Sponsored Links

「異汗性湿疹はコバルトが原因?豆などの食べ物や市販薬は!?」

 

手のひらや足の裏などにいきなり水ぶくれが出来てしまい、強い痒みに襲われてしまったという経験はありませんか?

 

もしそのような症状が現れたのであれば、それは異汗性湿疹である可能性が高いです。

 

異汗性湿疹は水ぶくれが出来てしまう湿疹のことなので、汗疱(かんぽう)とも呼ばれております。

 

この異汗性湿疹は、夏場などの特に汗のかく量が増える季節に起こりやすくなると言われておりますので、ぜひ対処法や原因など詳しい知識を身につけて、予防できるようしていきましょう。

 

異汗性湿疹の主な原因や症状とは?コバルトとの関係性

我々人間が汗をかく理由を御存知でしょうか?汗というのは、体温調節のために分泌されていると言われております。

 

汗をかくことによって体の表面の温度を下げようとしているのです。

 

ただし、実は汗をかくのは体温調節のためだけではないのです。

 

例えば、極度の緊張感を感じたときに汗をかいた経験ありますよね?

 

また、驚いたときにも汗をかいたことありますよね?俗に言う『冷や汗』というものです。

 

これら二つの原因によって汗は分泌されると言われております。

 

では、そんな汗によって異汗性湿疹ができてしまうのはどのような時なのかというと、先ほども説明した通り、汗腺が詰まってしまった時なのです。

 

ですから、汗をかく分には特に問題ないのですが、その汗をきちんと処理して長い間皮膚に付着しないようにケアしていくことがじ重要なのです。

 

また、異汗性湿疹は金属アレルギーによっても引き起こると言われております。

 

特に『コバルト』という金属のアレルギーの方は金属によって異汗性湿疹を引き起こしてしまう可能性が非常に高いと言われております。

 

アレルギーでない方であれば問題ありませんが、納豆や玄米、アーモンドなどにはコバルトが含まれていると言われておりますので、これらを食べると異汗性湿疹を引き起こしてしまう可能性があります。

 

なので、注意するようにしましょう。

 

異汗性湿疹は豆などの食べ物で予防・改善できる!?

胃汗性湿疹が引き起こる方の中には、金属アレルギーである方が非常に多いと言われております。

 

先ほども言った通り、多くの豆類にはコバルトという金属が含まれておりますので、金属アレルギーの方が豆類を多く食べてしまうと異汗性湿疹を引き起こしてしまうのです。

Sponsored Links

 

ですから、できるだけ日々の食生活にこれらのコバルトが含まれている食品は取り入れないようにしていきましょう。

 

そして改善するには何よりも汗に対するケアをしっかりと行うということが重要です。

 

汗を放置していると汗腺が詰まってしまうことの原因となります。

 

ですから、異汗性湿疹に最も効果的なのは無駄な汗をかかないように徹底するということです。

 

汗の分泌量自体が減れば、それだけ汗が詰まる可能性も低くなっていきますし、汗によって汗腺がつまってしまう可能性も減らしていくことができます。

 

ですから、まずは無駄な汗を減らすということを意識するようにしましょう。

 

ただ、汗をかくというのは新陳代謝を高めて血行を良くするためには非常に重要なものです。

 

ですから、運動によって汗をかく機会はしっかりと設けるようにしていきましょう。

 

そこでしっかりと汗をかいて新陳代謝を高め、健康的な体を維持しつつ、運動後には素早くシャワーを浴びて体を清潔にするということを併せて行うようにすると非常に効果的です。

 

ぜひ健康を維持しつつ異汗性湿疹の対策を行ってみてください。

 

異汗性湿疹に効果的な市販薬は?副作用は大丈夫?

異汗性湿疹は、水虫と間違えられることが非常に多いです。

 

しかし、水虫とは全く別物なので、自己判断で薬を選んでしまわないようにしてください。

 

ですから、いきなり市販薬を購入するのはお勧めではありません。

 

もし市販薬を購入するのであれば、一度皮膚科へ行って自分が異汗性湿疹なのか、それとも水虫なのかを明確にしてもらってから購入するようにしていきましょう。

 

異汗性湿疹の場合、多くは尿素軟膏を塗ることによって治療していきます。

 

しかし、市販の薬では効果を得られないこともあります。

 

より強い薬を処方してもらうのであれば、やはり皮膚科に行ってより強い抗アレルギー薬などを処方してもらう必要が出てきます。

 

ですから、比較的症状が軽いのであれば市販薬でも特に問題はありませんが、もし症状が重いのであれば市販薬よりも皮膚科で処方される抗アレルギー薬の方が効果を期待できます。

 

ぜひ、ご自身の症状に合わせて使用する薬の方も選ぶようにしてください。

 

Sponsored Links