「カビアレルギーの症状は咳や肌荒れ?チーズは大丈夫?治療法は?」

 

ほとんどの人には、何かしらのアレルギーがあると言われております。

 

Sponsored Links

アレルギーなんて何も無いと思っている方でも、ほとんどの場合何かしらのアレルギーを持っていると言われております。

 

そんなアレルギーの検査は、血液を調べることによって詳しく知ることができますので、自分が何のアレルギーなのか詳しく知りたいという方は、ぜひ病院に行って検査を受けてみてくださいね。

 

今回は、そんなアレルギーの中でも『カビアレルギー』について詳しくご紹介していこうと思います。

 

カビは、ダニよりもはるかに手強いと言われており、厄介だと言われております。

 

ぜひ、正しい知識を付けてカビアレルギーの対策、そして改善に活かしていただければと思います。

 

カビアレルギーの症状は咳や肌荒れ!?原因とは

カビアレルギーは、様々なカビが原因となってアレルギー反応を起こしてしまいます。

 

例えば目が痒くなったり痛くなったり、咳、くしゃみ、頭痛、鼻水、鼻づまりなどなど、様々な症状を引き起こしてしまうと言われております。

 

また、カビアレルギーが原因となる病気のことをシックハウス症候群とも言います。

 

このシックハウス症候群は、家に潜んでいるカビやダニであったり、埃が舞っている部屋、換気されていない部屋などが原因となってアレルギー反応が出てきてしまうのです。

 

ですから、常に家の中を清潔に保っていなければ家の中でもリラックスできなくなってしまうという事なのです。

 

カビやダニは、日常生活の中に非常に多く潜んでいるものですから、家の中の環境には特に気をつけなくてはならないのです。

 

カビアレルギーの方はチーズを食べられる?

カビというと、ある食品を思い浮かべてしまいませんか?そうです、チーズです。このチーズにもカビは含まれているのです。

 

では、カビアレルギーの方はチーズを食べる事はできないのでしょうか?

 

実は、すべてのチーズが食べられないというわけではないのです。

 

もちろん食べる事によってカビアレルギーの症状が出てきてしまうチーズもありますが、その人の症状によってカビアレルギーの症状も少しずつ違いますので、人によっては食べても問題ないチーズがあるのです。

 

ただし、アレルギーが出ない可能性があるチーズもある、という程度の捉え方をしておく事をお勧めします。

Sponsored Links

 

やはり基本的にはアレルギーが出てきてしまう可能性が高いので、気をつけるようにしてください。

 

ですから、もしどうしてもチーズを食べたいという場合であれば、自己責任でチャレンジしてみてください。

 

人によってアレルギーの重さも違いますから、必ず病院に行って先生と相談をした上で、チーズを食べるかどうか判断するようにしてくださいね。

 

カビアレルギーの予防法や治療法とは!?

カビアレルギーを完治させる事は難しいと言われております。

 

これはカビアレルギーだけに限らずすべてのアレルギーに言える事ですが、アレルギーを完治させるという事は、そのアレルギー成分を克服する必要があるという事です。

 

もちろん、克服する事が不可能というわけではありません。

 

実際に外国では、あえてアレルギー成分を毎日少しずつ摂取する事によって少しずつ免疫力を付けて、長年かけてほぼアレルギーが出ない程に克服する事ができたという例もあります。

 

しかし、この方法は非常に辛く、やはり克服するためにはそれなりの覚悟が必要です。

 

あえてアレルギーが出るように仕向けていくわけですから、子どもの場合であれば特に辛い思いをしながら治療を進めていく必要があります。

 

ですから、そういった方法ではなく、アレルギーが出ないような環境を作り出していくという事も一つの手段として効果的です。

 

特にカビアレルギーの場合は、自宅にあるカビを極限まで減らす事によって症状を抑える事が出来るわけですから、そうする事によってアレルギーを対策していく事もできるのです。

 

もちろん、外出すればカビに触れてしまう可能性が出てきてしまうので、そういった点には注意が必要です。

 

どちらにしろ、病院に行く事で薬を処方されますから、まずはその薬を飲みながら少しずつ治療していくようにしましょう。

 

子どもの頃には思いカビアレルギーだった人でも、大人になるにつれて少しずつ症状が軽くなっていったというケースもあります。

 

そして、食生活も非常に重要だと言われております。

 

高タンパクの食事ばかりをしていると、アレルギー物質に対して『異物』だと察知する力が増してしまうと言われております。

 

なので、たんぱく質の摂りすぎには注意するようにしてくださいね。

 

Sponsored Links