新型インフルエンザの症状の特徴!大人と子供の違いは?

 

秋から冬にかけて流行する病気と言えば、やはりインフルエンザをイメージする方が圧倒的に多いのでは無いかと思います。

 

Sponsored Links

実際に毎年インフルエンザは流行していますし、高熱を招き、最悪の場合には死に至る可能性もある病気なので、侮ってはいけません。

 

そんなインフルエンザですが、近年、『新型インフルエンザ』が流行し始めているのをご存知でしょうか?

 

そこで新型インフルエンザを予防する為の方法や治療法をお話ししていきます。

 

新型インフルエンザの原因や症状

そもそも、新型インフルエンザはこれまでのインフルエンザと何が違うの?と思われている方は多いのではないでしょうか。

 

新型インフルエンザは2009年に確認されたばかりなので、まだ6年ほどしか経っていない事になります。

 

新型インフルエンザの流行する季節はインフルエンザと異なり、秋から冬にかけて流行ります。

 

基本的に季節問わずに感染する可能性があるといわれています。

 

つまり、春や夏でも感染する可能性があるという事です。

 

この新型インフルエンザは、もともと豚由来のウイルスだったのですが、それが変異して人から人へと感染するインフルエンザウイルスになっていったのです。

 

そんな新型インフルエンザの主な症状としては、突然の38度以上の高熱であったり、咳、くしゃみ、鼻水、喉の痛み、頭痛、関節痛などがあると言われています。

 

ですから、基本的にはこれまでのインフルエンザとほぼ同じ症状と言えます。

 

ただ、最も異なる点としては、『季節性のものではないため、いつ感染してもおかしくない』という点です。

 

今までのインフルエンザは、秋から冬、遅くても春の初めころまでしか感染する事はありませんでした。

 

しかし新型インフルエンザは一年中いつでも感染する可能性があるものなので、一年中注意が必要なのです。

 

また、潜伏期間もこれまでのインフルエンザより2日ほど長いと言われていますので、感染した事に気が付かずに、学校や仕事場などで感染が広がってしまう可能性も高いわけです。

 

ですから、徹底した手洗いやうがい、そして免疫力が低下しないような健康的な生活が必要になるという事です。

 

インフルエンザが流行しやすい秋から冬にかけての季節だけ、手洗いやうがいを丁寧に行っていたという方も多いかと思います。

 

しかし新型インフルエンザはそれでは防ぐ事ができませんので、徹底した手洗いうがいを習慣化させるようにしましょう。

 

新型インフルエンザの大人と子供の症状の違い

では、そんな新型インフルエンザには大人と子供で症状の違いがあるのでしょうか?

 

実は、新型インフルエンザは子どもの方が重症化する可能性が高いと言われているので、子どもは特に注意が必要なのです。

 

特に5歳未満の子どもの場合、『インフルエンザ脳症』というものに感染してしまう可能性があるので特に危険です。

 

このインフルエンザ脳症というのは、インフルエンザの症状に加えて、意識障害であったり、体全体が痙攣してしまったりなどの症状が現れると言われています。

Sponsored Links

 

インフルエンザ脳症に感染している場合はこういった症状を発症することが多々ありますので、かかりつけの医療機関へ早く受診することをおすすめします。

 

このように、子どもは特に新型インフルエンザに気をつけなければいけないわけですが、だからと言って大人が安全かと言うと、そういうわけではありません。

 

大人でも重症化してしまう可能性はありますので、注意が必要です。

 

特に高齢者の方は、免疫力が低下している傾向にありますから、重症化してしまう可能性も高いと言われています。

 

高齢者の場合は、新型インフルエンザに関係なく、季節性のインフルエンザでも症状を悪化させてしまうリスクが高いといわれています。

 

ですから、毎年のインフルエンザワクチンの接種は欠かさずに行うようにしてください。

 

近年は、高齢者の方が優先的にワクチンを受けられるようにもなっていますので、ぜひワクチンは毎年接種するようにしてください。

 

そして、20代や30代の人であっても注意はもちろん必要です。

 

特にこの年代の方は、仕事が多忙すぎて疲労困憊になり、免疫力が低下してしまっている人も少なくありません。

 

いくら若いからと言っても、免疫力が低下していれば当然インフルエンザに感染するリスクも高くなってしまいます。

 

ですから、いくら仕事が多忙だとしても、毎日の睡眠はしっかりと取るようにしたり、栄養バランスの取れた食生活を心がけたりなどの工夫をするようにしてください。

 

いくら仕事が忙しかったとしても、インフルエンザに感染してしまえば余計に仕事に支障が出てしまいます。

 

だからこそ、しっかりと休息を取って体調を崩さないようにする事が仕事に悪影響を及ぼさない最善策とも言えるのです。

 

もし生活習慣に不安を感じているのであれば、今一度見直してみてください。

 

新型インフルエンザの治療法とは

もし新型インフルエンザに感染してしまった場合、治療法はどういったものになるのでしょうか。

 

まず基本的に、新型インフルエンザの症状が現れたら早急に病院へ行って診察を受けるようにしてください。

 

稀に、熱が出ても病院へ行かずに自宅で療養するだけという方がいらっしゃいますが、インフルエンザの場合は非常に危険です。

 

病院へ行ってタミフルなどの薬を投与してもらった方が、はるかに完治までの時間を早めることができますので、早急に病院へ行かれることをお勧めします。

 

また、熱が高い場合などには、解熱薬をもらうことができますし、咳や痰がひどい場合にはそれらの症状を抑えてくれる薬も処方してもらえます。

 

これらの薬を服用するだけでも、はるかに楽になりますので、それらの症状が現れたらまず病院へ行くようにしてください。

 

ただ、妊婦さんや乳幼児の場合は、これらの薬を処方してもらえない可能性もありますので、そういった場合には医師の指示に従うようにしてください。

 

そして、新型インフルエンザは季節性のインフルエンザと同じで、非常に感染力の強い病気となります。

 

そのため、家族の方の対処も慎重に行う必要があります。

 

基本的に感染した人とは家の中で接触しないようにしてください。手洗い・うがいを徹底するように心がけることも大切ですね。

 

Sponsored Links