪やインフルエンザでない可能性が高いです。

 

ただ、38度超えてきたら、一番には、風邪やインフルエンザを疑いつつ、病院では花粉症を持っている事も告げておきましょう。

 

花粉症からの発熱では、解熱剤を飲めば熱は下がるかもしれませんが、完全には下がりません。

 

症状の根本的な病気である、花粉症を抑える薬を服用して、花粉症を軽減してやることによって、初めて発熱も収まってきます。

 

花粉症で喉が痛くなるなんて・・ どうしよう

殆どの方が、喉の痛みを感じたら・・「風邪だ!」と思いますよね。

Sponsored Links

 

風邪の一番の症状は、「喉の痛み」、「鼻水」です。花粉症を持っていて季節も花粉が飛散する季節に「鼻水」が出ると花粉症を疑いますが、「喉の痛み」を感じた時は、風邪を一番に疑います。

 

そして、市販の風邪薬などを服用される方が、殆どです。

 

薬を服用しても、花粉症による「喉の痛み」は治まりません。なぜなら症状の原因が花粉だからです。

 

喉が痛くなってくると、唾を飲み込んだり、食べ物を飲み込んでも、喉の痛みを感じます。

 

花粉症からくる喉の痛みの原因としては、「花粉が喉に付着しての喉の炎症」、「花粉症の鼻づまりなどから口呼吸による喉の乾燥」があります。

 

また、どちらの症状も風邪との見分け方は、風邪の場合は症状が出るのは、1週間ほどですが、花粉症による症状であれば花粉症シーズン期間はずっと続きます。

 

喉の痛みについての対処法としては、「マスク」「加湿器」「うがい」「のど飴」「緑茶」などがあります。以下、各々の役目をまとめていきますね。

 

・「マスク」は、花粉を喉に付着しないようにガードします。また、寝ているときにも着用していると、喉の乾燥も防ぐことも出来、花粉が喉に付着することも防ぐ事ができます。

       

寝る前には、うがいをしてからマスクを着用して寝るととても効果的で熟睡できます。

 

・「加湿器」は、加湿器のスチームにより喉の渇きが抑えられる。

・「うがい」は、付着した花粉を洗い流すと同時に喉の渇きも潤すことができる。

・「のど飴」は、唾液の分泌を促すと共に喉を潤してくれる。

・「緑茶」は、緑茶に含まれるカテキンは抗ヒスタミンこうかで炎症を抑えることも出来る。

 

花粉症の症状には、「鼻水」「鼻づまり」などの症状もあります。これらの症状すべてが、体内に入ろうとする花粉を体が防御しようとして、発症する症状です。

 

防御する症状を抑えるには、体内に侵入しないように、花粉症の症状が出てから、抑えるのではなく、症状が出ないように最初から予防していくことが大事ですね。

 

花粉症による諸症状を抑えるには!!

花粉症には様々な症状が現れます。

 

また、去年までは何も症状が出なかったのに、今年突然症状が出た、なんていうかたも多いですよね。

 

ちょっとでも、疑わしい症状が出たら、まずは、花粉症を予防する対処方を実践される事をおすすめします。軽い症状を、放置し続けていくことによって、高熱の発症などがおきてきます。

 

「花粉が体内に持ち込まないようにする」、「規則正しい生活を心がけ」、免疫力をアップさせていくことも大事ですね。

 

諸症状は抑えるのではなく、諸症状が出ないように、「花粉が体内に入る前にブロックする」これが一番の対処法です。

 

Sponsored Links